ネタ提供者からの感想をまたもご紹介するのです。



***
こんばんは。一ヶ月程まえ、リクエストにお答えいただき「育った家庭環境とお金の関係について」を取り上げて頂いたものです。その節はありがとうございました。

何度も読ませて頂きました。
母をそれだけ愛しているということ、そして目から鱗だったのは、父との関係に対して恨みつらみを吐き出していいということ。。。今まで、このお金の問題を考えるとき、父に対しての感情と何度か向き合ってきましたが、父を許すこと、受け入れる事ばかりにフォーカスしていました。

根本さんに、恨みつらみを吐き出していいと言われ、向き合ってみて出てきたのは、子供の頃の私が、父に両手の拳ををダンダン!と叩き付けているイメージが湧いてきて「許せない。なんで?なんで私達を捨てたの?こんなに苦しいのは、あんたのせいだ。ちくしょー!ちくしょー!絶対に許さない、絶対に許さない!」という、父への怒りでした。

そして、根本さんが書いていてくださった、インナーチャイルドを癒す部分では、今の私が「遅くなってごめん。しんどかったね。辛かったね。寂しかったね。よく頑張ったね。よく我慢したね。」と抱きしめるイメージが湧いてきました。そして、私はずっと「いつも不安で、寂しかった」と思っていたということが、ふっと分かったんです。寂しかったというのは、心理学講座を読むようになって以来、行っているインナーチャイルドを癒すプロセスで感じてた事だったんですが、「いつも不安だった」と感じていたんだってことは、今回の初めての発見でした。

それから、少し元気になった気がしていました。でも、根が深い問題なので、きっとまた大波が来るだろうと予想もしていました。

そして、最近、仕事でも行き詰まる事があって、今の仕事に対してやる気がなくなってきたり、何をやっても中途半端な自分なんだと責める気持がわいてきたりしました。顔にも吹き出物が酷くなってしまい限界を感じて辞めたいと思うようにもなりました。でも辞めたら=また生活に余裕がなくなる。。と不安感が出てきたりのループに入ってしまってます。

根本さんにもお礼のメールを書きたいとずっと思っていたのができなかったのは、ちょっとそんな状態であったからですが、また読み返して、強い感情が沸き上がり、涙が止まらなくなってしまい。。。

ただ、思うのですが、このプロセスを繰り返して行く事で、少しずつ私の心が癒されて、いずれ大波あるいは高い壁を乗り越える事が出来る日がくるのかなと思っています。

根本さんのお力添え、本当に感謝いたします。

記事、いつも楽しく拝見しております!他の方のケースでも、色々思い当たる節もあり、とても勉強になります。遠方(海外)に住んでおりますので、セミナーも参加できずにおりますが、いつか参加できることを楽しみにしております!また、何かリクエストがあったらこちらのフォームから送らせて頂きたく思います。ありがとうございました。
(Mさん)
****

ありがとうございます!!

そう、繰り返していくと少しずつ心の傷が洗われてきれいになっていきます。
インナーチャイルドもだんだん笑顔になっていきます。

癒しに携わると、Mさんのお父さんのことも「許さなきゃいけない」になってしまうんですね。
特に早く何とかしたい方などは。

でも、許しの一歩目はたいてい「怒り」なんです。
「てめー、ちくしょー、ころすぞ!」
「ばかやろう!!!!」
から入ることなんです。

怒りだけでなく、様々な感情を吐き出して一度綺麗にしないと、理解して、受け入れて、許してなんてプロセス、歩めませんよね。

例えば、こんな宿題よく出すんです。

「お父さんに、週に1度、お恨み申し上げますレター書いてください。できれば筆ペンで、縦書きで、何なら和紙に、丑三つ時に、ろうそく立てて・・・」

後半は冗談にしても、本気で怒りを放出するための仕組みを許してあげたいですね。

そうするとその奥の不思議な感情に気付くんです。
寂しかったのに・・・
大好きだったのに・・・
分かって欲しいだけなのに・・・
助けたかったのに・・・

そうすると許しも加速していきます。

で、

仕事で行き詰まる、
吹き出物が出る、

という状態を私はデトックスなんて呼んで、祝杯あげましょ!ワイン開けましょ?あ、日本酒がいい?などと言うんです。

「良くなり始めると悪くなる」

これ、覚えておいてください。
無理が利かなくなるので、今の生活に不満や不平を感じたり、問題が出てきたり、体に出たりするんです。

「どうしたい???」って問われてると思って下さい。

そこから、本気で自分がしたいこと、探していくんです。本気で、ね。

そのきっかけになるのが「悪くなる」ってことなんです。
だから、ほんとうは「良いこと」なんです。

それではまた!
いつかお会いできるのを楽しみにしてます!

あわせて読みたい