(ご報告)このままでいいんだ…と希望が与えられたようでホっとしました



そう、すぐに武器に手を伸ばすから・・・(笑)
自分で自分を抱きしめてあげることってすごく大切ですよね。すなわち、自己充足ですね。

先生、初めまして。
結婚2年目にして疲弊の果てにひきこもり、十有余年を経て自力で社会復帰しようと苦闘している者です。例に漏れず、両親とは絶縁状態、主人と親密になることを怖れ、浮気や不倫に走り、自己肯定感は絶対0度の、文鳥のように愛らしい情熱系武闘派女子です。
この数年間、わたしは何とか自分軸であろうともがき、「今」にフォーカスしようともがき、自分を許そうともがき、主人を含め様々な人との人間関係を怖れないでいようともがいて来ました。
先生のブログに出会ったのは今年(注:2019年)に入ってからなのですが、独り、もがきながら取り組んで来たことは無駄なあがきではなかったことを知り、ビックリしました。と同時に、このままでいいんだ…と希望が与えられたようでホっとしました。
今日『敏感すぎるあなたが 7日間で自己肯定感をあげる方法』が来ました。「敏感すぎる?ちょっと違ったなぁ。わたしは数年前よりずっと図太くなってるし」と思いながらページをめくっていたのですが、プロローグを読み、目次を読んでいるうちに泣けて来て、本編に入る前においおい泣いてしまいました。
一気読みしようと思っていたのですが(笑)、思い切り泣いて「疲れてたんだねぇ、苦しかったんだねぇ、頑張ってたんだねぇ」と自分をいたわり、今日はそれでOKってことにしようと思います。
先生、わたし、外から優しさを補充しないとやってけないんでは?なんて思って怯えていました。
でも、自分で自分を抱きしめると、失われることのない、裏切られることのない、失望することのない優しさに満たされて、すっかり安心出来るんですね。
油断するとすぐ戦場へ乗り込もうとする武闘派気質ですが、「されど文鳥、武具武器はなし」と言い聞かせて陽の当たるところでのんびり歌っていようと思います。
ありがとうございました。
(Yさん)
あわせて読みたい