いい子で優等生で頑張り屋で器の大きい人は頼られるだけ頼られて損したと感じることが多くなる!?



人から相談されたり、頼られたりして、それに応えるのはうれしいんだけど、元気になった途端、自分からすーっと離れていく、なんか寂しいし、虚しいし、悲しい・・・って経験したことありませんか?
自分の長所が諸刃の剣になりやすいので、やはり自分軸が非常にカギになることろです。

根本先生いつもブログ、YouTube楽しみにしております!

先日の恋の棚卸し講座に参加したのですが、改めて見ると、私ろくな恋していないな~と思いました。

自己嫌悪克服講座に参加していた私は、まぁ仕方ない、それが私だから!と華麗に?スルー(笑)できたのですが、(←これスルーしないで向き合うほうが今後のため??)思春期(小中高)の友人関係にひっかかりを覚えました。

というのも、小学校~高校まで仲の良かった子が不登校やいじめられっ子の割合が多かったからです。

特に小学校、中学校では先生から「○○ちゃんをよろしくね」と託されていました。

本音では私も一緒に居たくないなぁと思いながら一緒に居た子もいましたが、基本的には仲良く、彼女たちに対して私ができることはないかな?と思案していました。

でも結局、彼女たちにこちらが何か声をかけたところでサポートにもならず、いつの間にか転校していたり、他の場所で元気に過ごしていたり、彼氏ができたら私そっちのけになったり……

「え?私仲良かったんじゃなかったっけ?私一緒に居る意味なかったかな。結局私ががんばっても彼女たちは自分でなんとかするのね~(でも悲しいなぁ)」と悟りました。

今でも私のところには、「甘えたい癒してほしい」という男性や「職場の愚痴聞いて」という男性、相談事を持ってくる男性(女性も)が年齢関係なくたくさん寄ってきます。

思春期及び今でもこのような友人や同僚が多いのは、類は友を呼ぶの通り私も彼女たちと同じ傾向にあったからでしょうか?

それとも私の器がでかいからでしょうか?

(以前根本先生のセッションで器がでかくて溺れてるね~と言われました(笑))

ちなみに長女で頑張り屋(自覚なし)優等生(自覚なし)感受性が強いです。独り占め欲求もあります。

人のためになるのは嬉しいのですが、なんだか自分だけすっきりして結局私から離れていかれることに寂しさを感じます。

今はありのままの自分を受け入れようとしたり、好きなことをしたり、自分の気持ちを大切に生きようとしています。

そのためなのな、今はがんばれず弱くなっています。すぐ感情が噴出します(笑)
だから寂しいと思うんですかね。

ブログで取り扱ってもらえると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!
(Sさん)

「ああああ、これ、あたしーーーー!!!!」と画面を見ながら叫んでる女子がおそらく10万人(推定)ほどいらっしゃると思うんですけど(思い切りサバ読みましたー)、長女で頑張り屋で優等生をやってた方は少なからず経験があるんじゃないかと思う話です。

しかし、Sさん文章上手です。分かりやすいですね。

先生から「あの子、よろしくね」と頼まれるってことは、大人から見ればSさんは信頼のおける子で、Sさんに任せておけば安心と思われているってことですね。

それは十分、魅力であり、価値であり、強みであるのですが、そうして押し付けられるSさんとしてはあまり長所とは思えないところがあるかもしれません。

人って自分の魅力にはとことん無頓着ですからね。(みんなのことだよー!)

責任感が強く、周りからの人望が厚いって言うと長所じゃないですか。めっちゃ強みじゃないですか。

けど、そういう人は周りから重たい仕事、めんどくさい人間関係などを押し付けられることになり、その責任感の強さから、その仕事を何とかやりこなし、人間関係も円滑にまとめてさらに人望を厚くするんですね。

けど、その成果によって周りから「あいつに任せれば安心」と思われるので、さらに重たい仕事、めんどくさい人間関係がやってくるわけですが、そこも無下にできない性質なので、そこでまた頑張って成果を上げて、それでまた重たい仕事・・・という風になっていきます。

今、まさに、自分が、そうだ!!!!という人、はい、手を挙げて。笑

長所や強みって諸刃の剣でして、時にそれが自分の首を締めることにもなるんですね。

これで逆に苦労してたくさんの荷物を抱え込んでいる人、少なくないんじゃないでしょうか?

そんな方のための話です。

>人のためになるのは嬉しいのですが、なんだか自分だけすっきりして結局私から離れていかれることに寂しさを感じます。

まあ、一生懸命相手のことを考えて、あれこれしてあげて、それで自分で勝手にすっきりして、自分から離れていって幸せになるなんてさー、ほんま、ズルいっていうか、ムカつくっていうか、あたしの存在って何なのよ!都合よく扱わないでよ!ほんまイヤやわ!と愚痴の一つでもこぼしたくなると思いますけど、Sさん、ちゃんと愚痴こぼしてます?

この「あたしって何なのよ!」という思い、誰かのために一生懸命になっちゃう人は少なからず経験されてるんじゃないでしょうか?

