仙台の皆さん、ありがとうございました!とりあえず一区切りです・・・。が。


仙台心理学WS3/1,2と4か月ちょっとぶりに杜の都・仙台を訪ねました。
3度目ですが、何となくこの街にも馴染んできましてますます居心地が良くなりました。

そもそも私は律儀な性格をしておりまして、一度馴染みになってしまうと何度もリピートする傾向があります。
そのため、各方面に行きつけの店ができるのは嬉しいのですが、その行きつけの店を回るだけで出張日程が終了し、一向に新規開拓ができなくなるというジレンマを抱えるのです。

故に、「仙台駅西口のタクシー乗り場横」が案内板を見なくても分かるようになり、定禅寺通りの並木を見ればホッとし、勾当台公園や西公園の緑を眺めて「やっぱり仙台って杜の都だよね。ほんと街中にこんなに自然が多いって嬉しいよね」なんて分かったような口をきき、夜になれば誰の案内も必要とせずすたすたと国分町を歩けるようになれば、もう「さて、次はいつ来ようか」とスケジュール帳を開くのも自然な動作になります。

4月からはフリーになって時間に余裕ができて、家族と過ごす時間も増え、マイペースで出張をし、ゆとりある毎日を送る・・・なんて夢を見ているのですが、こういう性格だと今と同等、あるいはそれ以上にスケジュールを黒く染めてしまうことになりそうです。
いや、しかし、仙台にはほんと通いたいですね。誰か呼んで下さい!!
息抜きに最適な3時間1080円で入れるサウナも国分町に見付けましたので、万全の態勢でお仕事が可能です!!


今回は「日・月」というとても変則的なスケジュールでしたが、参加して下さった皆さん、ありがとうございました!
今回の実習は色々とチャレンジな企画が多かったので、皆さん、脇汗をふんだんにかきながら(!?)一歩前に出られたんじゃないかと思っています。
そのご縁に深く感謝します。

また、2日間ともほんと色々と面倒を見てくれた濱田カウンセラーとスタッフの皆さん。皆さんのお陰で仕事ができます。深く深く感謝です。

さらにはこれからも仙台に通い、この2日間で幾度となく「仙台に住もうかな。住みたいな。」と空を眺めながら呟いていた大塚さん。濱田さんと仙台の主力になって頑張って下さい。5月にからはお師匠さんも仙台に来ますし、ますます盛り上がりそうです。

ま、ここだけの話ですが、とりあえず私は遅くても10月に来る予定です。

今回、スケジュールを一日余分に取って仲間たちと観光してきました。

うちの師匠が絶賛する「鳴子温泉」に初めて入り、その濃厚な湯に感動を覚えました。
「滝の湯」最高ですね。ずっと入っていられるくらいの気持ちよさでした。酸性の湯は久々だったので新鮮でしたね~。ただ、今も硫黄臭いのですが・・・(苦笑)

あ・ら伊達な道の駅閖上さいかい市場ではどうしても「酒の肴」的な物ばかりに目が行くんです。それだけ酒に合うものばかりが売ってるからいけないのですけどねっ!!

こうして観光してしまうと、ますます愛着が湧き、離れがたくなると同時に次の旅路に思いを馳せるのです。


あなたにオススメ