(ご感想)私が彼を愛することは、私自身を愛することでした。



Yさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!
投影についてはこちらの記事もご覧ください。
「夫婦はお互いに過去のあらゆる人間関係を投影し合って代理戦争を起こすもの~投影はどう外したらいいのか?~」

根本さん、こんにちは。
先日、「失恋の痛みは「彼を失った痛み」と「恋が終わった痛み」の2種類があるので、彼のことが大丈夫になってもなかなか次の恋が始められないこともある。」の記事でご相談にのっていただいたYです。

あの後、私なりに恋のクロージングをしてみました。
そこで気づいたことが一つ。
彼も私も、互いに“投影”をしていたことがわかりました。

彼はバツイチで、数年前に元嫁さんと離婚しています。
2年交際した元嫁さんに急に別居を告げられたことで、結婚を迫ってきたのは自分の金銭目的だったんだと、
当時の傷の生々しさを、彼は私に話していました。

実際は話を聞く限りですが、多忙ロックマンだった彼が家庭を顧みなかったことで元嫁さんが根を上げただけのようです。(彼に言ったら大反論喰らいそうです。)

彼とは半年間の交際期間でしたが、
彼が度々私に怒る姿を見て、「この人は誰に怒っているんだろう」とふと思ったことがあります。
私の表情が、元嫁さんによく似てると言われたこともありました。
彼は、元嫁さんを私に投影していたんです。

そして私は、彼に“私自身”を投影していました。
人に好かれたい気持ちがあって、多く期待するからこそ、裏切られた時の反動が大きいこと。
人間くさいところが長所なのに、それを他人に隠そうとして拒絶してしまうところ。
不器用で、純粋で、側から見ると子どもが癇癪起こしたように時たま自暴自棄になる彼は、
まさに私自身を見ているようでした。

私と彼が腐れ縁になってしまったのは、
お互いが誰かを投影していたからだったんです。
私が彼を愛することは、私自身を愛することでした。

彼は憎んでいる元嫁さんを私に投影しているので、私よりも苦しいかもしれませんが(汗)

なんだか色々と腑に落ちたので、ご報告させていただきたいと思いました。
沢山の気づきをありがとうございます。
(Yさん)

あわせて読みたい