創作をライフワークにしたいけれど、生活費を稼ぐ仕事をするのもしんどい状況はどうしたら変えられるのだろうか?



ライフワークにしたい仕事があっても、それがすぐに生活を支えてくれるわけではないので、その間は別の仕事(ライスワーク)に就くことが多いと思います。
しかし、そのライフワークの実現に本気になればなるほど、別の仕事は苦痛ではなくなっていくのです。

根本先生、こんにちは。いつもありがとうございます。初めてネタを採用していただいてからもうすぐ一年。なにかと脳内に先生が現れては、しかたないよね~と言ってくれ、落ち込むことが少なくなりました。とはいえ悩みはつきないもので、またネタを送ることお許しください。

仕事にしようと長年励んでいること(創作関係)がありますが、まだスクールに通うレベルです。お金がかかるので、現実的には別の仕事でお金を稼ぐ必要がありますが、それができなくなって困ってます。

わたしはもう10年ほど介護職で、すすんでハードワークしては貯金し、やりたいことに費やしてきました。でも1年半ほど前、色々大変なことが重なり無気力に(その頃根本先生に出会う)。

それで、自分軸や自己肯定感を意識するようになりました。おかげで確実に生きやすくなる一方、好きだと思ってた介護の仕事はつらくなり、半年前退職して今にいたります。

30代半ばの独身一人暮らしで、貯金も余裕がないです。最低限の生活費だけでも稼ぎたいですが、いまや人とかかわる仕事はなんでも腰が重く、面接も通勤も、誰かと働くこともしたくありません。

家でできることなら、とライティングの仕事を始めてみたものの、書くのが遅く、寝ずに書き上げることもあり、結局ハードワークしてるやん、とため息です。ひとりで仕事するのはとても気楽で、書くのも好きな方ですが、時給にしたら数百円。生活費にするにはほど遠いです。

周りには「やりたいことをやって自由に生きてる人」に見えてると思いますが、実際はそう見られるよう、超自立で生きてきた節があり、本当はもうずっと窮屈です。介護の仕事も、ハードワークも、創作も、すべて無価値感を埋めるために選んできた気がします。

それでも、創作はライフワークとして続けたく、どうにか生活と両立できるようになりたいです。最低限働くことすら辛く、永遠に休んでいられそうな感じですが、目に留まったら、なにかアドバイスいただけるとうれしいです。
(Sさん)

落ち込むことが少なくなったってのはとても素晴らしいことですし、たぶん、そのお陰でハードワークすることが苦痛になったんだろうなあ、と思う次第です。

>いまや人とかかわる仕事はなんでも腰が重く、面接も通勤も、誰かと働くこともしたくありません。

ってことは、相当頑張りすぎて抱え込み過ぎて疲れちゃってるんだと思うんですよね。

Sさんがお気づきのように、

>介護の仕事も、ハードワークも、創作も、すべて無価値感を埋めるために選んできた気がします。

というケースは多々ありまして、自己肯定感があがって無価値感が癒されてしまうと、好きだったはずの仕事が好きじゃなくなり、ハードワークもできなくなり、創作意欲も湧かなくなってしまったりするものです。

そして、それまで抑え込んできた疲れがどどどーっと出てしまうわけですね。

・・・という話に思い当たる方って意外に多いんじゃないかと思います。

本来ならば、お金の代わりに溜め込んできた疲れを癒すことを優先させたいものです。

この間の問題解決セミナーでも「とりあえず1か月くらい湯治に行ってこいや!」という提案をして場を白けさせたのですけど(苦笑)、地方に行けば今でも湯治宿が存在してまして、自炊しながら傷や病気を治していらっしゃる方がたくさんいます。

「人生の夏休み」とか「アク抜き」などと言うのですが、30代半ばまで補償行為を頑張って来られたのであれば、人生を見つめ直す意味でもそういう時間を作ってみることもお勧めです。

そんなヒマなんかねえよ!1か月も休んだら会社クビになるよ!という方には「じゃあ、金~日を利用して、週末に2泊3日で合宿しましょう!」という提案もよくしてます。

金曜の晩から温泉宿やシティホテルに泊まり込み、デジタルデトックスをしながら「ノートに思いを書く」「エステやマッサージを受ける」「ゆっくりお湯に浸かってボーっとする」「ひたすら眠る」という時間を作って、心の疲労をリセットするわけです。

