「あなたを支えているものはなんですか?」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

ほんとうに辛いとき、あなたの心の支えになってくれた人は、ものは何だったでしょう?

カウンセリングをしていて、例えば子ども時代に、あるいは、学生時代に、社会人として、あるいは、恋愛の中で、本当に辛い思いをされてる方によくお会いします。

でも、その時代を何とか潜り抜けてきて、今、私の目の前に座っていらっしゃるんです。

とすれば、その辛い時代を乗り越える何らかの“支え”があったんじゃないか、と思うようになりました。

例えば、何も言わずに見守ってくれるお父さんの存在。
目に入れても痛くないほどに可愛がってくれた、今は亡きおばあちゃん。
気がつけば、いつもそばにいてくれた近所の友だち。

あるいは、テレビの中のヒーローだったり、いつも見かけるかわいい人だったり、あなたが生きる糧とした何かがそこにあったはず。

そして、今も。

あなたを支えてくれる何かが、その近くにありませんか?
当たり前すぎて気がつかないかもしれませんが、今はまだあまり価値を感じないかもしれませんが、でも、とても大切なものがすぐそばにあるのかもしれません。

目に見えないものかもしれないし、はっきりと形が意識できるものかもしれません。

でも、何かに支えられて、私たちは今ここにいられるのかもしれません。

心の処方箋

あなたにオススメ