ふわっと生きてきて「自分が分からない」とか「これ!というものがない」とお嘆きの女性性豊かなみなさまへ。



「それがあんたらしさなんだからさ、受け入れるしかないやん?」
「ええー、分かるけどなんかやだ。やっぱこれ!というものが欲しい」
「けど、本来はそういうものを必要としない人なんだけどね?」
「ええー、それでいいの?良くないよね?」
そんな水掛け論がカウンセリングルームではよく繰り広げられております。

女性性が豊かな人の特徴として

「これ!ってやりたいことがあるわけでもなく、逆に、これだけはイヤだ!というのがあるわけでもなく(でも、もちろん常識内で、ですよ)、何となくふわっとした感じで生きて来ちゃった問題」

を抱えることがあります。

特にこの仕事がしたかった!というわけではなく、採用されたからここで働いているわけですし、今の家も「絶対ここに住みたい!」と思ったわけではなく「この辺でいい家があればなあ」という感じで出会った物件だし、「結婚しよう!」と強く言ってくれる人がいなかったから独身のままだし、結婚は願望ではあるけれど、じゃあ、ほんとにしたいか?と言われたらどっちでもいいかな?いい人がいれば?という感じだし・・・。

こんな感じで女性性が豊かな分だけふわっとした話が延々と続くんです。

ただ、その話の末尾には必ず

「こんなんじゃいけないと思うんですー」
「今のまんまじゃダメだと思うんですー!」
「もっとメリハリ付いた人生の方が面白いですよねえ?」
「やりたいことがはっきりしてる人が羨ましいんです!」
「結局、自分は何もしてない、残せてないって思っちゃうんです!」
「自分が何者か分からないままなんですー!」

等々の、「頭で考えた“正しさ”に対して、それができていない自分への嫌悪」もしくは「周りの人と“比較して”出た自己否定的な見解」になるものです。

・・・。

この辺まで読んで来られて「い、痛い。激痛が走る。紛うことなきあたしのことやんか。ぐふっ」と路上に倒れられている方がいらっしゃいましたら、うちの読者ですね。ぜひ救助してあげてください。高級なチョコレートを食わせると蘇生します。普通の板チョコではダメです。

そうした「ふわっとした生き方」を“選ぶ”のは、女性的な雰囲気を持ち、平和主義で家庭的で穏やかで感受性も豊かでコミュ力高めな性質が理由なんですね。

だから、「流れに任せて生きてる」わけです。

ところが、そんな方々は私のブログなど読むわけもなく、そこに「自立系」という冠が入ると俄然、うちの熱烈な読者となり得るわけです。

そうすると、先ほどの表現も「なんとなく流されて生きてる!これはダメだよね?」というものに変わります。

分かります?

女性性が豊かなだけでなく、そこに「過干渉なおかん」「役立たずなおとん」「姉との壮絶な葛藤」「弟との競争心」「幼少期の性的トラウマ」等々、様々な要素が付加されることにより、立派な自立系武闘派女子として成長を遂げるのです。ようこそ。

そこで先陣切っておかんやおとんと戦闘を繰り広げてきた方は「突撃部隊」もしくは「特殊空挺部隊」に所属し、海兵隊の如く、真っ先に戦地に乗り込む役割を担います。

一方、そうした環境で我慢する、耐えると言った戦略をとられた方は「後方待機部隊」もしくは「原潜乗組員」となり、「待つ女」になったり、闇夜に暗躍する役割を担います。

ということで、この文章を読んでいらっしゃるということは間違いなく自立系武闘派女子ということなので、あとは自分がどこに所属するかを検討する段階になるのです。はい。

で、そんな「ふわっとした女性性らしい生き方をしてきたにもかかわらず、なぜかそれに不満を抱えて否定的になっちゃう奴ら」は色々と悩み多き人生になるんですね。

「もっとちゃんと考えて行動できていれば今頃結婚だってできたのに」
「何となくこの人と結婚しちゃったんだけど、ほんとうにそれで良かったのか悩む」
「何も考えずにふつうに就職しちゃったんだけど、ほんとは他に自分に合う仕事があるんじゃないか?と思ってしまう。」
「言われたことを一生懸命やってきたんだけど、でも、特にスキルがあるわけじゃないから今さら転職とかできない。」
「流されて生きてきたから自分が何者か分からない」

などのぶーぶー不満を漏らされるんですね。

相変わらず似合わぬ「思考」を一生懸命使い、周りの人たちと「比較」することで自分を落とし、でも、その一方で、「これで良かったんだと思いたい気持ち」もあり、それによって「今の人生は100点満点中60点~70点くらい」という採点をして「なんか中途半端だ!これ!というものがない自分」に再び嫌悪するのです。

まあ、そうやってぶーぶー文句を言うだけなら可愛いんですけれど、自立系な分だけ理屈を捏ねるし、女性性豊かな分だけしゃべりも達者なので、「ああ言えばこう言う」とか「なんだかんだ断固だよね」という部分が出てきます。

(本人たちは絶対に認めたがらないけれど)私のクライアントさんには「お嬢」な方もたくさんいらっしゃいまして、そういう方々がまあ、ほんとそんな「ふわっと生きてきた武闘派女子」なのです。

そりゃあ、うちのクライアント様の中には「うおりゃー!!」と男子共を蹴散らしながら夢や目標に向かって突撃する「少年ジャンプに出てくる主人公」のような生き方をしている武闘派女子も少なくないですから、そんな奴らと自分を比較すれば、そりゃあ惨めになるかもしれません。

あ、ちなみにそうして「比較」して「思考」するのってなぜか知ってます??

(満面の笑みで)ヒマだからですねっ!
 ↓
忙しすぎて辞める人。暇すぎて病める人。(主婦の友社)

そうした女性性が豊かな方々がふわっとした生き方をしちゃうのは、その柔軟性や器の広さ、そして好奇心と器用さから、はっきりと自分というものを持つことを嫌うからです。

「君ってこういうタイプだよね?」とか言われるとカチンと来ちゃうわけです。

イタリアンも好きだし、スイーツも食べたいし、和食はやっぱり基本だと思うし、けど、中華も捨てがたいよね、という“気の多さ”も裏を返せば“器の広さ”です。

何者にも変身できるし、なんでもできる器用さを持っているから逆に「これ!」というものがないのも無理はないんです。

それに女性性って競争とかしないんです。競争は「自立」すなわち「男性性」の問題です。

だから、「これ!」というものを持つために周りの人と競争に打ち勝って「大阪府代表」になることを目指そうとはしません。

ある程度こなせれば満足だし、興味は他にも移るし、別に一番になりたいわけじゃないし、というマインドがあります。

そして、柔軟性が高いということは与えられた状況に適応する能力が高いので、事務もできれば接客もこなし、秘書もできるし、営業にだって出られるんですね。

「強いて言えばお客様と接している時間が好きかな?」という程度ですから、「自分はコツコツ研究に没頭して一つのものを成し遂げるのが得意っス」という人の対極に位置することになるんですね。

さて、ここまで「この話は自分のことだ」として思われてきた方はけっこうな確率で「現状不満足の法則」を持っていると思います。

でも、そんなふわっとした生き方そのものが自分らしさだし、そんな生き方ができるのが才能であり魅力だし、そういう生き方をすることが「幸せ」なんです。

それを何者かになろうとしたり、周りと比べて自分を落としたりしても、幸福度が下がるだけなんです。

女性性というのはその感受性の強さから「今を生きる」ということを大切にできる方なんですね。(感情は今この瞬間にしか存在し得ないから)

だから、今の状況がどんなものであれ、その中に幸せや喜びを見出だせる心の強さを持っているんです。

それは子を産み、育てられる能力を与えられたことからも言えるでしょう。

しかし、そこに後天的に自立系な要素を埋め込まれたからおかしなことになっちゃうんですよね。

きっと学校や会社のシステムに合わないんだけど、持ち前の柔軟性を用いて無理やり合わせてきたツケなのかもしれません。

こうあるべきって考えすぎるようになっちゃうんですね。

何があるから幸せ!でも、何者だから幸せ!でもないですよね?

今自分がいる環境の中に幸せも喜びも見出だせるはずなんです。

けど、そこに思考とか比較とかをやっちゃうと、途端に自分を不幸にしてしまうんです。

そんな「ふわっと生きて来たなあ」と感じてる方は、だからこそ、「今」に意識を向けることが大事なんです。思考や比較などを使ってるヒマはないのです。

1)今の自分が幸せなことに気付き、それを素直に認めましょう。

2)神様や周りの好きな人たちに感謝することを意識しましょう。

なんか教会やお寺の掲示板に張り出されてそうな文言ですけれど、この2つの意識を持つことは幸福度をぐーんと上げてくれると同時に、自己肯定感だって爆上げしてくれます。

そうすると、今でも自分が周りに“勝手に”与えている癒しや許し、安心感、喜び、インスピレーション、居場所、承認などの自らの才能・価値に気付けるし、「なんだ。今のままの自分で十分なんだ」と思えるようになるでしょう。

そうして一旦、今の自分や今の日常を全面的に肯定することをしていくと、「じゃあ、これからどんな未来を創っていきたいか?」についてワクワクしながら考えられるようになるのです。

とはいえ、そういう話をしても「えー、でもー、それってなんかやだ。ほんとにそれでいいの?よくないよね?」とか文句を言うんでしょうけれど、ま、言いたいだけだよね?笑

★そんな自分らしい生き方について深く見つめてみませんか?

東京:11/27(日)11:00-18:00 問題解決のための1DAYセミナー~愛で問題を乗り越えるとは?~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/46692

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
 『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい