DVがもたらす癒着問題から抜け出すために必要な理解と方法について~癒着を切るべく自分軸を強化することがまずは最初~



DVによる精神的なトラウマは甚大なものがあり、罪悪感を植え付けられるので何もかもが自分のせいだと思い込むようになったり、恐怖心から身動きが取れなくなったりして、とても辛い状態になります。
それが癒着(共依存)という関係となり、後々まで尾を引くことになるのです。

毎日、帰宅後入浴や夕食の準備をしながら根本さんのVoicyを拝読することが、自分にとっての「切り替え」になっているものです。

私は40歳で、幼児の息子がいます。結婚当初から夫のDVを受けてきました。息子は生まれたときから暴力とネグレクトをうけてきました。一昨年より息子の命にかかわるような事態が増え、小児科医に「もう覚悟をきめましょう」とアドバイスされ、警察の支援を得て昨年3月末にトランク1つで逃げました。
夫が私名義のクレジットカードや銀行口座まで使えなくしたため当初は谷底でしたが、今は住まいも仕事も得られました。
裁判は泥沼化していて、相手は、私が土下座して謝り、慰謝料と財産分与を数千万支払い、親権を手放せ、と言っています。
嘘が並んでいると分かっていても、自分が夫のから逃れるため息子と出かけたり、カフェに行ったりしていたことは浪費だったのだ、スーパーでこれを買うのも浪費だろうか、これは母親としていけないことだったのだろうか、と常に思ってしまいます。
なので、息子のためだけにしか物が買えず、仕事も、人に頼られたりきついことを言われても、役に立てるならと無理をして(忙しいと辛さも麻痺して忘れられますし)持病が悪化し救急搬送をされたりしています。

たまたま会った自治体の方に「あなたの幸せは息子さんとの幸せなのですね。ただ、鶴の恩返しの鶴のように見えます」と言われました。

先日の「エゴ」のお話に似ているのですが、先日自分の元気を取り戻そうとささやかな好物を買いました。翌朝のごはんで、たまたま息子のいつもの食材を切らしてしまい、「昨日ママは好きなもの買っていたよね、ずるい」と言われました。
一気に罪悪感が復活してしまいました。

自分のために、時間やお金をかけることが恐ろしくて、自分は生きることは無駄でしかないと思い、死にたくなってしまいます。

いろいろなワークや方法に取り組んでも、「死にたい」と思ってしまって、うまくできません。

すきなことを一つだけでも取り組む力を取り戻すために、できることがあれば、そして今後の裁判など困難な側面でも、心身を保つためにできることがあれば、もしできれば、アドバイスをいただけませんでしょうか。
(Mさん)

相当過酷な毎日を何とか生き延びて来られてよかったと思います。
息子さんの存在が大きかったのかなあ、と思います。

死にたいと思うのも無理はなく、おそらく結婚生活の中でも同じような思いを抱えていらっしゃったのではないかと思います。

ただ、ほんとに地獄のような日々の中では人は本能的に生きることだけに必死になります。
だから、何をしても死にたいと思ってしまうのは、ある意味「余裕」が出てきた証拠なんだろうと思うのです。

矛盾しているように思われるかもしれませんが、死にたいと思えるほど余裕ができてきたのです。
逆に言えば、DVが日々起きているような状況では「殺されないように」「息子を守らなければ」みたいな思いばかりだったと思います。

こうした辛い日々の思いというのは渦中にあるときは目の前のことに必死になるのであまり意識しません。
むしろ、そこを抜け出して少しでも心に余裕ができてきてからの方がより強く痛みを感じやすいものです。

だから、今は離婚前とはまた違う痛みが出てきているのかもしれません。

さて、DVというのは心にひどい傷を残すことは言うまでもありませんが、その後遺症に長らく苦しむことになることも残念ながら事実です。

昨今、コロナ禍でDVが増えているという話も小耳にはさんだりします。

ただ、カウンセラーとしては、DVなんてひどい!夫は最低な人間だ!早く罰せられるべきだ!と批判したところでMさんやお子さんの心の傷が癒えるわけではないので、カウンセラーとしては違う角度からお話を進めていくことになります。

心理的な面から言えば、DVの加害者と被害者は精神的に癒着が起こります。

常に元夫の顔色を伺い、その言動にびくびくし、振り回されることを繰り返して来られたはずなので、どうしたって癒着してしまうのです。

つまりは結婚生活の中で「夫軸」にならざるを得ません。
これは無理のないことで、誰でも同じ状況に置かれたらそうなります。

さて、この癒着ってのは、離婚して物理的な距離を空けたといってそう簡単に切れるものではありません。

離れたら離れたでいつ住所を特定されて襲撃に遭うか、職場に怒鳴り込まれるんじゃないか、息子の保育園(?)に乱入されるんじゃないか?と、こんどは相手の姿が見えなくなった分だけ怖れも募ることと思います。

そして、何よりもずっと「お前が悪い。お前のせいだ。」と言われ続けてきたと思いますし、暴力を使ってそのように“洗脳”されてきたことにより、被害者なのに罪悪感の塊になってしまうものです。

そのため、元夫が裁判で事実無根なことを言っていて、それがウソだと分かっていながらも、長く洗脳された結果、「もしかしてあたしが悪かったのかも」と感じてしまうのです。

>自分が夫のから逃れるため息子と出かけたり、カフェに行ったりしていたことは浪費だったのだ、スーパーでこれを買うのも浪費だろうか、これは母親としていけないことだったのだろうか、と常に思ってしまいます。

この部分ですね。
全然浪費でもないし、母親としていけないことでもないんですけど、自分が悪いと思い込まされているので、そう反応しちゃうわけです。

また、息子の言葉で罪悪感があふれ出したのは、そもそも息子に対してふだんから申し訳ない気持ちを抱え過ぎているからではないかと思うのです。

だから、罪悪感が復活したというよりも罪悪感に気付かされたという方が正しいでしょう。

おそらく息子はほかにもママへの愛情とか楽しかったこととかイヤなこととかいろいろとお話されてると思います。
でも、元々罪悪感が心に根付いているために、そうした言葉は印象に残らないのに、罪悪感を刺激する言葉にばっちり反応するようになるのです。

罪悪感が強ければ、自分のために時間やお金をかけることはいけないことだと思ってしまいますし、自分が幸せになることなんて許せません。

だから、裁判でも元夫の言葉に押され気味になるものですし、その罪悪感の強さ故に、元夫との癒着が切れないという矛盾も生まれやすくなります。

要するに、DVからの癒着からの罪悪感問題というのは非常に根が深いのですが、逆にそこに意識を向けていくことで心の状態を回復させることができます。

まずは何はともあれ「自分軸」です。

「私は私、元夫は元夫。私には私の人生があり、元夫とは関係ない。」

シンプルですがなかなか効果的なアファメーションになりますから、毎日何百回もつぶやいてみてください。
その際、元夫の間にぴっちり線を引くことを意識してください。

で、癒着が強いときは自分軸になることやそのアファメーションを唱えることだけでも罪悪感が出てきます。

そういうときは「根本がやれって言ったから」と思って続けてください。

そうして、自分軸が少しでも確立できるようになったら、今の自分の周りの人たちに意識を向けてみます。

癒着があるときってその対象である元夫にしか意識が向きません。

よくDVや虐待の問題で、子どもが父親から暴力を受けているのに何ら反応できない母親に批判が集まったりするのですが、その母親は常に恐怖心と罪悪感で支配されていて父親と癒着している状態ですから、周りが全く見えなくなってしまい、何も感じなくなっているのです。

今はその状況から何とか抜け出したMさんにはよくよく見れば周りに味方になってくれる人を何人が何人もいらっしゃることと思います。

そもそも逃げ出すきっかけをくれた小児科医の先生の存在は大きいですね。
また、自治体の方も支援者として見ていいのかな、と思います。

鶴の恩返しに例えられたのも、Mさんが自分を犠牲にして息子のために行動していることを指摘されたのだろうと思われます。

つまりはあなた自身のことももっと大切になさい、ということかもしれません。

弁護士先生はどうでしょうか?味方になってくれるでしょうか。
今の仕事仲間たちはどうでしょうか?

