アラフォーゆえに両親のことを心配し過ぎてしまうのですが・・・。


親も年を取りますし、自分も大人になります。
そうするとお互いにお互いを必要とするようになり、ますます実家に根付いてしまいます。
それを打ち破るには“本気で変わりたい”という気持ちですが、それを待っていてもいいのです。

***
アラフォーで独身、以前は一人暮らしもしていましたが、今は実家におります。
私の状況はいろいろあるのですが、今回お聞きしたいのが、『両親のことを心配しすぎてしまう』ということです。
両親は年金生活で、経済的には問題なく過ごせます。
昔は、過干渉な母親、女(母、姉、私)に囲まれ立場の弱い父親に、全然そんなことは思わず、ご多分にもれず反抗もしました。
が、両親も高齢になり、車の運転も危ういですし、なにかの詐欺に引っかかったりしそうですし、心配です。
私が家にいれば、多少は協力できるし、私自身も安心なのです。
両親はお見合い結婚で、すごく仲良しではないですが、一緒に旅行に行ったりはします。
もちろん私も結婚したいと思っていますし、両親も私に早く結婚してほしいと思っています。
なぜ、こんな風に思うようになったのか?
思うところ…
過去の失恋で、「あー、永遠の愛なんてないんだなー」と心底から思ったこと。
「家族の愛と、友情は安心で、それで十分幸せだなー」と思ったこと。
昔は、刺激が楽しめたけれど、今は穏やかな日々が一番だと思えること。
昔は仕事もバリバリしてプライベートより仕事が優先だったけど、今は正直、働きたくないこと。
友人と話していても、皆、「親も歳とったし心配だよね~」なんて言いますが、心配になりすぎるのは、私の何かがまだ癒しきれていないような気がしています。
癒着?自立?手放し?
よくわからないです。

私は毎日、特に楽しみはありませんが、仕事もしてますし、笑顔で過ごせています。
(Yさん)
***

「それだけ大人になったんですよね~」て、いの一番にお伝えしたいですね。
(年を取った、と言えばそれまでですけど~(笑))

私はよく「パラサイトシングルの憂鬱」という話をさせて頂くんです。
「いい年して実感いるなんて・・・」という中傷を受けやすいパラサイトシングルですが、アラフォーになってくると親もたいてい年を取って来るし、特に女子ならばその母性も働いて親のことが心配になってきます。(男性も大人になった分、親をちゃんと守る意識が高まって実家から離れなくなります)
そうすると病院の送り迎えや日常の家事の手伝い(実際の家事はたいてい母が中心ですし、自分は仕事してますから)まで何かと自分が家にいた方が親の助けになるんですよね。
もちろん、勝手知ったる実家にいる安心感と気楽さもあります。
親も年を取って不安が増えるし、大人になった娘がいてくれるとすごく安心です。
それでお互いに受容と供給がぴったり一致する状態になるんです。
かつては口うるさかった親も、たいてい丸くなってますし、こっちも大人になってるので扱い方を分かってますし・・・。

となると・・・、ますます嫁に行き難くなりますね~!!(笑)

だから、この世代の方の婚活の相談となると「実家にすぐに帰れる距離。車で10分以内に住みたい」とか「相手の親の面倒を見るのは無理。自分の親で手いっぱい」みたいな感覚になることも少なくないですね。

さらには仕事についても今から新しい職場に!という気持ちにはなりにくいですから、そうすると保守・安定志向になって動きづらくなります。

その結果、親も自分も「結婚して欲しい/結婚したい」「早く家を出て行って/出ていきたい」という気持ちがある一方で、現実はその逆のことが起きている、と言えるのです。

さて、Yさんの場合は元々「過干渉な母親」だったそうですから、その習慣が身に染みてしまったのでしょう。
心配になり過ぎるのは癒されてない、と言えばそうですけど、元々過干渉の気質がYさんの中にあって、それが今、両親に向かって放たれてると思えばいいんじゃないでしょうか。
逆にもしYさんにお子さんがいれば、そっちに行ってるでしょうしね。

それに、今は仕事でもプライベートでもだいぶ余裕を持てるでしょう?
そうすると精神的にはだいぶ「暇」になりますよね。
その結果、ますます親のことが気になりやすくなるんじゃないでしょうか。

だから、Yさんにお聞きしたいことは「どうしたいか?」なんですよね。
「どうした方がいいのか?」って考え方をお聞きしたいんじゃないんです。
“本気の”「これからどうしたい?」をお聞きしたいんです。

っていうか、それが見つからないんじゃないのかな?って思うわけです。

>過去の失恋で、「あー、永遠の愛なんてないんだなー」と心底から思ったこと。

ここは今はどうでしょうか~。
この傷がまだ深いとなかなか次の恋、そして、結婚には踏み出しにくくなると思います。

また、今から恋をして、結婚して、というプロセスに億劫さ、面倒臭さを感じることはありませんか?
それなら勝手知ったる我が家の方が楽だしなあ~って。

もし、“本気で”結婚したい、とか、あれしたい、これしたい、という思いがないうちは頭でどんだけ考えても動けません。
むしろ、「ほんとはこうしたらいいんだけどなあ、できないんだよなあ」ってぐるぐる思考にハマって自分を責める悪循環に陥ります。

だから、今はそういうことは考えない方がいいんです。

でも、そんなのも嫌だ、ぬるま湯みたいでダメだ、もっと自分を変えたい!と思うのであれば、何らかの刺激を自分に与え続けることが効果的でしょう。

実は私事ですけど、数年前、夢を失ってた時代がありました。
「まあ、このまんまでええやろー」とどこかで思ってたんですね。
そういう時は「大問題がやってきて、おいおい、目を覚まさんかい!」ってことがよく起こるんですが、その時も家族に大問題が発生し、自分の人生について考え直さなければならなくなりました。

また、それがきっかけで、自分は何をしたいんだろう?って本気で考えるようになって、夢を探すことにしました。

その方法の一つはずっと溜まっていたココロの疲れを癒すこと(個人的にはアク抜きって呼んでます)。温泉行ったり、ヒーリング受けたりしました。
もう一つは夢を持ってる人たちと接すること。新しくビジネスを立ち上げたり、自分の夢に向かって突き進んでいる人たちと接することでものすごく刺激を頂きました。

Yさんにとってはどんな方法が考えられるでしょうか?
日常を離れて自然の中でボーっと1人、将来のことを考えられる時間を作るのもいいでしょう。
3時間とか4時間とかの長時間のオイルマッサージorエステを受けて心身ともどもとろとろに溶けてしまうのもいいでしょう。

セミナーに参加して色々な人に触れることもとてもいい刺激になります。
実際、私のセミナーにはYさんに似たような心境の方が「とりあえず興味あるセミナーには全部出ることにして」とか「月に1,2回は私のセミナーに出るようにして」とお願いしてる人もいます。

もちろん、どれもちょっとした勇気が必要です。
だってどれもできなくはないけれど、でも、そのままでは越えられないハードルがあります。

「このままじゃ嫌だ。何か変えたい」という思いがそれを飛び越えさせてくれるでしょう。
あとはそうなるのを待っていればいいんです。

もし、今それなりに幸せならば、それをただ受け取ってわざわざ問題を創り出さなくてもOKです。
動き出す時期が来たら、勝手に背中を押されますから(^^)
だから、今は楽しい日常があるのですから、それに感謝しつつ、自分が動き出すのを待つのもアリなのです。

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事