(1/19)コンプレックス



冬らしい天気が続きますね。
朝方雪が待っていた(らしい)り、夜になって冷たい雨が降り出したり、昼間はすごくからっとしたいい天気だったり。

久々にコラムを書きました。
お正月、実家に帰っていたときにふと感じたことです。
楽しみしてくださった方、お待たせしました。

18日は前日の続きで、人(異性、パートナー)との距離(壁)に関するお話、コミュニケーションに関するテーマをよく扱いました。
なかなか自分の気持ちを表現することって難しいですよね。
人に近づくのも、怖かったり、恥ずかしかったり、嫌われないように気を使ってしまったり。
自分自身にある程度の自信がなかったとしたら、近づいていきにくいものかもしれません。
でも、自分以上にで自分を嫌悪している人ってあまりいないものです。
特にコンプレックスとして感じていることについてはさらに繊細に繊細になってしまいますね。

以前、こんな話がありました。
うちの奥さんは「男の人は巨乳じゃないと好きになってくれないんだ・・・」と自分の胸を気にしてたんですね。
ところが僕はむしろ小さいほうが好みだったりして、それを言うんですけどなかなか信じてくれませんでした。
僕の周りでも巨乳好きと公言しながら、そうじゃない彼女にベタぼれしている奴がたくさんいます。
「大きさよりも形とかが大事やんなー」という会話を交わすこともあります。
そんな話を何度も何度もして、ようやく妻は納得してくれました。

なかなか自分やパートナーのコンプレックスを乗り越えるのは一筋縄ではいきませんね・・・。

あわせて読みたい