今週の有料メルマガ「テキスト&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」は『野良猫男子を追いかけているうちに自分が野良猫女子になってしまいました(汗)』


今回のテーマは『野良猫男子を追いかけているうちに自分が野良猫女子になってしまいました(汗)』

特別に今回はネタ見せです。

=======================
いつも勉強させて頂いています。有難うございます。
わたしは野良猫男子を追いかけているうちに自分が野良猫女子になってしまいました。
自分の気持ちや恋愛感情がわからず辛いです。

まとめるとこうです。

野良猫男子と肉体関係のある友達になる→
大したことではない事を理由に数ヶ月無視される→
私は無視されてから恋を自覚→
飲み会を機に無視は治るが、まるで何事も無い接し方をされる→
まだまだ恋ingな私はセックスの話を含め腹を割ってぶつかる&告白→

YESもNOも言われないのでハッキリしてくれないのは失礼なんだよ。と言ったら、笑いながら「ない!」と。

エッチをした後も仲は良かったのに、突如無視され、その数ヶ月間もずっと大好きだったのに、誠意のない返事をされ恋心を無下にされたように感じ、いい加減そろそろ傷ついた私は野良猫に。

両思いでないとしない!と今までは豪語してたのに、野良猫男子に疲れた私は、色んな人と短期間で寝、3Pも経験。
自分の女性性を否定された気がして「私って女だよね?」と確認したくてすぐ寝るように。

でもそれは偽物。
そうしてから4ヶ月が経ち、疲れてきたのと、空虚感に襲われるようになりました。
自業自得なんですけど(笑)

そんな時に野良猫男子から友達としてのメールが何度か。しかも不要不急のどうでもいいような内容。
私は「なんなの?もうアナタとは近付きたくないのに。寂しいからって都合が良いのはお断り!」と用件だけしか返せなくなりました。

2人いるセフレもそろそろ意味がわからなくなってるし、自分は誰が好きなのかも分からないし、でも誰かに抱かれていたいし、どうしたら良いのでしょうか?
(Yさん)
=======================

心の隙間、空虚感を「何か」で埋めようとしても、結局は埋まらないんです。
その隙間って傷つくことで生まれた怖れの領域。そこから空虚感がにじみ出てきます。
それを何かで埋めようとしても、傷つくことが怖いだけに埋まることってないんです。
切ないお話ですね。

そうすると防衛的に「傷つかない恋愛」をするようになります。

じゃあ、どうしたらいいのか?

自分と向き合いましょう、という提案をします。
素直な気持ちを認めてみる、そして、大事なのは自分の中にある愛と繋がること。
そうすると、その虚しさも消えて行くでしょう。

そんなメルマガの登録はこちらから>http://www.mag2.com/m/0001677732.html

さて、今後のラインナップです。

4/24『怒るお父さんに委縮していた私は緊張しぃになってしまいました。~許しと解放のプロセス~』
5/1『遅刻癖って悪いもの?直さなきゃいけないもの?そもそも欠点て直すもの?』
5/8『性的いたずらが原因?女であることが受け入れらず、男が憎いし気持ち悪い。』
5/15『心の中にぽっかり開いた穴は、自分の気持ちに素直になることで埋められていく。』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事