最近ではライブも復活してるので好きなアーティストのライブに行くのもいいです。

要するに「日常から離れて非日常に身を置いて自分を癒したり、見つめ直したりする時間」を作ることをお勧めしたいわけですね。

そこはちょっと“頑張って”やってみる価値はあると思います。

その一方で、心と向き合っていくことは大切なことでして、Sさんをネタにすれば様々な“ツッコミどころ”が存在するものです。

(1)すすんでハードワークしては貯金し、やりたいことに費やしてきました。

このパターンが生まれたのはなぜなのでしょか?
それが楽しいのはいいんですけれど、そこに何かしら負荷がかかっているとしたらなぜでしょう?
やはり無価値感でしょうか。

(2)家でできることなら、とライティングの仕事を始めてみたものの、書くのが遅く、寝ずに書き上げることもあり、結局ハードワークしてるやん、とため息です。

ライティングの仕事は好きなのでしょうか?
また、家でできることなら、という選択は積極的な意味を持ちますでしょうか?それとも消去法の結果でしょうか?

(3)周りには「やりたいことをやって自由に生きてる人」に見えてると思います

なぜ、そういう風に自分を見せたかったのでしょうか?
実際は窮屈なのに、自由人に見られたいのはなぜなのでしょうか?

(4)創作はライフワークとして続けたく、どうにか生活と両立できるようになりたいです。

この創作とはライティングのことでしょうか?それとも別のことでしょうか?

たぶん、長年の疲労が蓄積し、また、ハードワークというやり方しか知らないがゆえに、「仕事=ハードワーク、頑張る」という意識がSさんの中に根付いてしまっていると思います。

「仕事=楽しい」
「仕事=楽」
「仕事=遊び」
みたいな思い込みがあれば、仕事することがもっと楽しくなるはずですね。

とりあえず、その疲れを癒すことは必須かと思いますが、生活費のことを考えるとおちおち休んでいられない気分になると思います。

で、ライフワークに関するカウンセリングをしていると時々疑問に思うことがあるんです。

>まだスクールに通うレベルです。

という話。

好きなことを仕事にする、好きなことをやって生活していく、という目的はいいものですし、そのためにスクールに通うこともとても大切かと思いますが、でも、それは最低、自分なりの生活ができてることが条件だと思っています。

つまり、生活費を削って苦しい思いまでしてスクールに通うのはかえって逆効果じゃね?と思うことがあるんです。

そこは微妙な線引きがありまして、「生活費を削ってでも夢を叶えるためにスクールに通う。それが楽しいし、モチベになる」ならばよいと思います。

ところがライフワーク(自分らしい幸せな生き方)を目指してスクールに通うことが、自分らしい生活から遠ざかるのであれば、むしろ、ライフワークからは逆行しちゃってると思うわけです。

そもそもスクールに通うレベルのものを仕事にするにはふつう何年もかかると思うんですよね。
その何年間もの間、その苦しい気持ちを耐えきれるだけのモチベーションがあるのか?そもそもそれだけの心の余裕があるのか?という点はやはり無視してはいけません。

学びに投資するのは結構なことなのですが、それによって生活が圧迫され、窮屈かつ苦しく、そして、お金の不安にさいなまれる日々がやってくるのであれば、学びの習得率は低くなるでしょうし、集中もしにくく、結果、心の余裕がない分だけ学ぶこと自体が苦しくなってしまうと思うのです。

Sさんのみならずちょくちょく似た話を耳にしまして、そういうとき私は「楽しい?面白い?」ってお聞きします。

学びは楽しいけど生活が苦しくて辛い、ということであれば、今はよくてもいずれ苦しさの方に引っ張られて学び続けることができなくなっちゃうと思うんですね。

つまり、お金って大事だぞ、そこから目を逸らしちゃダメだぞ、という意味でもあります。

創作をライフワークにする、というSさんの方針をなぞれば、「創作で飯が食えるようになってライフワークが実現した」という表現は厳密には間違いでして、「創作で飯が食えるようになるための日々もまたライフワーク」というのが正しいのです。

つまり、「創作で飯が食えるようになるために学ぶことも、夜中まで作業に追われることも楽しいし、そのための生活を支えてくれる仕事には感謝しかないし、頑張れる」という状態がライフワークを生きてる状態なんですね。

