人に嫌われることが怖いあなたへ。


人に嫌われるのが怖い理由は「自分のことが嫌い」だから。それを社会に投影するんです。
だからと言って自分を好きになる必要はありません。ただ自分を許してあげるだけ。
もしあなたが誰かのことを嫌ったことがあるならば、誰かがあなたを嫌うことも許してあげませんか?

人に嫌われるのが怖いと、つい、周りの目を気にしてしまいますよね。
どう思われるのか?変だと思われないか?と思ったり、嫌われないようにすごく気を使った行動をしてしまうでしょう。

でも、そういう態度を取ると自分もしんどいし、また、実際関係性もうまく行きません。


そもそも「嫌われるんじゃないか?」と思っていたら、相手が自分のことを嫌っていなくても、そう見えてしまうものなんですよね。

「あ、今、ちょっとつまんなそうな顔した。やっぱり私といるの嫌なんだ」
(相手は単に鼻がむず痒かったのかもしれません)

「やっぱり返事が来ない!嫌われてるんだ」
(相手は忙しいのかもしれません)

「他の人には優しい言葉をかけるのに、私には全然。むしろ冷たい」
(優しい言葉をかけられても受け取れないのかもしれません)

「自分のことが嫌いだと、それを社会に投影して、人に嫌われるんじゃないか?と思ってしまう」

ワークショップでよくお話しします。

自分のことが嫌いだから、人に嫌われるんじゃないかと不安になるんです。

じゃあ、自分のことを好きになりましょう!

ってなるんですが、みなさん、過去に何か嫌いだったものを好きになれた経験ってあります?

「いやあ、小さい頃、ピーマンが嫌いだったんですけど、無理して食べてるうちに好きになったんです」

そんな人、滅多にいないでしょう?

ふつう、無理して食べたらもっと嫌いになります。

だから、自分のことを「好きになろうとする」必要はないんです。

そもそも「好きになろうとする」ことが「自分のことが嫌い」ということですからね!
好きになろうとすればするほど、「自分嫌い」が強調されてしまうんです。

この辺の話は今度の日曜日、名古屋のワークショップでお話ししますね!東京は6/22です! おぉ、宣伝だ!(笑))

この辺、禅問答みたいになっちゃいますが、付いてきてます?大丈夫ですか?

じゃあ、どうすりゃいいの?と思うのですが、それは今のあなたをただ認め、許してあげよう、ということ。

今の自分に対しては「それでええねん」「それでいいよ」「そのまんまでいいよ」って思ってあげる。

過去の自分に対しては「しゃあないやん」「しょうがないよ」と思ってあげる。

「そう思えないんです!」という気持ちになったら、そこで気付いてください。
「あ、自分は今、自分を責めたいんだ!」と。

そして「責めたい自分も許してあげる」んです。

なんと寛大な!なんと大人な!(笑)

皆さん、誰かを嫌ったことってありませんか?

親が嫌い、友達が嫌い、別れた恋人が嫌い。
職場の同僚が嫌い、先輩が嫌い。

明確に「嫌い」って思えなくても「嫌だなあ」と思った人、今までいませんか?

人によっては今朝の通勤電車の中で既に嫌な奴に5人も出会った!という方もいるかもしれません。

もし、あなたが誰かを嫌ったことがあるのなら、誰かがあなたを嫌うことも許してあげませんか?

価値観が違う人間が生きてる社会ですから、合わない人、嫌いな人がいても当然なんです。

それがふつう、当たり前。

聖人じゃないですよね。皆さん。
不完全な、穴だらけの人間ですよね。
だとしたら、嫌いになることもあれば、逆に嫌われることもあっていいと思うんです。

それに嫌われる人間って間違いなく個性的な人ですから、逆に好きな人にはめっちゃ好かれます。

そんな風に捉えられたら少しは心も軽くなるんじゃないかな、と思います!

いつも読んで下さってありがとうございます!

毎日使える心理学講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事