つまり、自分が与えたものに対して十分な見返りが得られてない!と感じてるわけです。(イヤかもしれないけれど、これは認めましょう。)

要するに、1万円払ったのに、3000円分の商品しかもらってない!!なんでやねん!!というわけです。

まあ、そりゃそうだわね。そりゃあ、クレームだよね。(そう言えば、昔は福袋でそんな事件が多発してましたよね?覚えてます?覚えてる人はけっこうな年・・・(以下検閲削除))

こんだけ一生懸命やったんだから、ちゃんと○○ちょうだいよ!!というわけですが、一般的にこれを「承認欲求」と言います。

だから、Sさんの元を勝手に去って行った不登校生も最後にSさんの手を握りしめて涙ながらに「ほんまSさんのお陰っス。Sさんがいてくれたおかげでここまで来れました。感謝しても感謝しきれないほどっス。」と頭を下げてくれたら「まあよいよい」となるわけですよね?ね?ね?

あるいは、その不登校生を押し付けた先生が「Sさん。さすがやわ。めっちゃすごいわ。あの子の相手をちゃんとしてくれてほんまありがとう!お礼に内申点、だいぶサービスしとくわ!」なんて言ってくれたらいいんですよね?ね?ね?

でもまあ、現実的にはそんな涙ながらに頭下げるキャラなのか?とか、忙しい先生がわざわざそんなことを言ってくれるか?(たぶん、内申点は言わずともサービスしてくれてるよね)ってこともあるんです。

まあ、頑張った分だけの報酬は欲しいよね~と思うのが人なので、こう思っちゃうことは自然なんですよね。だから、全然気にしないほうがいいと思います。

で、ここまで「分かる分かるー。ほんまそれ。あるあるそういうこと!」と思われた方にぜひおすすめしたい解決方法があるんです。

それは「お金をとって愚痴を聞いたり、相談に答えたりすればいいじゃない!」ということです。

つまり、カウンセラーになったらいいんじゃない?という話ね。Sさんにもそんな話、しましたっけ?

まあ、「甘えたい。癒してほしい。」という男子のために、メンエス嬢になる手もありますが(ちなみにうちのお弟子は現役or元メンエス嬢も多い)。

でも、Sさんみたいな人は元々善意で人助けをしてきたので、そこにお金が発生することに抵抗があるかもしれませんけどね。

とはいえ、大人になっても相談事を持ち込まれたり、甘えたいだのほざく男子が現れたりするってことはカウンセラーとしての素質は十分あるので、どうせならそれを職業にした方がもっと力になれる人は増えるんじゃない?と思うんですけどどうでしょうか?

つまり、その承認欲求を「お金」という形で受け取ればいいんじゃね?と思うんです。

あるいはそれを「仕事」とすることで、もっとたくさんの方の相談にお応えできるんじゃない?と思うんです。

だって、これだけその役割をこなすってさ、嫌いじゃないんだもんね。そうして人の役に立とうとすること、人に与えること。

だから、いっそのことカウンセラーになったらその問題は一瞬で解決すると思うんですけどどうでしょうか?ほら、根本さんはお弟子さん制度とかやってるし!(でも、次いつやるかは未定なんだな、これが・・・)

ということで、話題は「Sさんって受け取り下手だもんね」というテーマに移ります。

人のためにあれこれしてあげるのが好きな方はどういうわけか受け取ることが苦手です。

先生から頼まれたり、老若男女構わず相談事を持ち込まれるSさんは当然ながら器もデカいし、信頼にあたる人物で、かつ、それだけの力がある人は、与えることを期待されると同時に、本人も与えることが好きなので、与えることばかりを考え、実践します。

だから、たくさんの人に喜ばれているし、感謝もしてもらっているのですが、その思いが届くころには次の人に与えてるので、全然受け取れないんですね。

まあ、そもそも与えることが好きな人は、受け取ることに気が回らず、いざ与えてもらっても恥ずかしくて受け取れなかったり、気づかなかったりするもんですけどね。

たぶん、今までSさんが関わってきた人もすべてではないかもしれませんが、みんな感謝してると思いますよ。

カウンセラーなんてその最たるものですが、問題が起きてしんどいときって周りは見えずにどうしても自己中になっています。そんなときに自分を支えてくれる人ってすごくありがたいのですが、相手に感謝するところまで気が回らないんですね。

それで元気になればその苦しみは思い出したくもないからさっさと蓋をして忘れちゃうんですけど、そのとき自分を支えてくれた人も一緒に蓋をしちゃうこともあるんですよね。

そこまでじゃなくても、元気になったらなったで自分に関わってくれた人から距離を置くのは自然と言えば自然なんです。

恋愛でもありますよね。

傷ついた男を優しく癒してあげて元気になったと思ったら、さっさと違う女のところに行きよった、みたいなこと。

そういう女子のことを私は「砂漠の中のオアシス女」と名付けてるんですけどね。

でも、ちゃんと与えたことはその人の心の中に残るし、感謝の念はあるんです。

何かあったらまたあのオアシスに行こうと思ってくれてるんです。

私なんかも、5年前にカウンセリングしてた方からお礼のメッセージを頂くなんてこともよくあるんです。

たいがい「たぶん、根本先生はもう覚えてらっしゃらないと思うんですけど・・・」という正鵠を突く書き出しから始まるのでドキッとするんですけどね(そして、実際に覚えてないことも多い!すいません!申し訳ありません!記憶力がもうアレなんです!)。

そのときは「ああ、僕のことを5年経っても覚えてくれてたんだー。すごいー。ありがたいー。」と思うんです。

だから、Sさんが与えたこと、ちゃんと覚えてくれる人もいます。感謝してくれる人もいます。それを“知っておいて”ください。

無駄なことをしてるわけじゃないです。ちゃんと喜ばれてます。
「私の人生で、あんな風に私に関わってくれた人はいない」とか思われてると思います。

そこを「信頼」したいところですね。

器がデカく、いい子で優等生で頑張り屋で責任感が強く、周りから信頼される上に、感受性が強い方は与えることがめちゃくちゃ上手です。人の気持ちも当然ながら分かります。

だから、極上のサービスを提供することができます。

その才能は子どもの頃から発揮されます。

その才能がゆえに、周りの人はあなたに頼ろうとします。甘えようとします。

そして、あなたはそれに一生懸命応えるのですが、残念ながら中にはあなたを「利用」したり、あなたのエネルギーを「奪う」人も現れます。

さらに、人は感謝してもそれを素直に表す人ばかりではありません。中には助けてもらったことを恥ずかしく思ったり、黒歴史として封印しようとしたりする人もいます。

だから、十分な返礼が届かないばかりか、ドッと疲れたり、虚しくなったり、惨めになったり、悲しかったり、寂しかったりすることもあるでしょう。

けれど、自分がしたことに間違いはないし、価値はめちゃくちゃあるし、その相手だって少なからず感謝を持っていると信頼します。

ネガティブな思いが出てくるのは、そこを信頼しきれていないのかもしれません。

つまり、見返りをどこかで求めてしまっているのかもしれません。

だから、いっそのこと、それを仕事にしてみてはいかがですか?というのが一つの提案です。

それと同時に、もっと受け取ってみませんか?というテーマがあります。

与えることが好きな人は与えることばかり考えているので、時にサービス過剰になります。
与えていることに対して虚しくなったり、意味を感じなくなったり、疲れたりするのであれば、それは明らかにサービス過剰なんですね。

だから、そこはもう少し量を加減した方がいいかもしれません。

そのためには「自分軸」がすごく重要。与えたいがゆえに「相手軸」になってしまってませんか?

ちゃんと自分の心の声を聞いて、自分が今、与えられるだけの量を与えることにしましょう。

相手のためと言って自分を苦しめることに意味はありません。

そうして自分軸をもっと意識すると、純粋に与えることに喜びを感じられるレベルに調整できるようになります。

見返りを求めることは「与える」とは言いません。

もし、与えてるつもりで疲れてしまうのであれば、それは「犠牲」です。

つまり、頑張り過ぎなんですよね。

だから、「今、自分ができること」に意識を向けるのが、ものすごく大事なのです。

さて、今のSさんの話。

>今はありのままの自分を受け入れようとしたり、好きなことをしたり、自分の気持ちを大切に生きようとしています。

>そのためなのな、今はがんばれず弱くなっています。すぐ感情が噴出します(笑)

これって順調な証拠なんですよねー。

どれくらい今まで頑張ってきたかよく分かりますよねー。

そして、本来は情熱の女であることも思い出しましたか?

たぶん、今までは外に意識が向きすぎていたのかもしれませんし、自分よりも他人を優先してしまっていたのかもしれません。

なので、もう少し弱ってください。笑

そしたら、自分が本当に与えたいものが何かが分かってきますし、サービス過剰にならずに量をコントロールできるようになるでしょう。

なので、今のSさんは「鬼畜生」を目指し、「もっとわがままに」生きることを自分に許してあげてくださいませ。

そうすると恋のパターンも変わっていくと思うんですが!

っていうか、そろそろ自分が人に頼り、甘える頃かもしれませんけど、それについてはどうですか?笑

※このところネタが枯渇してきておりますので、似たような話だしーとか思わずにネタを送っていただくと今なら早く採用されますよ!(でも、すべてのネタに回答できるわけじゃないのでその点はご了承ください!)

★まさにそんな方のための講座!本日15時締切だけど!でも、そのうち動画になるから待っててね!

◎11/27(土)13:00-16:00 鎧を脱いでありのままの自分を愛するワークショップ~素の自分とつながり、素の自分を愛する3時間~(1週間アーカイブ配信あり)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/42383

★そんな人のために頑張りすぎてしまう人のための本と動画

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

講演会「人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本」出版記念講演会

>新書版『なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?』(フォレスト出版)

「敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法」(フォレスト出版)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定
★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい