(ご感想)自分の中の「怒り」を怖れている。それだ…!って感じです。



Yさんからご感想をいただきました!ありがとうございます!!

こんにちは。
以前こちら「正論を振りかざしてくる人が怖い、という裏にある心理とそんな自分の可能性を見る。」 の内容でネタ提供させて頂いた者です。
ネタの採用ならびにアドバイス、本当にありがとうございました。
確かに私は特に幼少期に仲が悪い両親の仲を取り持とうと色々してたなぁと思い出しましたし、父のことも嫌いなところはたくさんあるけれど全部が嫌いなわけではなくて、母も含め(母にも嫌いなところはある)、助けたかったんだろうなぁと納得しました。
問題のある人を引きつけたり無意識の内に自分から見つけていたりするということも腑に落ちました。そしてその度に「何もしてあげられなかった」「また傷つけてしまった」と罪悪感を覚えているんです。
自分の中の「怒り」を怖れている。それだ…!って感じです。だって正直私だって、幼小中から現在まで私を良いように扱ってくる人たち、支配してくる人たち、私が何も言えなかった人たち等々にもっと色々言ってやりたかったし、ぶっちゃけ相手がより傷付くぐらいの証拠や正論や酷い言葉もきっと言えたと思うし、酷い時は殺してやりたいなぁさっさと死ねばいいのになぁと思ったことも何度もあるので。
でも元親友に本当に最低なことを言ってしまったり過去に一定の人たちを弄りすぎたりしてすごく後悔していて、そんな自分が嫌で相手を傷付けたくなくて、何かあったら冷静になるようにしていました。
もちろん、相手の正論での捲し立てなどが怖すぎて頭が真っ白になったりして何も言えなかったり、そういう人間は人の話を全く聴く気が無いのだから何を言っても無意味だという諦めから何も言わないということもあったりしましたが…。
小さい頃からの莫大な怒りや恨みを抱えていて、それらを自分の中で抑え込んで自分に向けてしまったからこそ自分の心を殺してしまったんだなぁ…、となんだかスーッとなりました。
そろそろ他人のためじゃなく自分のために生きようと去年決意し、最近も似たような人と出会いまたもややのめり込みそうになりましたが、きっかけがあり「マシではあるけどこの人も過去の人たちのハイブリッド型で同じ感じかも」と早い段階で気付き冷静になることができました。進歩…!!

まだまだ怒りを溜める癖はありますが、自分の好き嫌いややりたいことを大切にして、発散していこうと思います。
本当にありがとうございました!
(Yさん)
あわせて読みたい