大人な会話(その2)


仕事を終えて家に帰ってくると、テーブルの上に頬杖を付いた幼児、3歳9ヶ月。

けだるそうに、さも、仕方なく、といった感じで、しかも、お情けで配役するプロデューサーのように。

「ねぇ、おもちちゃん。やっぱりおもちちゃんはココね。ミズチはうららだから。
 あ、でも、やっぱりミズチはのぞみ。おもちちゃんはココよ。まむぅはかれんね」


用語解説。

おもちちゃん=威厳ある我が家の父親の別名。

うらら=プリキュア5の登場キャラ。アイドルを目指している。変身するとキュア・レモネード。最近、娘の周りの幼稚園児たちの中で一番人気。
かれん=プリキュア5のキャラ。お嬢様で優等生な女の子。変身するとキュア・アクア。
ココ=プリキュア5の登場キャラ。イケメンで色白な男の子。のぞみに密かな思いを抱いている。
のぞみ=プリキュア5の主役キャラ。変身するとキュア・ドリーム。いつも元気な天真爛漫な女の子でココの気持ちに全然気付いていない

うちの奥様の解説。

「よく分かってるやん。ココはのぞみに片思いやもんな~」

私の感想。

まあ、片思いなのはどうでもいいのだけれど、アニメのキャラクターを普通に語れる自分がちょっと嫌・・・。

今日の情報。

・うちの娘のわがままにより、今日はプリキュアを3回見たそうです。

・クリスマスのプレゼントのリクエストはすべてプリキュア絡みです。
 すべて=ばあば(妻の母)、おーばあば(私の母)、サンタさん(王道)、ぱぷぅ(えっ?サンタさん=パパじゃないの?)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事