長いこと付き合っていた彼がいて、なかなか今の彼のことが愛せない。



ラブ・カウンセリング

以前にも似たようなテーマを扱ったことがあろうかと思いますが、ここ最近、似たような事例を立て続けに耳にしたので、改めて向き合ってみたいと思います。

「かつて7年付き合った彼がいて、最後の1,2年はなんか空気みたいになっていて、その時知り合った今の彼に惹かれて付き合うことになった。
元彼とは少々修羅場にもなったが、向こうもそれなりに飽きていたようで最後はあっさり引いてくれた。
今の彼は前の彼と違ってとても優しく、穏やかな人。平和なお付き合いをしているのだけど、時々元彼のことが頭を過る。
元に戻りたいわけではないのだけど、何か心が引っ張られるようんな感じ・・・。」

7年も付き合っていたとしたら、ある意味「体の一部」になっています。
その彼と別れるということは、その一部を切除するような痛みを感じるもの。
だから、別れた後も、ふとした瞬間に記憶がよみがえってきます。


しかし、問題はそれが原因で今の彼との間にトラブルが起こること。
ケンカはもちろんなんですが、「今の彼に対して罪悪感を感じてしまう」場合も少なくなく、その重みのために今の彼との別れを考えるようになることもあります。

上の例なんて典型的で、彼が穏やかで優しい人故に、そんないい人を傷つけるなんてできない、と思ったみたり、こんないい人は私には相応しくないのでは?と感じてしまったりするのです。
しかも、優しい彼は元彼との悩みについても理解を示してくれることもあります。
それで余計に罪悪感を募らせることも。

だから、こういう思いをお持ちの方は、早く何とかしたいと思われてカウンセリングに足を運んでくださるのかもしれないですね。

まず、罪悪感を持ってしまうことは自分の優しさや誠実さのなせる業と思って下さい、とお伝えします。
いい人だから、罪悪感を持ってしまうんです。

そして、長いこと付き合ってきた彼なんだから、ある程度引きずるし、思い出の中には絶対残るし、だから、時々思い出してしまうものと思って下さい、とお伝えします。

要は「何も変なことじゃありませんし、悪いことではありません。自然現象ですよ」という感じで捉えていただけるとありがたいのです。

その分だけ自分を責めることをやめられます。

そして、元彼を改めて手放していきます。
もちろん、執着が強いとかそういう目で見ているわけではありません。
思い出す、そして、それが苦しい、ということは何かしらまだ「未消化」な問題がある、ということ。
それが何なのか?を見つめて行くんです。
もちろん、その効果は今の彼との関係に還元されます。
今の彼との関係をもっとよくするために、彼のことをもっと愛してあげるために、元彼を手放していくのです。

「最後の1,2年はマンネリしてしまって全然楽しくなかった。また、彼の冷たい態度にひどく傷ついたこともある。」
その気持ちをまずは表現していきましょう。
そのまま声に出したり、書き出したり。
お手紙してみるのも良くお勧めします。いつもの「出さない手紙」ですね。

書いてみると意外と多いのが「なんだ、もうすっかり吹っ切れてます、私」ということに気付けること。

「習慣」や「思い込み」が問題を作ることがあるのですが、体がまだ慣れていないだけで心はすっかり次に向かっていたようです。

もちろん、まだまだ引きずってるなあ、ということもあります。
そのときは改めて手放すセッションをしていきます。

そして、もう一つ大切なアプローチ。
それは今の彼にもっと意識を向ける、ということ。
今の彼と向き合うのがなぜか怖くて、抵抗があって、それで元彼をひっぱり出してきてる、なんてこともあるのです。
だから、今の彼とどうしたら幸せになれるのか?というヴィジョンも描いていきます。
具体的な目標設定をしてみたり、今の彼との幸せな瞬間を描いて愛を育てることもあります。

いろいろと手はあるものですね(^^)
だから、元彼のことを思い出してしまったとしても焦ったり、自分を責めたりしないでください。

それも必要なこと、悪いことじゃない、と言い聞かせながら、自分の素直な気持ちと向き合っていきましょう。

そうすればきっと今の彼との恋愛にさらにコミットメントできるようになるでしょう。

参考になりましたら幸いです。
読んで下さってありがとうございます。

あわせて読みたい