色々問題がありすぎてどこから手を付けたらいいのか分からない問題~母との癒着が夫を浮気に走らせる!?~



どこから手を付けたらよいか分からない状況でも、一つ一つ整理していくと何か共通項が見つかって、そのルーツをたどることができます。
今回はその結果「母との癒着が夫の浮気問題につながる」という背景までたどり着く過程をご紹介します。

根本先生、はじめまして私は再婚8年目の40歳です。

幼少期より母から自立系武闘派女子になるべく特殊訓練を受けて育ちました。

その私が、現夫の2度目の不倫という爆撃を受け、元々あるのかないのかわからない程度の自己肯定感は消滅し、夫への憎しみの炎で自分自身も燃えカスになりそうな状態です。

最初の浮気発覚は4年前、子どもの事もあり離婚はしなかったものの、ロクな話し合いもせず夫を罵り見下し暴力もふるい、冷戦へ突入した為、今回本気の不倫に至った、という『実録・再構築の失敗』という教科書みたいな経緯です。

4年前は暴れることしかできませんでしたが、今回は戦闘力も限界で根本先生のブログにたどり着き、とりあえずこれじゃイカンというところまでは理解できました。

ただ、自分なりに考えてみて私には向き合うべき事が多すぎて気が遠くなりそうです。
・悲しさや悔しさを認めず怒りで蓋をした4年前の浮気
・前夫に女性関係は無いもののお金に関する嘘や隠し事が許せず離婚したこと
・学生時代何股もかけていた元彼のトラウマ
・夫の浮気を「ヘラヘラ笑って許すな!男を甘やかすな!バカにされているんだ!」と洗脳し続ける過干渉母

私は一体、どこから手をつければいいのでしょう。

ネタにできるものかどうかわかりませんがリクエストさせていただきます。
(Yさん)

「問題だらけなんですー!もうパニックですー!!どこから手を付けたらいいのかー!!!」という叫びをちょくちょく頂きます。

私の個人セッションは事前にアンケートをお願いしているのですが、そこにいくつもテーマを書かれてくる方も珍しくありません。
Yさんももしかしたらそんなタイプかもしれません。

で、どこから手を付けたらいいのか?というのをどう見極めるか?っていうと、結論から言えば「どこからでもいいんですよね」となります。

人にはパターンというものがあって、全然別々に見える問題にも何らかの共通点があって、それゆえ、どこから入っても入り口が違うだけで行きつくところは同じってわけです。

ほら、繁華街にある風俗店って入り口が複数あるけど、中ではつながってて女の子が行き来してるなんてことあるじゃないですか!それと同じなんですよ!(聞いた話です。笑)

そういうわけで、ここからはカウンセラーによって違うと思いますが、私の場合は、それぞれのお話を聞きつつ、「ここがルーツに近いな」とか「この話をされてるときはかなり気持ちが入ってるな」などと見て「こころを掘り下げていきましょう」と提案したり、あるいは、「どの話が一番興味ありますか?」と意向を聞いたりしていくことが多いです。

で、結局のところ根っこは同じだよね~という展開を迎えることが多いです。

とはいえ、なかなか自分では気づきにくいので、一番シンプルに見るならば、その気になることの一番古い話というか関係性の古い人から入るのが無難かもしれません。

Yさんのお話で言えば「過干渉母」のエピソードですね。

このブログを通読されてる方は薄々お気づきかと思いますが、カウンセリングを進めていくと否応なく両親との子ども時代の関係に行きつくことが多いです。

だから、そういう点でもおかんの影響が意外と大きいのかもしれぬ・・・と思ってみてもまず外れはないかと思います。

幼少期よりエリート自武女になるための特殊訓練に明け暮れたわけですからなおさらですな。笑

とはいえ、そんなの歴史が深すぎるよ!いっぱいありすぎて余計に混乱するよ!ということであれば、リアルタイムで起きてる夫の不倫問題から入っても構いません。

ただ、それを一人でゴリゴリやるのもアリですが、なかなか手の届かない部分も出てくるかと思いますから、あとはカウンセラーとかにお任せするのがいいんじゃないかと思います。

ということで、このセミナーが大変お勧めです!!!笑

◎東京/オンライン:5/14,15 問題解決のための2daysセミナー with ジュンコ~1日のみの参加も可。ずっとなんとかしたかった状況に光明を刺す~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/44504

>最初の浮気発覚は4年前、子どもの事もあり離婚はしなかったものの、ロクな話し合いもせず夫を罵り見下し暴力もふるい、冷戦へ突入した為、今回本気の不倫に至った、という『実録・再構築の失敗』という教科書みたいな経緯です。

さて、なんでも「再発」というのはイヤなものでございまして、1回目で散々苦しんで懲りてるはずなのに、また同じことが繰り返されるだけでウンザリしてしまうことが多いものです。

夫の浮気問題の再発ってことをよく見ても、Yさんが夫に対して行ったことやその後の冷戦状態だったことを考えれば、「どうぞ、どうぞ、2度目の浮気もしてくださいませ」とお勧めしていたことは想像に難くありません。

何が原因で1回目の不倫に至ったのかは分かりませんが、その原因が改善されないままであれば、同じことが繰り返されるのは必然ですし、また、「この不倫はチャンスだ!」と捉えたり、「夫の不倫は我が問題でもある」という認識で自分自身と向き合ったりしなければ、どうしたって再発するものです。

