とても穏やかで優しい彼。そんな彼にひどいことをしてしまう私って?



バランスの法則により、相手がいい人であればあるほど、自分が悪いように思えます。
でも、それは改めて自分自身を見つめ直すチャンス。自分に素直に正直になってみると見えて来るものもあるのです。

『彼ってとてもいい人なんです。
優しくて、穏やかで、何でも私のことを受け入れてくれて。
一緒にいてすごく安心感があるんですよね。』

ここまでは惚気話。ま、悪い気はしません。「良かったね」と思うのですが、もちろん、惚気を聞かせにカウンセリングに来られる方はあまりいませんよね。

『でも・・・』

そうですよ。そう来なくちゃ!(笑)


『そんなすごくいい人なのに、私、彼に冷たくしたり、怒ったり、ひどいことを色々としてしまうんです。
他にも、彼に内緒で別の人とデートしたこともあるし、彼との約束をドタキャンしたことだって何度もあります。
でも、全然彼は怒らないんですよね。
すごく優しくて、嬉しいんですが・・・どんどん自分が嫌な彼女になっていくような気がするんです。』

そうなんですよね。
彼がいい人な分、どうしても、彼女は悪い人になっちゃうんです。

これはバランスの法則みたいなもの。

一方が「良い」に触れると、他方は「悪い」になってしまうんです。
比較なんですけどね。

もちろん、こういう「いい人(穏やか、優しい、受け入れてくれる、怒らない等)」と一緒にいると、安心感やホッとする気持ちはありますが、その一方で、退屈にもなりやすいんですね。
だから、刺激が欲しくなってしますんです。

その刺激というのが、彼を傷つける言動だったり、他の人との内緒のデートだったり、ドタキャンだったり、になるわけです。

つまり、自分自身が刺激物になってしまうのです。

そして、お決まりの自己嫌悪、罪悪感に陥ります。
とっても嫌な、悪い気分になります。

でもね、そうして悪い女になるってことは・・・もっと恋愛を、人生を楽しみたいからなんですよね。

だから「安定志向」はさっさと捨てた方がいいんです。
そういう人生があなたに向いているのであれば、そんな悪い人にはならないし、なりたくもありません。

「彼はすごくいい人なのに、自分は悪い彼女になってしまう」と思った時点で、あなたは冒険好きなのです。

そこで、頭で考えて「結婚するなら彼のような人と・・・」「絶対、私を裏切らないタイプの彼だから・・・」「自分の嫌なところも全部受け入れてくる彼だから・・・」とかやってしまうと、心と頭が分離してしまって混乱するのです。
結果、悪い態度を取ってしまうわけですね。

じゃあ、彼と別れたらいいのか?というとそういう話でもありません。

もっともっと自分に正直になること、素直になることが大事ですね。

自分はどんな恋がしたいの?
どんな人生を送りたいの?
何が好きなの?
何が嫌なの?
あなたにとって大切なものは何?
どんなデートが理想?
恋愛って何が大事だと思う?
どういうセックスがしたい?
2人で共有したいものって何?

ちょっと目を逸らしたくなるかもしれませんが、そんな疑問に正面から向き合っていくチャンスだと思うのですね。

そして、その答えに忠実に、素直になってみること、いかがでしょうか?

怖いですね~!

でも、それが自分らしい人生を生きる秘訣だと思います。

その結果、彼ともっとラブラブになることも多いんですよ。意外にね。
自分が何を求めているのかが明確になったとき、「やっぱりこの人だわ~。目移りもしたけど、やっぱりこの人だわ~」と思えることも多いんですね。
(つくづく、無意識の選択は正しいと思わされますね~)

一方で、こうした質問に向き合いたくないなあ、と思った方はもう気付いてますよね。
自分に思い切り嘘ついてること。

でもね、それも悪くないんですよ。
嘘付いちゃいけない、とかないですから。

「自分ってそういうキャラだし」と思えたら、それもまたハッピーです。

自分が悪い、ひどい女だ、と責めるのもいいけれど、ちょっとそれを脇に置いて、自分と向き合ってみませんか?
色々と“嫌なもの”が見つかりますよ(笑)

男と女の心理学

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

あわせて読みたい