【愛野ひと】私が愛したお父さんも、恋をしたあの彼も、私を寂しくさせる、弱い男でした。



「愛されなくて寂しい」と思う気持ちもあるにはあるのだけど、それは実はそんなに強いものではなく、
ほんとうのところは「愛を受け取ってもらえなくて寂しい」という方がはるかに強く、大切なもの。

たくさん愛しているから、たくさん寂しい、のです。

お母さんを早くに亡くし、お父さんと「最愛の人を亡くした」という体験を共にして生きてきた愛野ひと。

そして、その傷ゆえに、似たような思いをさせる彼氏を追いかけまわしてきた愛野ひと。

また胸焼け必死の濃厚かつ深いところに刺さる文章が書きあがりました。

なんか彼女、作家みたいですよね。

お時間あるときに、そして、一人で過ごす時間にじっくりと読み進めてみてください。

>>>私が愛したお父さんも、恋をしたあの彼も、私を寂しくさせる、弱い男でした。

あわせて読みたい