以前からの友人や実家の家族とは関係を切ってしまった状態でしょうか?
もし、まだつながれそうなら自分からつながってみてもいいかもしれません。

またカウンセリングとかは利用なさったことはありますか?
なかなか高額なカウンセリング料は払えないかもしれませんが、モニター募集をしてる弟子もいますので無料ないし安価な金額で利用できますから、その心の内を語ってみてもいいでしょう。

自分軸が確立されていくとそうして自分の味方になってくれる人たちがちゃんといることを自覚することができるようになります。

まあ、息子がそうであることは言わずもがなですけど。

voicyやYoutubeは気が向いたときに更新するのでしばらくお待たせすることもあってすいません!(苦笑)

ただ、自分軸や罪悪感などの話は参考になると思うので、繰り返し聴いていただければと思います。
たぶん、Mさんの潜在意識を書き換える効果も大きいと思うので。

ちなみにどうでもいい話ですが、以前、youtubeのライブ配信を視聴してくださってる方が「自分の問題とは関係なくてもいろんな方の相談に答えられてるのを聴くだけで、自分の問題も何とかなると思えるようになった」と報告してくれたんですね。
そういう聞き方もあるのか!と感心してしまいました。

そうして、味方の存在を感じられるようになると、これまた心に余裕が生まれます。

この辺までやってくると、元夫との癒着も少しは切れていき、客観的に裁判を見ることもできるようになります。(ちなみに裁判ですよね?調停ではないのですよね?)

「ほんと、あの人、何言ってんだろ?」くらい思えるようになれば、もっと自分の弁護士さんを信頼できるようになりますし、裁判官が公平な人であることも分かってくるでしょう。

裁判になると元夫の発言を見ても分かるように、あることないこと織り交ぜてさぞ相手が悪いように“演出”してくるものですから、ここで精神的には二次被害を受けやすくなります。

これはけっこうきついんですよね。

だから、できれば一線から引いて、弁護士さんにお任せし、自分は報告を聴くだけに留めたいところです。

そうして自分軸を取り戻し、元夫からどんどん心理的距離を取っていきます。
そして、彼がれっきとした「他人」であることを認識していくんです。

この辺までくるとおそらく好きなこともできるようになっていくんじゃないかと思います。

癒着が切れた分だけ罪悪感からも逃れられますし、「いや、あたしのせいじゃないし」と思えるようになります。

そうなるとハードワークに自分を追い込むことも減っていくでしょうし、息子の笑顔に幸せを感じられるようにもなっていくでしょう。

さて、その頃からの話を先にしておきます。

今のMさんにとって罪悪感や恐怖心が今は強い感情なのですが、これらが少しずつ収まっていくとおそらく「怒り」を感じられるようになると思います。

もちろん、元夫への怒りです。

ちなみに自分自身に対しての怒りは今もあると思いますが、残念ながらその怒りは誤解を多分に含むものなのでできればスルーしときたいところです。

元夫に対して怒りを感じられるようになったら、本格的にMさんは元夫から自立し始めています。その頃には恨み辛みや嫌悪感も強く出てくるかもしれませんし、それが男性不信や男性嫌悪という問題として出てくるかもしれません。

この段階に来られると本格的な回復期に入った証ですので、御恨み帳を量産しつつ、ご自身が抱えられてる本質的な問題を解決する段階に入ってきたと解釈ください。

そうなるとMさんのご両親やきょうだいとの関係とか、元夫以前の男関係とかに注目していくこともできますし、Mさんの才能についていよいよ向き合うことになるかと思います。

そうなると「ああ、Mさんもやっぱり筋金入りの武闘派女子ですよね」という話となり、おそらくセクシャリティが非常に強いので、それを軸に才能を開花させていく=ライフワークをデザインしていく、ということになるかと思います。

そうなると仕事やお金の問題も何とかなっていくことが多いんですけどね。

とりあえず、しばらくはパートナーシップはいらん!と思われてるかもしれませんが、良さげな男がいれば身を寄せてみるのもアリです。
ただ、痛みが強いときは癒着先が元夫から新しい男に移るだけですので、距離感にはご注意ください。

ということで、まだまだ先の話ですけれど、何となく未来が見えていると安心かと思いますので、今のところは「へえ、そうなんだ。信じられん。」と思っていただけたら幸いです。

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』

★人生を変える本質に迫るセッションを見ることができます!

◎東京/オンライン:5/14,15 問題解決のための2daysセミナー with ジュンコ~1日のみの参加も可。ずっとなんとかしたかった状況に光明を刺す~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/44504

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
DVや過干渉、支配的な関係から癒着状態にある場合、どうやって抜け出していけばよいの?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい