「気持ちをすっきりさせたいとき」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

心とはクローゼットと同様、使わないものが溜まっているとどんどんスペースが無くなり、余裕が無くなっていきます。
そういう時、心をすっきりさせるということは、そのクローゼットを整理し、快適な空間に作り変えることを意味します。

さて、どんな風にアプローチしてみると良いのでしょう?


まず一つは、“誰か”に今の心のうちを聞いてもらうことです。
もちろん、上手に、きちんと、何かを話さなくてもいいんです。ほんとうに。

なかなか整理できていないクローゼットには、どこに何があるのかも分からない状態です。
だから、それをうまく表現しようとするのは、それ自体難しいことだと思うのです。

だから、支離滅裂になっても構いませんから、きちんと誰かに聞いてもらうこと、それを是非お勧めしたいんです。

誰かにじっくり聞いてもらうだけで、心は不思議と解放され、自由を感じられるようになるものです。

そして、二つ目。

好きなこと、楽しいことに熱中してみます。
どんなことでもかまいません。
楽しいことや好きなことは、心を大掃除してくれる効果があります。
笑って、楽しんでいると、クローゼットの中のいらない洋服は勝手に処分され、必要な季節物がきちんと折りたたまれている、これまた不思議な現象に出会えます。

ただ、この楽しい事。遠慮してたら、その効果も半減します。
好きなことだけに、思い切り、というのが大切なのです。

そして、最後、三つ目。

それだけ掃除が行き届かないくらい・・・疲れているのかもしれません。
温泉に浸かってゆっくりと・・・とはなかなか行かないかもしれませんが、近くのスーパー銭湯でも、半身浴でも、ひたすら眠り続けるでも、エステやマッサージでも、どんな方法でもいいですから、じっくり心を休ませてあげてください。

汗や睡眠は心のクローゼットをキレイに洗い流し、整理し、すっきりさせてくれる効果が非常に高いもので、また、次の日からの労力にも大きな影響を与えます。

しかし、どのアプローチにしても、まずあなた自身が自分の気持ちをすっきりさせること、すなわち、心を大切にすることが解決へのアプローチになります。

そして、どの方法も、ちょっと今の考え方、やり方を変えなければできないものばかりかもしれません。

そういう意味でも、ちょっと勇気を出してチャレンジしてもらいたいな、と思うのです。

心の処方箋
あわせて読みたい