なので、意外かもしれませんが、たぶん私であれば、そもそもの夫婦関係、すなわち、1回目に至った原因を突き止めて行こうとするかもしれません。

で、そこを起点にして話を掘り下げていくならば、「前夫のウソや隠し事」「何股もかけてた元カレ」という存在に「ほほー、なるほどなー」という関連性を見るでしょう。

どうやらYさん、何かしら騙されるような経験を繰り返していらっしゃるようですなあ、というわけで、そう見れば、今の夫の不倫問題ともつながりが出てきますよね。

そうすると共通点として「あたしはなぜか男に隠し事やウソを付かれて騙される女」という問題が出てきます。

こうした相手変われど起きることは似てる点を見つけると「それがYさんのパターンになってるんですよね」という風に表現します。

そして、その繰り返されるパターンがどうやら問題の本質ですぞ!と分析するんです。

さらに、なぜ、そのパターンが生まれる必要があったんだろう?というところを見ていきます。

騙されることなんて望んでないのに、なぜか相手変われど繰り返される。それはなぜゆえにじゃ?という視点で見ていくのです。

という流れになれば、やっぱりおかんの存在が浮上してくるわけで、

>夫の浮気を「ヘラヘラ笑って許すな!男を甘やかすな!バカにされているんだ!」と洗脳し続ける過干渉母

という一文にたどり着くわけです。

お母さんってどんな人なの?
なんでそんな厳しいの?
お母さんってプライドが高いの?
お父さんとかに嫌な目に遭わされたの?
ついでにお父さんってどんな人なの?

自武女としての英才教育を受けてきたYさんは多分に母親の影響を受けていらっしゃると思うのですが、それがどんな風に出てるのか?という点について詳しく話を引き出したいところです。

これはあくまで一例であり、筆者の勝手な想像ですけど、「なんで騙されるのか?」という点についての考察です。

例えば、過干渉母の薫陶を受けながら大人になると、自分軸からははるかに遠い「母軸」となっていることが想定されます。

そうすると何をするにせよ「母が第一」という方針を掲げて行動することになります。

学業よりも母優先。
友達よりも母優先。
仕事よりも母優先。
オシャレよりも母優先。
もちろん、恋人よりも母優先。

この心理状態を「まるでお母さんと結婚してるみたいだねえ」という風に表現することもあります。

つまり、心理的には「あたしのパートナーはお母さん」という状態になるわけです。

そうすると、そこで自分が作る恋人や夫はすべて「2番手以降」ということになります。

すなわち、本命彼氏だと思っている相手が心理的には愛人ポジションになるわけですね。

で、そうすると「自分が相手を2番手だと思っている」ならば、「相手も自分を2番手に扱う」ことで釣り合いが取れますよね。

それで「母と癒着してるとね、どうしたって男に浮気されたり、裏切られたりすることになるのよ」という現実が想定されるわけです。

また、おかんの教えの一つに「男を決して信用してはならない」という項目があったとしましょう。

何があったかは知らないけど、おかんもその説を大いに信仰しているわけです。

となると、娘としても男を信用せず、疑いの目で見続けます。

要するに「あんた、あたしを騙してるやろ?なんか嘘ついてるやろ?何か隠し事してるやろ?」という目で見るわけですね。

そこで彼側の立場に立ってみることにしましょう。

自分のことを疑いの目で見て一切信用してくれない相手に対してどんな思いを抱くと思いますか?

「いやあ、かわいい女やわ」と思うでしょうか?それとも「うわ、最悪。こんな奴に心許すことはできひんわ」と思うでしょうか?

そういうわけで、信用されてないことを何となく感じた人は、その相手に対して信用されないことをするのが掟となります。

すなわち、隠し事をする、ウソを付くってことをするようになります。

信用されてないんだから心を開くわけにはいかないので、結果的にそうならざるを得ません。

そうするとその娘は「ほらやっぱり!男は信用できないじゃないの!」という母の提唱する説を証明し、さらに信じ込むことになりますね。

まあ「信用してない相手から信用されるわけねえよな」とか「相手を疑ってたら、その疑いは現実化するよな」ってことなんですけどね。

Yさんの場合はどうか分かりませんが、仮にこのような背景が浮かび上がってくるならば、いわゆる「ラスボスおかん問題」としてがっつり向き合う必要があります。

すなわち、母を手放すとか、癒着を切るとか、自分軸を確立するとか、母よりも夫を選ぶとか、母によって抑圧されてきたエネルギーを解放するとか、いろいろと手立てはあります。

そうして、おかん教から見事脱会して自分軸で生きられるようになっていくと、それが旦那さんとの関係改善にも結び付くわけです。ま、何より生きやすくなりますわな。

というわけで、表に出てるいくつかの問題をたどっていくと、その奥には何らかの共通項を見て取ることができ、そこを改善していけば、表の問題も解決していくよね?というお話でした。

このセミナーではそんな話がいっぱい聞けると思うので、自分の話をする勇気がない方やそうした人の心理を学びたい方にもお勧めなのです。

◎東京/オンライン:5/14,15 問題解決のための2daysセミナー with ジュンコ~1日のみの参加も可。ずっとなんとかしたかった状況に光明を刺す~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/44504

★執着を手放すワークが満載の本&セミナー動画

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』
*セミナー動画/DVD:「自立系武闘派女子のための恋愛講座~過去の恋を清算する、棚卸しと手放しセッション!~」
*セミナーDVD『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
母と癒着するとパートナーが浮気に走る!?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『母と癒着するとパートナーが浮気に走る!?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい