才能を使っていないって社会的損失!?



先日カウンセリングをしていてふと気付いたこと。

「自分の才能を使っていないって社会的損失なんだ」と。

例えば、癒しの才能がある人は傷ついて自己否定が強い人生を歩んでいることが多いのですね。
傷つきながら学ぶんですね。痛みの質とか強さとか、そして何より抜け出し方を。
また、そういう人って、人の痛みを知らず知らず背負っているから、「それ、あなたの痛みじゃないですよ。お母さんのですよ」みたいなこともあるのです。(それに気付いたら、それだけお母さんを助けたいと愛情がいっぱいの自分を褒めてあげながら、でも、その痛みを手放すか、はお母さんに返していきます。)

そうして、将来自分が癒して行く人たちの痛みに共感する準備をしてるんです。


そういえば、昔、私も自己嫌悪・自己いじめが強かった頃、友達のセラピストに言われました。「ねむねむはそれが趣味だから。勉強してんねんな。これから癒す人たちのために。」って。
その時は「そういうこともあるのかあ」と思っただけでしたが、今ではこんなブログを書くくらい偉そうになりました(笑)

そうして、痛みや問題を通じて私たちは成長していくのですが、成長というのは「才能磨き」でもあります。
癒しの才能がある人は傷つきながらも癒しつつ、その才能を磨いていきます。

だから、どこかでそれを還元していく時期がやってきます。
というか、多くの場合、すでに来ていますし、やっています。気付いていないだけで。

平和の才能がある人は、おそらく争いごとによく巻き込まれるでしょう。
しかし、その中で平和を願い、戦うときもあれば、仲介することもあり、十分に成果を挙げてなくてもすでに関わりを持っているはずなんです。

豊かさの才能がある人は、お金や人間関係に苦労しているかもしれません。
でも、やはり豊かな人生を送るための準備は怠りないと思います。

ところが、自分の痛みに意識が向かっている時には、その才能はまだ開かれていません。
漏れ出て来るだけです。
外に向かって解放されたとき、すなわち与えたときに人生の流れが変わり始めますし、才能が開き始めます。

癒しの才能がある人は気付いてください。
あなたの癒しを求めている人が今も何十人、何百人って列をなして待っているんです。

豊かさの才能がある人は、あなたとそれを分かち合う準備をしている人が何百人もいるんです。

だから、あなたが才能を発揮しないことはその人たちをずーっと待たせることになるのです。
そして、それを与えないことは“社会的損失”と言っていいのです。

じゃあ、私の才能って何?そんなものあるの?と思った方。

それはあなたの人生で悩んできたことです。

それはあなたの人生でお金と時間を投資してきたものです。

それはあなたがとてもわくわくすることです。

才能って一つじゃありません。お金になるとも限りません。
「映画好き」という才能もあります。
「TDLオタク」という才能もあります。
「料理好き」という才能もあります。
どれも誰かを幸せにすることができますよね。

外に向かって解放しましょう。すなわち、

「それが好きやねん」
「それがしたいねん」

友達やブログやSNSで宣言してみましょう。

その時、怖いな、と感じたら本物に違いありません!
わくわくしたり、テンションが上がったら、もう準備完了の証拠です!

自分がわくわくしたり、楽しかったり、好きだったり、ずっと考えてきたり、それが才能なんです。

だから、私たちは「才能=ギフト」と言います。天からの贈り物だから。

好きなことやることが社会貢献。素晴らしいですね。楽だし、楽しいですね。自然にニコニコしちゃいますね(^^)

心理学ミニ講座

あわせて読みたい