怖れを感じられる幸せ。そして、怖れを乗り越えるコミットメント。


ただ今私は2日間の名古屋ヒーリングワークの二日目の朝を迎えています。

昨日の個人セッションを通じて出てきたのは怖れを乗り越えての“コミットメント”でした。

「また、傷ついてしまうのではないか?」
「また、うまく行かないのではないか?」
「また、傷つけてしまうのではないか?」
「また、失敗したらどうしよう」

再チャレンジには様々な怖れが付きまといます。
そういう時に必ず出てくる“また”の言葉。

まだ過去の傷が疼いていることがよく分かります。


でも、“怖い”というのは悪いことばかりではありません。
向き合ってるから、近づこうとしているから、欲しいから、怖いんですものね。
それに、慎重さ、謙虚さを生み、誰かをあてにしたり、つながりを求めたりするきっかけにもなる、素敵な感情です。

だから、昨日は「怖れを感じられるのも幸せなんですよね」という話をしました。
「また、愛したいと思う人が現れた証拠」ですから。

その怖れを腹を括って乗り越えていくこと、それがコミットメントです。

パートナーシップであれば「彼と幸せになる」と、
ヴィジョン達成であれば「その夢は実現します」と、
そう唱えながら一歩一歩進んでいきます。

それは夢が本物であればあるほど(本当にしたいことであればあるほど)怖いものですね。
だから、やっぱり怖いっていいことなんですね。

そして、そこでは一人ではないんですよね。
自分の幸せや成功を応援してくれる人、願ってくれる人、祈ってくれる人。
そういう人の思いを受け取り、感じながら進むと、怖れはぐっと乗り越えやすくなります。

そして、成功した暁にはみんなで喜びを共有できます!

お会いしたことはないけれど、間もなく始まるオリンピックの選手たちってきっとそんな気持ちなのかな、と思います。
国の代表として怖れはとても強く、期待も大きいけれど、みんなの応援や祈りを受け取って競技をするのでしょう。
その結果、自分の力以上のものが引き出されて夢が達成されるのでしょう。

怖れは良いこと。
そして、周りの人の応援を感じ、乗り越えて行けるもの。

そう思えたらまた生き方が変わるかもしれませんね。

参考になりましたら幸いです。

毎日使える心理学講座


関連記事