(2/17)夫婦の会話



すっかり日差しは春ですね。
冷たい風とのコントラストが気持ちいい日でした。

髪の毛が伸びてたショコラ(パピヨン、牝、2歳)を美容院に連れて行きました。
小型犬のくせに2時間もかかるんですよね(僕の頭は1時間以内)。
その間にフィットネスクラブで泳いで、マッサージを受けて見ればあっという間に時間は過ぎていきます。

すっかりリフレッシュして、ショコラを迎えに行った後、いい感じでぼぉーっとスターバックスでお茶していました。
ちょっと風が冷たかったのですが、こういうときはショコラを膝の上に載せておけば、湯たんぽ代わりになって、あったかいんですね。
奴も膝の上で丸くなったりして、ブランケットを借りなくても寒さをしのげます。

そうしていると、通りすがりの女の子達が何人もこちらを見て「かわいいー!」とか、気を引くような仕草をするんです。

( ̄ー ̄)ゞ フフッ

目線を僕に合わせてくれないところがちょっと気になりましたが、なおさらいい気分が加速しました・・・。

choco0216.jpg

ま、↑こいつが目当てだってこと、単なる僕は“飼い主”だってこと、分かってるんですけどね・・・。
そんな妄想もたまにはいいんじゃないかとね・・・、思うんですよ・・・。
今度、ショコラがいないときにも言ってね、女の子達よ・・・。

*---*---*---*---*

さて、月曜日は毎週家族会議の日。
普段忙しくて、お互いゆっくり話をする時間が少ないので、週に1度、こうした時間を持つようにしているんです。
16日もクエ鍋をつつきながら、家族会議は開かれました。
(クエは初めて食べたんですけど、けっこうおいしかったです!)

先週は僕の仕事が忙しく、かつ、妻も体調が不安定だったりして、ほとんど話が出来なかったんですね。
だいたい、妻のほうから「今日、家族会議だよねっ!」て念押しが入るときは何かがあるときなんですが、やっぱり寂しくなってたようでした。

妻は今日一日にあったことを何でも話したいタイプです。
僕は対照的に出来事を話すことはあんまり得意な方ではありません。
だから、妻は僕が仕事のことや一日の出来事を話してくれないと不満を感じます。
一方、妻が一日の出来事を話すのを聴くのは僕が不満を感じる・・・はずですが、実際は育った環境のおかげで、聴く分には特に不満は感じないんです。
おしゃべりな家族(母&妹達)や昔の彼女達のおかげで、後天的に話を聴く(聴かされる)ことに対する免疫はたっぷりつけてまいりました。

一般的に男性は井戸端会議に意味を見出せないし、女性は男性の話を理屈っぽいと一蹴したくなるように、男女のコミュニケーションは水と油なんですよね。

彼女に僕に合わせて論理的に話せ、というのは無理があるし、
僕が今日一日のことを妻が期待するように話をするのも無理があります。

だから、「どう話をするのか?」という二人の間の共通言語(二人のやり方)が必要になってくるんですね。
妥協点、というよりも、歩み寄りなんですけどね。

うちらの場合は、僕がこういう仕事をしているってこともあって、妻をカウンセリングする・・・ということがそのやり方のひとつです。
占い好きで、カウンセリング好きな奥さんですから、これには嬉々として乗ってきます。
僕も好きでカウンセリングしてるわけですから、こういう展開は望むところです。

ところが・・・。
普通のカウンセリングでは僕が当事者になることってまずないですよね。
でも、妻をカウンセリングする場合、・・・、多くの場合、思い切り僕自身が当事者です。
「夫に不満があるんです。。。仕事と私とどっちが大切なのかしら?っていつも思って寂しくなるし、家出なんかもしたくなるんです・・・」
なんて言葉を聴くと、「それはしんどいですね・・・」と答える前に、心に何かがブスッと刺さる音が聞こえます。

痛い・・・。

そして、その言葉を受けて、
「仕事に嫉妬してしまうんですよね?ということは、あなた自身が何か“女としての自信”を今は感じられないってことってないでしょうか?あるいは、女としての自分に自己嫌悪してるようなところってありませんか?」
と切り出すところですが、これも言い方ひとつ間違えると『妻に責任転嫁している情けない夫の図』になってしまうわけで、非常に絶妙なバランス感覚が求められます。

普段感じない種類のプレッシャーをひしひしと感じます・・・。

目の前に地雷原が広がっているような感じがします・・・。

・・・ま、こうして、僕のカウンセリング技術は磨かれてきたわけですが・・・。

妊娠したり、子どもができたりすると「女としての自分」をどうしても抑圧してしまうようになります。
意識が変わる(広がる)からなんですけどね。
「ほんとに愛されているんだろうか?」
「こんなお腹の出た私なんて、きっと魅力的に見えないに違いない・・・」
などと、頭では「そんなことはない」「ちっとも変じゃない」て分かっていたとしても、裏腹な心がいっぱい出てきたりします。
それが不安を作ったり、寂しさの素になりますね。
特に「女の部分」で、それを感じますから、そこが強くなれば、プチ家出や浮気、喧嘩、離婚の原因へと繋がっていくようになります。
(つまりは、「女」を感じられる行動に出る、ということです)

妻も知らず知らずのうちにそんな気持ちをたくさん溜め込んでしまっていたようで、改めて今の本音を聴くことができました。
僕もなかなか気づけない部分ですから、僕としてもありがたいことです~。

そうして繋がりを確認できると、すっきりした気分でまた先に進めます。

16日はこの方法が奏功したのでご紹介してみました。

失敗するときは・・・もちろん、喧嘩になりますねっ!
しかも・・・
「カウンセラーだからって偉そうなこと言うくせに、全然分かってないやん」
「そういうお前だってカウンセラーやろ?何が分かる言うねんっ!」
と、とてもドロドロっとしてまーすっ♪
(無理に明るく言ってみましたが・・・)

あわせて読みたい