(本のご感想)信頼しているから相手を傷をつけられる、という部分に感激してしまいました。



「敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法」(フォレスト出版)

早くも感想を頂きました!

カウンセラーであり、講師でもある平山美代子さんから。
ありがとうございます(^^)

良かったら皆さんも感想送ってください(掲載可能なお名前・イニシャル・ハンドルネームなどを合わせて教えてくださいね)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fe6e46a7355616

こんにちは。平山美代子です。

ご本、読みました。今回も、とってもいいですね!!

カウンセラーさんにも良いですし、癒しが足りない方へも、とても良いなぁ~と思いました。

そして私には、女性を「信頼する」というのができていなかったのか~、と腑に落ちました。

144ページの、「あえて傷つける」に、「そっか、そこだったんだ!」と受け取れましたので。

これまで、私はクライアント様に、厳しいことを言いたくても、あまり言わずに来ました。

それゆえ、ビシッと言ってほしいと言われたことも、たまにあり。

それは、ご本人を信頼していなかったのかな~と。

そこから広がって、私はすべての女性を信頼してこなかったのかな?と思い、過去の記憶をたどりました。

小学生のときに、いつも「今度、家に遊びに行くから!」といって、全く来なかった同級生のMちゃん。

そして、出席番号がすぐ目の前で、みんなの憧れの的だった都会的なSちゃん。

このふたりは、目立つグルーブにいて、この人たち、結構調子いい人たちだよなあ~という目線で眺めていたのでした。

Sちゃんは頭も良く、スポーツも勉強も何でもできる人で、男勝りの女性。

行動が素早くて、やはり、ずるがしこいところがあって、マイペースな私には、とても追いつけない方でした。

でも、いつかこんな女性になりたいなぁ~と思っていたものです。

Mちゃんとはグループの中にいる人たちの中では、比較的、仲がよかったので

そのグループがとてもうらやましくいた私は、Mちゃんとのつながりがとても嬉しく

でも、Mちゃんはいつも口ばかりで、自分はそのグループにいるような人たちから「裏切られた」という気持ちがありました。

私は、兄弟が多いわりに、母から、みんな平等という育てられ方をしてきたので、ずるがしこい人が嫌だったのです。

そして競争も苦手。

お金に汚い人もイヤ。損得ばかりを考える人もイヤでした。

でも、この間の件で、ああ、きっと私には、その部分があったんだな~と、この本を読んで感じました。

私もきっと損得を考えて行動をしていたのでしょうね。

そんな目で見られていたのでしょうね。たぶん。

自覚はなかったですが、そういうわけですね。

ああ、私って嫌な女だわ。(笑)

この本を読んでものすごく納得したことが多かったです。

腑に落ちすぎました。

まるで、カウンセリングを受けているよう。

本なのに、カウンセリングを受けている気分にさせるなんて、やっぱり文才がありますね♪

根本さんには、もう、頭があがりません。なんどお礼を言ったことでしょう。(笑)

私的には、146~147ページの、女性社長さんへのセリフをマネしたいです。

自分の感情を揺さぶらせるためにも、パソコンで打ち込みしたいと思いました。

そのくらい、信頼しているから相手を傷をつけられる、という部分に感激してしまいました。

男性相手にはできるのですが、そういえば、女性にはして来なかったな~と。

相手の女性に信頼を築く。

今年はこれをテーマにやっていきたいと思います。

根本さん、今回も、本当にありがとうございました!


あなたにオススメ