ロックマンな男にガツガツ踏み込むのはアリですか??


自分がそうしたい!そうするぞ!と思ったらやりましょう。
上手く行く、行かないなんて、何をもって基準とするか分かりませんよね。
だから、良かれと思うことはチャレンジするのがお勧めです。

根本さん、いつもブログ更新楽しみにしています。体調に無理なくしてくださいね。

ロックマンと復縁し、同じ理由でまたふられそうになっている、覚醒自覚のある情熱系女子です。

とにかく仕事に依存しまくる彼。
仕事や自分のキャパに余裕ある時に付き合い→問題をかかえる→音信不通→自己完結にて別れを言い放つ

そして仕事に余裕ができて彼から連絡してきた事もあり、数年後私からなんとか復縁にもちこみました。

がその後、すぐに仕事に問題発生。ほとんど音信不通、Hなんて最初の一回のみ、一年ほったらかしです。

ただ、本当に仕事は大変な状況。そこも恐れからハードワークを止まられない感じです。それも自ら選んでるのかなーとも感じます。

それでもめげずに笑顔で会いに行き、私は気持ちは変わらないと連絡なくても愛情がないとは思ってないと私は応援したいんだと伝え続けてきました。心が折れながら(笑)

「本当は会いたいけど、物理的に無理なんだ」←私にだけ物理的に無理
「おまえは好きだけど仕事が一番だからまたせてしまう」
と会えば気持ちはあると言い、次の日からはもちろん全ての連絡を無視します。

5歳児に納得、ばぶーに笑い、仕事のできる仮面をかぶった不器用な男です(笑)
タイミングもあるだろうけど、やっぱり彼のパターンかなって。

そんな放置を無視しながら会いに行き、次の日食事の約束をしていて待っていたら、
「ずっと考えていたけど、今は無理だから友達に戻りたい」
っていきなりメール。これ、自立の立場を維持したいんでしょーか?

前回はあっさり引きました。いい女ぶって。正直、会ったり、連絡したりするのが面倒なんだと思います。でも表面意識かなって。近づかれるの怖いのかなって
(根本チルドレンのためにポジティブにとらえすぎてるんじゃないか・・と不安)

今回はガツガツ踏み込もうかなと思ってます。私じゃなきゃあんたダメでしょ?って
私が幸せにしてやるんだって。拒否されても踏み込むのってありですか?
保母さんになれるのでしょうか。ワイングラスぐるぐるまわせるかな(笑)

後、疑問がひとつ。
彼、私にダメだししないんです。ブログ読んでるとロックマンってダメ出し多いですよね。昔から一度もされたことないんですよね。
ロックマンでもそんな人っているのでしょうか?
(Rさん)

ダメ出ししないロックマンもいると思いますよ。
そもそも血液型みたいにはっきり出るわけじゃないですからね。
「ああ、ロックマン70%に野良猫が20%。あとはオカマ的要素が10%だわね」
そんな混合ミックス型でございますから。

私、Rさんにはきっと「自分が好きでやってるならいいよ」という、これまた無責任極まりない一言を放つに決まってると思うんですよね。

だって、彼のこと、好きなんでしょう?
放置プレイとかで悶えちゃうくらいM何でしょう?
たまに与えられるご褒美に狂喜乱舞しちゃう刺激が忘れられなくて付き合ってるんでしょう?

そういうオッサン、週末の府中や船橋にはいっぱいいますよね。
「わしはここ30年、穴党なんじゃ。もう、狙いすました万馬券がスパッと決まった日にゃ、ほんとたまらないからな。まあ、滅多に当たらない分、当たった時の感動はこれまたひとしおだな。それを狙って毎回勝ち馬投票券を買ってるわけでな」

やっぱりね、万馬券を当てたらもう本命党には戻れないらしいですよ。

Rさんも次に会えた時とか、次にHできたときなんて、ほんとうに幸せを感じられると思うんですよね。
「うーっ!!だから、ロックマンは辞められねーなー!!オヤジ、もう一本、付けてくれ!」て熱燗煽るのも気持ちいいでしょうね~~(笑)

>今回はガツガツ踏み込もうかなと思ってます。私じゃなきゃあんたダメでしょ?って
>私が幸せにしてやるんだって。拒否されても踏み込むのってありですか?

自分がそれを選ぶんなら応援しますよー。

逆に言えば、うまく行く方法なんてケースバイケースですからね~。

押してみて、ダメだと思えば引いてみて、それでもやっぱり駄目だった・・・。ということだってありますしね。
その後、突撃してドアを蹴破ったらあっさりハマっちゃったみたいなこともありますね。

何がうまく行くか?なんて分からないし、そもそも何をもってうまく行くってことなのか?ってのも曖昧でしょう???

だから、こいつを振り向かせるにはどうしたらいいんかなあ?ってあれやこれやと試行錯誤していくのがいいんです。

何もしない、放置プレイを逆に仕掛ける。
思い切り色気で攻めてみる。
啖呵を切って相手をビビらせる。
日々、ご祈祷に出かけて祈りを届かせる。
密かに夜のプレイを磨く。
自宅や会社に奇襲をかける。
待ち伏せして逃げられないようにする。
毎日優しいメールを送る。
彼の幸せを祈る。
待っている間に別の男で間をつなぐ。
とりあえず、仕事に走ってみる。
女を磨くためにエステに大金を投資する。
習い事やセミナーに足繁く通って内なる魅力を上げる。
毎晩呪いの儀式を行うべく、藁人形を大量発注する。
上手に五寸釘を撃ち抜けるように腕立て伏せを始める。
白装束にロウソクが似合うようにダイエットをし、髪を伸ばす。
お恨み帳を上手に書けるようになるためにお習字教室に通う。
・・・。

まあ、そういうことなのです自分が良かれと思うことをあれやこれやとやってみるのがいいんです。

逆に、あれやこれやと考えるだけ考えて動かないってのが一番後悔への早道ですね。
「動かない」というのも選択ですが、結果的に「動けない」というのは後悔になります。

しかし、Rさんにそこまで愛される彼は幸せですね。
ありがたいことですよね。

そこで磨かれた魅力は必ず役に立ちます。

ロックマンを追いかけてる女子に「遊びのススメ」をすることがあるんです。
他にも男作ってみたら?という、まあ、単純なゲームなんですけどね。

ロックマンってすごく成長させてくれる存在ではあるんですけど、知らず知らずに内なる「女」を傷つけてることがあってね。
一言で言うと「寂しい」というわけでなんです。

あまり意識しなくても「私だからダメなのかなあ、私じゃダメなのかなあ、もっといい女だったらよかったのになあ」などと自己否定をバンバンやっちゃったりするんですね。

でも、ほんとはそうじゃなくて、彼しか見えてないからそうなるので、時々遊んじゃうのもアリなんです。

実際、このブログの読者の武闘派女子たちの中にもそういう女子多いはず。

で、まあ、他の男性に口説かれてみたり、ま、いいかと思ったらベッドインしちゃうとですね、すごく癒されたりするんです。

ああ、私、女だった。忘れてたけど、女だった。って。

さらには「ほんと自分のこと大事にできてないなあ、自分のことを粗末にしてたなあ」ってロックマンとの今後を考え直す人もいます。

もちろん、それで「やっぱりこいつがいい!」って改めてロックマンをロックオンしちゃうこともありますね。(←うまいこと言うたった!というドヤ顔で)

ロックマンと付き合うには上記のことも含め、自己承認は必須科目です。
自分を褒めて、認めて、偉い偉い!頑張った!って言ってあげて、自分を休めて、癒す時間も作って、ってことが大事。

どうしても心を削っちゃうシーンが増えると思いますしね~

それだけ私はいい女なんだって自覚だけは忘れんといてくださいな。

後は何してもいいと思います(^^)

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事