【out of 愛され本】女性をフィギュア扱いする男の愛。


フィギュアのように女性をガラスケースに入れて大切にしようとする男性。実はとても男性性が豊かで女性を守る意識の強い人。
でも、その愛情はちょっと分かりにくいかもしれません。
彼は与えたい人、受け取って欲しい人。だから、それを遠慮なく、受け取ってくださいね。
それと自己主張は忘れずに・・・です。


女性は“感じる”ことが主なので、愛情表現や一緒にいること、親密感などで愛情を感じます。
だから、彼が「お前のために」ってバリバリ仕事してくれるのは「嬉しいんだけど、それで会えなくなるんなら嫌だ」と思います。

それに対して男性は“目に見えるもの”で愛情を示す人が多いので、女性が求める愛情表現は苦手です。
むしろ、プレゼント、食事、景色、お金などのいわば「モノ」で解決しようとします。

それに結婚すると「苦労させないこと」が美徳なので、奥さんを家に置いて、自分がバリバリ働いて家族を養うことに誇りを感じます。

かつてほどは多くないですけど、今でも、奥さんが仕事に出ることを嫌がるご主人の話をよく伺います。
「収入が十分あるんだから、働きになど行かなくてもいいだろ」
というのがご主人の主張です。

奥さんが働かなくてもいい、というのが一種のステータスのように感じられるのです。
(逆に、奥さんを働かせてる、というのが自分のイメージを悪くすると考えている男性もいます。現代でも!)

だから、男性の愛し方は女性からするとちょっと遠いような、間接的のような感じがして、時には寂しく感じます。

いつもいいレストランに連れて行ってくれるけど、本当に私のことが好きなのかな?
いつも仕事のことばかり話していて、私は邪魔なのかな?

などと不安になることもあるのです。

こうした男性は、簡単に言うと女性をガラスケースに入れて飾って楽しむタイプです。
そう、彼の家にたくさん並んでるフィギュアみたいなものです(笑)

そうして、美しいもの、大切なものを飾って眺めて楽しみ、そして、それを自分のステータスみたいに捉えるのです。
いわば、美術品、鹿の角、はく製、魚拓などと同じです。

しかし、こういうタイプの男性は実のところ、非常に男性性が豊かで、強いもの。
自己顕示欲やプライドは高いかもしれませんが、一方で、女性を守る意識、養う意識は相当のものがあります。
だから、頼りがいはとっても感じると思うのですね。

さて、このタイプの彼に対しては、彼のプライドに配慮する必要はありますが、「好きなことをして、笑顔で、毎日を楽しむこと。彼が贈ってくれるものを喜んで受け取って楽しむこと」が大事です。

彼は「俺は仕事でいけないけど、お義母さんと温泉にでも行って来たらどう?」みたいな提案をふつうにしてくれます。
それを「ありがとう(^^)」って受け取ることが大事。

ただし、もしかすると、そう言っておきながら「俺が、しんどいときに、温泉なんて行きやがって」との嫌味をちょっと受ける可能性もあります。
(ほんとは彼もしんどいんですね)

そういうときは「じゃ、一緒に行こうよ」と巻き込んでしまうのがOK。

この自立系の彼には、いかに「愛されている自信」「女としての自信」を演出するかがポイントです。

彼は与えたい人、受け取って欲しい人。
だから、それを遠慮なく、受け取ることが大事。

でも、自己主張は忘れずに・・・ですね。

●「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」好評発売中です(^^)
頑張らなくても愛されて幸せになる方法

男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事