自分に厳しいモードの時は自分に厳しい人に近づく法則。



「引き寄せの法則」という言葉はよく耳にすると思います。
夢や目標を叶える方法の一つですが、本当はこれって特に珍しいことではなく、常に起きてることは「自分が引き寄せたもの」なんですよね。
先日もこんなカウンセリングをしてました。

「仕事でちょっと行き詰ってたのである人に相談したら『その程度のことで悩むなんて、あなたは甘い。もっと頑張ってから相談して来い』と突っぱねられて、めっちゃ凹んだ」
とのこと。


しかし、その人はストイックに業務をこなす部内でも厳しいことで有名な先輩らしいんです(仕事は超できる)。

その話を聞いて思わず言ってしまったのは、

「なぜ、そこに相談しに行くのかな?厳しいこと言われるって分かってて行くってことは、叱咤して欲しかったから?」

でも、彼女は「いえいえ、本当は優しくしてほしかったんですけど・・・」とのこと。

こういう話、よく聞くんですよね。

それで彼女の仕事に対する姿勢や考え方を聞いて行ったんです。
そしたら、仕事に行き詰ってること自体が情けない、許せない、というモードで、自分にとっても厳しいのです。
仕事に関することだけでなく、普段からもけっこくストイックな部分が見えて来ました。

だから、そういう先輩のところに引き寄せられて行ったんですね・・・。

私たちは意識的、無意識的に自分の波長に合った人を自ら選んでいます。
自分に厳しいときは厳しい人を選んでしまいますし、そういう時に優しい人に出会ってもいわゆる「ピンと来ない」だったり、優しい言葉を厳しく受け取ったりしてしまうもの。

不思議なものですね。

ということは、自分に優しいモードになれば、優しい人に出会えるということ。

仕事で行き詰ってる時に「そんな自分はダメだ~」と思わずに、まずは「そういう時もあるよね~」と受け入れると、違う先輩に相談できるようになるんじゃないかな、と思います。

これもまた『世界は自分が創ってる』というお話でした。

毎日使える心理学講座

あわせて読みたい