ヘラクレスっぽい彼に癒着したり、依存したりするよりも、もっと怖いこと。



過去の癒着時代の名残で出会った男性とも癒着してしまうんじゃないか?という怖れが出てくるものですが、実はその怖れを使ってブレーキをかけてる感情があるんです。
妄想したり、ジタバタしたりするのは全然OKなんですが、やはり自分の気持ちに正直に、素直になった方が恋も人生も楽しいですよね?

恋愛での相手との距離感に悩み、依存と支えの違いは何だろう?と調べたところから根本先生のページにたどり着きました。

私は、自立系武闘派野良猫ロック女子です。
幼少~思春期の母子癒着に悩み、10年ほど自分なりに自己肯定感の向上に努めてきました(笑)
それこそライフワークにも取り組んでましたが、癒着の傷跡から中々上手くいかないもの、才能をライフワークに活かせるように少しなったのか最近心が軽くなり、上手く取り組めるようになりました。

そんななか、なぜか離婚歴のある男性が複数同時に登場しました(笑)
あるあるかもですが、ダメンズ歴史があるので、衝撃&ショック&警戒モードを発動させ、ぶった斬り戦法で退治しようとしたのですが、うち1人とはロックウーマンの想定外の建設的な話し合いや、お姫様みたいに扱ってくれ、自分の苦手なことは結構向こうの得意分野で、興味ないものには一切行かない・連絡しない私がホイホイ遊びに行っている状況です。(害虫なのかヘラクレスなのか?)

そして告白されてから数週間、仕事でもライフワークでも彼からの助言で女性性が開花し、色々上手くいくようになりました。
なんですが、今お待ち頂いてる状況で結構彼のことを考えてるので、脳みそがパンクし、離れたい!昔の自立時代に戻りたい!となりました。

ブログを読んでいてビンゴだったのは、依存心への恐れです。癒着時代が怖い。ひょっとして癒着してるんじゃないのか?
向こうは超依存の奥さんに辟易して離婚をしたけど、それって彼にも超依存があるんだよね?
わがままでいい、好きにしていいって言ってくれるけど、本当に心を許していいの? 依存関係になったらどうしよう? と不安です(笑)

よければネタとして取り上げて頂ければ幸いです!
(Kさん)

先日も「こいつがヘラクレスなのかゴキブリなのか区別が付かん」という武闘派中の武闘派女子がブツブツ言っていたので「どちらも黒光りしてますもんね!やっぱり黒光りしてるのが好きなの?」と共感してみたら、「そういうことじゃねえ!」とブチ切れられた根本です。こんにちは。

自立系武闘派女子の特徴の一つに「少なくても恋に関することにおいては異常に頭の回転が早く、異常に考えすぎる」という項目がございます。

調査能力が異常に高い方も多く、彼のtwitterの裏垢を見つけ出したり、Facebookに載ってる写真から薬指の指輪が消えた時期を特定したり、彼女らしき人物がインスタにあげてる写真から二人の関係性を類推したりするくらいですから、私の膨大な記事から関係資料を引っ張り出すなんてことは朝飯前なんですよね。

しかも、「仕事に関しては自信満々なのに、なんで恋愛ともなるとこんなにチキンになっちまうんだよ」とお嘆きの方が多いように、基本、「怖れ」「不安」「罪悪感」を原動力にしているため、私のブログ記事の中から「ネガティブに受け取れる情報」のみを大変好まれる傾向にあります。

ドキッとしたでしょ?

あるいは、「あ、あたしと同じことしてる人、いっぱいいるんだ」と思って安心しました?(笑)

そもそも「害虫なのかヘラクレスなのか?」という疑問を持つ時点で、自分の目に全く自信がないんですよね。

ふつう、ヘラクレスオオカブトとゴキブリくらい誰でも見分けがつきそうなんですけどねえ・・・(笑)

あ、そういえば、うちのバリバリ武闘派女子スタッフが「あたし、ほんと男を見る目がないわ」とかなり凹んでまして、「いいなあ、と推しメンだった人がめっちゃチャラくて・・・。ほんま今生はもう男は無理ですわ」と壁をボコボコ殴って穴を開けてました。

Kさんの場合も過去のダメンズ愛好家時代が尾を引いてるわけで、その思考回路には、

私のことを好きだという男=ダメンズ。

私が好きになる男=ダメンズ。

私が追いかけたくなる男=ダメンズ。

私に興味を示す男=ダメンズ。

と鉄壁のシステムが完成されているわけです。

そうすると私のブログをくまなく検索し、どうしたらいいのかを探すんですけれど、ご存知の通り、「ああ言えばこう言う」「テキトー」「まあ、そんなもんじゃね?と受け流す」ことで有名な私の記事を読むと「で、どうすりゃいいのよ!」とますます考え込むわけです。

Kさんの場合は「依存や癒着への怖れ」がふつふつと湧き上がってくるんですよね?

そうすると「また癒着しちゃうんじゃないか?ていうか、もう癒着してる?」と疑心暗鬼にもなります。

ましてや、

>向こうは超依存の奥さんに辟易して離婚をしたけど、それって彼にも超依存があるんだよね?

うん、そんな記事書いたことある!(笑)

そうそう、そんな余計な情報を目にすると、「うわー、今はお姫様みたいに扱ってくれるけど、そのうち超依存出してくるんでしょ?うわー、それやだー、今までと同じじゃない!」と恐怖してしまうか、あるいは逆に「うわー、そんな彼だったら、あたしの仲の依存を引っ張り出されて、元奥さんみたいに私が超依存になっちゃうんじゃね?それやだー」なんて考えたりするんです。

怖れや不安や罪悪感って感情は、皆さんが大好きな「妄想」を掻き立ててくれるには格好の燃料になります。めっちゃよく燃える薪と同じなんですな。

で、まず、押さえておきたいポイントは、「怖れって格好のイメージワークなんだよね~」ということです。

怖れがあると「○○になるんじゃないか?○○になったらどうしよう?」ってめちゃくちゃ考えるでしょう?

それって「○○になりますように!」ってめっちゃ祈ってるのと同じ効果があるんすよ。

ドキッとしましたね?

そう、引き寄せの法則が働いちゃうんですよ。

「彼ってきっと本当は超依存のダメンズなんだ!だんだんサービスが悪くなってワガママ言うようになって弄ばれて振り回されて、毎晩泣くことになるんだわー」などと考えると、まさにそんな未来をイメージワークしてるのと同じことなんんですよね。

もちろん、武闘派女子の皆さんはもれなく妄想大好きだと思うし、悲しい、辛い、寂しい、切ないドラマや映画が大好きだと思うんですけど。

そんな時は自分が勝手に描いた妄想に、感情が勝手に揺れ動き、ますます不安や怖れが強くなり、勝手に絶望して、勝手にぶっ潰しちゃうことがあるんですけど、まあ、落ち着きましょう(笑)

妄想族の方々には「それが妄想なのか現実なのかの区別をきちんとつけようぜ!」と勝手なアドバイスをするんですけど、まあ、落ち着きましょう。

ということで、揚げ足取りをしていきまーす!!

>才能をライフワークに活かせるように少しなったのか最近心が軽くなり、上手く取り組めるようになりました。

おぉ、これは素晴らしいじゃないですかー。前向きな変化じゃないですかー。
自己肯定感があがった効果が如実に表れてますねっ!!!

>そんななか、なぜか離婚歴のある男性が複数同時に登場しました(笑)

おー。モテ期到来じゃないですかー!!素晴らしいじゃないですかー!!
女性性も開花して、ますますいい女になったってことっすよね???

※ちなみに個人セッションでもそんな話をすることが多いんですけど、たいてい皆さんは「これがモテ期?え?やだ」と欲張りますね(笑)

>うち1人とはロックウーマンの想定外の建設的な話し合いや、お姫様みたいに扱ってくれ、自分の苦手なことは結構向こうの得意分野で、興味ないものには一切行かない・連絡しない私がホイホイ遊びに行っている状況です。

おー、なんかすごいじゃないですかー。めちゃくちゃラッキーじゃないっすかー。

お姫様みたいに扱ってくれる・・・受け取れてる?
自分の苦手が向こうの得意・・・めちゃくちゃいい!相性いいよね!!

>そして告白されてから数週間、仕事でもライフワークでも彼からの助言で女性性が開花し、色々上手くいくようになりました。

おおおおー。いいねえ、いいねえ。彼はアゲチンなんすかね?(あ、まだヤってなかった?そんなことないでしょ?)

この素晴らしい変化をちゃんと受け取れてますか?

彼の存在が大きいのはもちろんだけど、母子癒着から脱するために自己肯定感を10年かけてあげ、ライフワークに取り組み、女性性がより開花したお陰でこれだけ素晴らしいものがやってきたんですよねー。

自分を褒めてあげてる?
えらいなあ、って感動してる?
すげえなあ、って喜んでる?

まずは、そのポジティブな変化を受け取りましょう。認めましょう。

つい長年の癖で「でも・・・」と否定的な方を見ちゃいそうになるところを「おー、ちゃうちゃう!」と意識を切り替えて、ポジティブな方を見てあげるんです。

そして、「ありがたいなあ、すごいなあ、うれしいなあ」ってただ感じるんです。(それが受け取るってことね)

で、まあ、あるあるなんですけどね、

>なんですが、今お待ち頂いてる状況で結構彼のことを考えてるので、脳みそがパンクし、離れたい!昔の自立時代に戻りたい!となりました。

って思っちゃうんですよ。

そりゃあ、怖いですもんねー。

で、癒着とか依存心って話がお好きみたいなんでその話をすると、「脳みそがパンクしそうになるくらい常に彼のことを考えている」という状態は、根本先生に言わせると「あれ?もしかして彼に憑依されてない?」ってことになります。

それはある意味「癒着の入口」であり、Kさんの中に「依存心が生まれてる証拠」とも言えます。

ええーっ!?やっぱりそうなのー!?どうしようー!!!!うわーー!やばいー!!!!と騒ぎ出してると思いますが、まあ、落ち着きましょう(笑)(本日3回目)

Kさんにとっては癒着するよりも、依存が爆発しちゃうことよりも、もっと怖いことがあることに気付いていますか?

それは「彼を好きになること」。

ダメンズだー、癒着だー、依存だー、バツイチだー、とかいろいろ騒いでいるのは、癒着することへの怖れよりもさらに強い「彼のことを好きになっちゃう怖れ」なのかもしれません。

「彼はヘラクレスじゃないですよね?害虫ですよね?ダメンズですよね?彼は私の体と財産だけが目当てなんですよね?近付かない方がいいですよね?惚れない方がいいですよね?」ってバタバタ暴れたくなると思いますが、そういう時に根本先生のセッションを受けると、

「ああ、もうだいぶ手遅れですね。相当彼のこと、好きになっちゃってますね」

とニヤニヤしながら言われることになるでしょう。

さらに、「彼のこと、何て呼んでるの?」って聞かれた挙句、

「私、○○さんのことが大好きですって3回言うてみ!」

という楽しいワークを提案されて悶絶することになると思います。

私としては「もう好きになっちゃったし、惚れちゃったんだから、あとは武闘派らしく堂々と突っ込んで来い!ダメになったらまた笑ってやるから!!」と戦地に送り出す気、満々でございます。

そこは素直になった方がいいですよねえ?

まずは好きって認めることから。
あとは自分がしたいように、ヤリたいように振る舞えばOKってことですわ。

★そんな武闘派女子のための集い。大阪編。

大阪:9/7(土)11:00-18:00
「自立系武闘派女子のための1DAYセミナー~親密感への怖れを手放す~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/29813

★自立系武闘派女子なカウンセラーが揃う根本のお弟子さんたちによるカウンセリング。

http://cocoronooffice.jp/#counselor

★動画付きでより深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい