ストレスからパートナーに八つ当たりしてしまう野良猫なあなたへの処方箋


パートナーにだけ感情をぶつけてしまうとするならば、それは今起きているということよりも、過去に体験したできごとが原因になっていることが多いようです。
そんな過去を振り返りつつ、今を楽しむ生き方をお勧めしています。

Kです、こんにちは。
今日はロックウーメンや野良猫女子の生態について、リクエストさせてください。

3年近く根本さんの記事を読み続け、やっと気がついたことがあります。それは、自分が「野良猫」だということです。それまでは「根本さんのファンなんだから、わたしは自立系武闘派女子なんだよね…そんなに当てはまらないけど」と疑問を抱きつつも、納得していました。

そしてメルマガの熟読が功を奏し、1年半前にすてきな男性と出会いました。
彼とは今、パートナーとして生活を共にしています。
その彼に根本さんを読ませたところ、「僕は自立系武闘派女子に共感する」「ロックって君のことだよね。ていうか野良猫?」と返されました。彼の言葉を聞いて、自分が野良猫やロックマンの立場であること、そしてそれを気づかないようにしていたことを自覚しました。

そう、わたしは「いい人」で、「依存を嫌い自立系を装っている」「気まぐれで奔放な」野良猫なのでした。
だからか、友人や恋人になる人は「自立系武闘派女子/男子」が多いです。普段は固く閉ざしている心のシャッターも、彼ら彼女らには正面突破されてしまいます…(怖たん)

そんなわたしが根本さんの記事に惹かれたのは、相談者や読者の方よりも、根本さんに共感したからなのだと思います。根本さんも、ロックマンで、野良猫なんですよね。だから今日は、ロックマン/野良猫の先輩として、ご意見お聞かせください。

わたしは今も、(1)自立しなくてはという想いから「周囲にいい人」を演じ、(2)そのストレスから身内(パートナー)に八つ当たりし、(3)そんな自分が恥ずかしくなって他の男性(都合のいい人)を求めてしまいます。

(1)と(3)は数年前に比べ改善されてきましたが、いま(2)が問題化してきています。
そんなわたしが、生活の中で心がけることと言えばなんでしょうか。根本さんは、自分を保つために何を心がけているのでしょうか。
ご参考までにお聞かせください。

もう少し情報を。
わたしは末っ子で、そこそこ過保護の環境下で育ちました。父のことは好きですが、母娘問題は未だ継続中です。母性が強く、父性を外部にすごく求めている気がします。
宜しくお願いします。
(Kさん)

皆の衆、目を見開いて次の一文を音読するが良いぞ!!!!

>そしてメルマガの熟読が功を奏し、1年半前にすてきな男性と出会いました。
>彼とは今、パートナーとして生活を共にしています。

おめでとうございます~♪
すばらしいです~♪

メルマガの熟読でそこまで行けるって素敵!素晴らしい!!セミナーとか受けずに!?一銭も根本先生に寄付せずに!?すごーい!!!おめでとう!!!(嫌味ったらしい目をしながら笑)

ま、それは冗談としまして~、ほんと良かったです~。

>根本さんも、ロックマンで、野良猫なんですよね。だから今日は、ロックマン/野良猫の先輩として、ご意見お聞かせください。

え??・・あら・・・予想だにしなかったブーメラン???(笑)

まあ、私も立派なロックマン&野良猫でございますので(開き直ってみた)、何なりとお聞きくださいませ・・・。

>そう、わたしは「いい人」で、「依存を嫌い自立系を装っている」「気まぐれで奔放な」野良猫なのでした。

ということは私も「いい人」ってことで宜しいでしょうか??(笑)
ええ、いい人なんです、ほんと。信じてね、皆の衆。

そもそも「自立系」というのは「依存を嫌って」ということが多いのですね。
で、その「嫌い度」が強ければ強いほど、「距離が近づくと逃げる=野良猫」「距離が近づくとシャッターを下ろす=ロックマン」という行動に出るわけです。

距離が近づくと感情が動き、それまで封印してきた依存心が蠢くから、それが嫌でそうした行動に出るわけです。

>だからか、友人や恋人になる人は「自立系武闘派女子/男子」が多いです。普段は固く閉ざしている心のシャッターも、彼ら彼女らには正面突破されてしまいます…(怖たん)

そうよねー、うん。そうですよねー、うん。
まあ、類友ということですかね。ほんと。怖いですよねえ・・・(笑)

今日は引用が多くなってしまいますが(それだけ使える単語が満載されてるの)。

>(1)自立しなくてはという想いから「周囲にいい人」を演じ、
>(2)そのストレスから身内(パートナー)に八つ当たりし、
>(3)そんな自分が恥ずかしくなって他の男性(都合のいい人)を求めてしまいます。

これ、ほんと野良猫あるあるだと思います。

今、絶賛野良猫男子を追いかけ中の野良猫女子の皆さん!そして、只今絶賛ロックマンに体当たり中のロックウーマンの皆さん!彼らの(そして、おまえらの)行動心理ってまさにコレですからね。

Kさん。美しい解説&説明をありがとう。

もうちょっと蛇足(解説とも言う)を加えましょう。

(1)依存を嫌って自立するためには周りの人に迷惑をかけたり、面倒をかけたりしなきゃいけないので、必然的に「いい人の仮面」をかぶることになります。
もちろん、潜在的には「嫌われたくない」「見捨てられたくない」等の依存心も隠れているのですが、表面的にはそうした「自立系」の理由から「いい人」になります。
なので、自立系というのは「頼るのが苦手」「甘えられない」「お願い下手」という3点セットがもれなく付いてくることになりますね。

(2)ところがパートナーというのは「苦しゅうない、近付くが良い」と許可を出した相手です。そうすると「外でいい人の仮面をつけて頑張ってる」分だけ、「内弁慶」になりやすくなります。

(3)そして、ここがポイントなのですが、そうした内弁慶スタイルに罪悪感を覚え、恥ずかしくなり、パートナーとの間にも壁を作りたくなります(距離を取りたくなります)。
それで、都合のいい男性に心を移そうとする(この時点ではまさに「浮気」そのもの)わけです。

で、Kさんは某偉大なるカウンセラー氏の“無料の”メルマガ効果により(1)と(3)は克服されたわけですね。素晴らしい!!

とはいえ、(1)~(3)は連動していますので、(2)だけが残るということはあまりピンと来ない人もいらっしゃるかもしません。

でも、外でいい人を辞めて本来の悪代官ぶりを発揮し、パートナーにある程度コミットして他の男を漁ったりしなくなったときに、なぜ(2)だけが残るのか?というと、それは「古傷が疼く」という風に考えます。

今のパートナーと同じ距離にあった人間関係を思い出してみてください。
たいていは両親、もしくは、きょうだい、あるいは、過去の恋愛・結婚がそれに当たります。

そこで「我慢した(抑圧した)」「出せなかった」「痛かった」「辛かった」などのトラウマが出てくるわけです。

なので、ひとつはここにポイントを見ることになります。

>わたしは末っ子で、そこそこ過保護の環境下で育ちました。父のことは好きですが、母娘問題は未だ継続中です。母性が強く、父性を外部にすごく求めている気がします。

お母さんとの間に何があったのかなあ?
お父さんとはどんな関係だったのかなあ?

というところにカウンセラーとしては興味を惹かれるのです。

特に「パートナーには親を投影しやすい」ものですから、

1.彼に求めているものと父、母、どちらかもしくは両方に求めているものは一致していないか?

2.今の彼との関係性と父、母、どちらかもしくは両方との関係性と似ているところはないか?

3.今の彼と父、母、それぞれの似ている点と正反対な点はどんなところなのか?

などを考えてみるとヒントになると思います。

また、そこそこ過保護の環境下で育った、という一文だけを見ると、愛され上手な末っ子、可愛がられた女の子、のイメージが出てきます。

そこから邪推するならば、「大人の女になる」とか「リーダーシップをとる」あたりが一般的に問題となりそうです。
それがパートナーシップでは、「いつも彼を親代わりに使ってしまい、対等な関係が築けない」という問題が生まれることがあります。

この辺は私の推測ですので、当てはまらなくても気にしないでください。
一般的なあるあるですので~。

で、再び引用させていただくのですが、

>そんなわたしが、生活の中で心がけることと言えばなんでしょうか。根本さんは、自分を保つために何を心がけているのでしょうか。

というブーメラン式質問にお答えするのであれば、次のようなプロセスをお勧めします。

1.パートナーに八つ当たりしてしまう「感情」について見つめていく。すなわち、どんな感情をぶつけてしまっているのか?を振り返り、それは両親や過去の男どもに対してぶつけたかった感情ではないか?と推測してみる。
これは「両親や過去のパートナーを今のパートナーに投影してるんじゃない?」という見方をベースにしてます。

2.ここまでお話して来た両親との関係とパートナーとの関係について振り返ってみる。

3.パートナーとの将来についてヴィジョンを描く。つまり、今の彼とどんな幸せなパートナーシップを築きたいのか?を積極的に描いてみることであり、その実現に向けて楽しみながら試行錯誤する、ということです。
これがリーダーシップの育成に役立ちます。

4.好きなこと、楽しいこと、やりたいことを貪欲にやっていく。
「自分軸で自己肯定感をあげながらライフワークを生きる」というのが私が皆さんにお伝えしていることであり、私が実践し続けようとしていることなので、これもお勧めです。

私自身は奥さんとの関係や心理学を学ぶ上で1~3について長らく取り組んできましたし、今も取り組み中のつもりです。
そして、何よりも「4」に今はエネルギーを注いでいるところです。

ということで、参考にしていただければ幸いです。

★ライフワークを見つけて実践するならこの本ですね。

「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

★あと7名ほどで満席になります。パートナーシップのテーマを解決するヒントも満載です!(3/2までにお申し込みくださいね)

3/9,10 神戸・北野リトリートセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28183

★毎週月曜日はオンラインスクール!

登録はこちらから!!
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あわせて読みたい