ここ、よく誤解されやすいところです。

夢を叶えた時点からライフワークが始まるのではなく、
夢を叶えるまでのプロセスもまたライフワークなんです。

これを自武女の皆様に分かりやすい例えを使うならば、

「野良猫男子を家猫にしてからが楽しいわけではなく、彼を餌付けしていくこと自体も楽しい」

ということです。

だから、私が今、Sさんに提案したいことは、その「創作」をもっと好きになり、もっと楽しみ、もっと夢を描き、もっと本気になる、ということです。

「この創作で飯を食うんじゃ!」というコミットメントがまずは必要だし、そのためにも「ああ、創作活動、楽しいわ。面白いわ。こんな毎日が続いたらほんま最高やわ」と日々ニヤニヤできるほどに創作を好きになることです。

好きになることに遠慮するなよ!ということです。

そういう話をすると「創作が好きかどうか自信がなくなった」という声が漏れ聞こえてくるわけですが、そういう場合は「創作が好きかどうか確認する」という目的の元、やっぱり日々抱えてるストレスを解放してあげることにまずは取り組みましょう。

私自身の話をひとつ、ふたつ。

心理学を学び始めた頃、学生だったり、社会人1年目だったりして、高額なセミナーにはほとんど行けませんでした。

周りのお兄さま、お姉さま方が何十万もするセミナーに行くのを羨ましく見ていました。

だから、私はそのセミナーから帰ってきた彼らに教えを請うことにしまして、間接的に学びを得てきました。

うちの師匠の一人にくっついて、教えたがりな彼の言葉をいろいろと学び取っていたのもその時期です。

お金がなくてセミナーに行けないけれど、そのセミナーの空気を感じることはできましたし、また、その教えを間接的ではありますが、身に着けることができました。

つまり、ベストではないけれどベターな形だったと思います。

また、カウンセラーとして生活できるようになりたいと思って、それこそ睡眠時間が数時間という生活を何年か続けました。

が、苦しかったり、疲れてたりする部分もありましたが、妻や仲間と一緒だったこともあって、楽しかったことも多く、今ではとてもいい青春の思い出的な記憶として残っています。

その後も紆余曲折はありましたけれど、この仕事で飯を食えるようになりたいと思い、そのために今できることをやって、それが好きで、面白くて、という日々をひとつひとつ積み重ねてきたらそれが実現していきました。

私は今のカウンセラーって仕事はライフワークだと思っているのですが、これが仕事になるまでの間もちゃんとワクワクしながら面白がってやってきたと思います。

この辺のお話はほんと繊細かつ微妙なラインのテーマがいくつも見え隠れします。

ほんとうにその「創作」をライフワークにしたいと思っているのか?
それは見栄やプライドや義務や無価値感や劣等感などの影響を受けているのではないか?

自分に自信が持てないために、何かとライフワークから目を逸らそう、逃げようとしていないか?
自分には無理、という言葉を使って自分の可能性を消してしまっていないか?
何かと自分を否定することに慣れ過ぎて、自分の大切な夢や才能を自分でぶっ壊してしまっていないか?

自分らしい生き方をデザインした方がいいのに、何かの形にとらわれて自分らしさを見失っていないか?

才能が豊かで「創作」がライフワークなのに、何かと理由を付けて逃げ回っていないか?
また、同様に、権威との葛藤、競争心、特別意識などによって背伸びしすぎていないか?

ここまで読まれてドキッとされる部分もあったかと思いますが、そんな方は「本気」になることから目を逸らしているのかもしれません。

「本気で創作を仕事にする」なんて想像するだけで怖いかもしれませんが、それだけ怖いということは、実はもう本気であり、自信がないのは当たり前だということに気付くと良いでしょう。

You,本気になっちゃいなよ。

ということを今日はお伝えしたいのかもしれません。笑

★ということで、そんなライフワークをデザインしたいな、と思われた方はぜひともこのセミナーやグルコンに参加されると良いと思うのです。

天命遂行型と目標達成型。女性性が豊かな自分と男性性が強い自分。果たして自分らしい生き方はどれだろう?
5/28(土)13:00-16:00 ワークショップ
5/29(日)13:00-17:00 グループコンサル
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/44849

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
創作をライフワークにしたいのだけど、、、。
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『創作をライフワークにしたいのだけど、、、。

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい