(新刊の感想20)「ワクワクからの行動になるようなのを探そうと、だって健康になりたいんだもん」と思いました。



発売すぐに増刷(重版)となり、その後も重版を重ねている「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)に読者の皆さんからいただいた感想です。
そして、本書を読まれた方の感想も募集しています~!
こちらの問い合わせフォームより、ご紹介可能な名前と共に感想を送ってください。
その際、紹介して欲しいURLなどもありましたら教えてくださいね。

ブログやセミナー等で気付きや振り返ったりをする機会を得ています。
自己肯定感をあげる本を読み終えてから1ヶ月ほどになりますが、「これって自己肯定感が上がってるのかな?」と感じる事がありました。
私の体調話しになるのが申し訳ないのですが、先週気になることがあり病院で検査をしました。
その時に、ここ2~3ヶ月よく間食するしウォーキングもしてないし、まずやる気が出ないんだよな…という状態であることを確認させられました。
確かに少し太り、体脂肪も増えて気にしつつも間食が止められなかったりウォーキングをしなかったりの日々でした。
自分の健康をまた考えることになって、今までは『怖れ』からの行動だとは薄々感じてましたが、愛からのというかワクワクからの選択がよく分からなかった。
でも今回、ここの切り替えが出来たと思うんです。
「ワクワクからの行動になるようなのを探そうと、だって健康になりたいんだもん」と思いました。
そして、『私は○○のコンサートに行きたいから健康になる。その為に私は運動をします』と自分なりの言葉が出てきました。

そのグループの画像をスクショして、このテキストを付けて保存しています。
どんな私でも私なんだよな…と受け入れてるのか分かりませんが、ブログや本や今まで受講してきたセミナーから少しずつ私の中が、考え方が変わってきたのかもしれないと思いました。
今日は秋というより冬を感じます。
1年ははやいですね、今後ともよろしくお願いします。
(Yさん)

内面的な変化ってどれもそうだと思うのですが、自己肯定感があがっても「よっしゃ!今、あがったぞ!!」って気付くことってそれほど多くないと思うんです。
それよりも、静かに変化は進行していて、ある時に「あれ?変わったかも」と気付き、「よくよく考えてみれば、前はこんなことできなかったなあ」と思うようになり、実感がわいてきます。

本の中でも触れていますが、成長を受け取るのは他人との比較ではなく「過去の私」との比較。

Yさんの体験はそのことを教えて下さっているように感じました。

ありがとうございました!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事