動けない女。~素直な心に従って生きることを学び中ゆえ~



女に限りませんが、「動かなきゃいけないのに動けない」という思いを抱いてる皆さんへ、トドメの一発を放ちたく。
そりゃあ、動けないよね!という話を展開したのちに、素直な心に従って生きると感謝と幸せがやってきて「動きたくなる」という話です。

「動かなきゃいけないんですけど動けないんですよね」
「分かっているのに動こうとしない自分がいてすごく嫌なんです」

パートナーシップでもお仕事でもそんなお話を伺うことがたいへん多い私です。
もちろん、それに対してスーパーカウンセラーと本の帯でイジられる私は権威を持って
「まあ、動きたくないんやからしゃあないんちゃう?」
と言って思い切り脛を蹴られるんですけどね。はい。痛いです。これからはレガースを装着して個人セッションに挑もうと思います!

「動けないなら動けないなりの理由があるわけでー、しゃあないよねー」と思うのですが、彼女たちはその回答に納得しないようで、「でも!でもね!でもですね!」とbut3連発を食らわしてくるわけです。

婚期を逃しちゃうじゃないですか!
いい加減ひとりでいるのも寂しいんです!
そろそろ動かないと貯金が尽きるんです!
もう答えを出さないと相手にも悪いんです!
いつまでもこの状態じゃさすがにヤバいんです!
等々。

その理由は流ちょうに大量に出てきます。

ちなみに「待つ女」族の皆様は大変よく分かる気持ちだと思います。

「まあ、あんたは姫だからねえ。自分から動くなんて姫のすることちゃうと思ってるんよね、たぶん。周りの人間が舞台設えてくれるのを待ってるんちゃう?」などというと再び脛を蹴られるんですけど・・・。

あまりに脛が痛いのでその辺からちゃんと話をしていくんですけど、、、でも、今日のお話は「動けない私が動けるようになる」って流れじゃないと思うのでそっち方面ではあんまり期待しないでね。

まず・・・「動きたい」んじゃなくて「動かなきゃいけない」と思っているところに目を付けるんです。

「~しなきゃいけない」ってのは基本的に「したくないことを頑張るときに思うこと」なので、「動かなきゃいけないんですけど」というのは「動きたくない」ときに出てくるものなんですね。

でも、動かないとヤバい理由があって、それで「動かなきゃいけない」と思うようになるんです。

だから、シンプルに考えれば「動きたくないんだから動けなくても当然ちゃう?」と思うんですけど、それだと60分のカウンセリングが即終了になって脛蹴りだけじゃなく、みぞおちにも一発入れられそうなので心の中でひそかに思っているものです。

でも、そこで「なんで動かなきゃいけないのか?」と思えば、上記のように様々な理由が出てくるのですが、それって「頭で考えたモノ」だったり、「他の人と比較したこと」だったり、「世間的な常識を鑑みてのこと」だったり、「親や周りの人などの他人軸的思考」だったりするのですよね。

つまり、内側から湧いて出てくるような情熱的なものではなく、思考的に捉えられた「正論」なのですね。

「正論」なんで正しいわけです。

「だってもういい年なのに結婚してないっておかしいじゃないですか」
「ふつうの人はちゃんと働いてるのに1年も何もしてないってダメですよね?」

そう言われたらぐうの音も出ねえわけです。

そうすると「動きたくないって思ってる私ってわがままなだけ。自分勝手なだけ。まだまだ子どもなだけ。怠け者なだけ。要するにダメな人間なのよ!」という自己嫌悪が猛烈に出てくるんです。

そのとき何が起きてるか?っていうと、

感情:動きたくねぇよ。ってか、動かなくてもいいんちゃう?
思考:動かなければヤバいっす。マジで世間に笑われるっす。

という喧嘩が起きてるんですね。しかし、人は感情の動物であり、思考だけで行動するのってほとんどの人は難しいし、ましてや情熱系女子は熱く燃える生き物ですから感情が動かないのに行動するなんて「エンジンが壊れた車は動かない」くらい常識的なことなんですけどね。

そうすると「じゃあ、どうしたら情熱が湧いてくるんですか?動かなきゃやばいので感情をどうしたら動かせるんですか?」って話になるんですよね。
けど、スイッチ一つで感情が動いたらいいんですけど、そういうわけにはいかないんですよね。

※ちなみにこういう方に「好きなこと、楽しいこと、面白いこと、いっぱい笑えることをしようよ!」と提案するのは、感情を動かす目的でもあるんですよ。

そもそも感情が動かないってことは、婚活だの妊活だの就活だの離婚だの引っ越しだのに対してそこまで「興味がない私」がいるんですよ。

頭では「動かなきゃ!」と思っていても、正直、そこまでそれに興味がない自分がいるんですよ。まずは、そこを認めなきゃいけないんです。

頭で考えた通りに感情を動かすってのはコントロールですし、思考が感情をコントロールできるならみんなダイエットに成功するし、貯金もできるし、浮気もしないし、ちゃんとした生活を送れるんです。

だから「頭で考えて動かなきゃと思っても、心がその気じゃなきゃ動けない」という自然の法則をちゃんと理解しなきゃいけないのですね。

丁寧にカウンセリングをする場合は、そうした「動けない理由」を精査していきます。

「彼氏が欲しいって散々言ってるけど行動起こせないのはなぜ?もし彼氏なんていらない!と思っているとしたらなぜ?」という風に。

一方、そっち方面のカウンセリングに飽きてたり、それじゃあ遠回りだなあ、と思ったりしてる場合は、ちょっと違う話をします。

「認めたくないと思うけどさ、実は今でけっこう満たされてるんよね」と。

例えば、今仕事してなくて貯金を切り崩して生活しているとするじゃない?
このままだったらいつか貯金も尽きるから動かなきゃいけないと思うんだけど、でも、なんだかんだ今の生活が快適だから動けないわけじゃない?
でも、頭で考えたらもうヤバい!と思うのだけど、今すぐそこに迫ってる危機じゃないよね?
だって今日も明日も、そして、来月だって家賃光熱費携帯代払えるし、ご飯も食べられる見込み立ってるもん。
いつかはなくなるけれど、まだ大丈夫と思っている自分がいるわけ。
これがいよいよ来月の家賃が払えなくなる!とかなったら、「動きたくないー」とか言ってるヒマないから、何でもいいから働くよね?お金作ろうとするよね?
つまり、そこまで追い詰められたら人ってどうしたって動くわけですよ。逆に言えば、そこまで切迫感がないから動けないとも言えるわけ。
そして何より、今の生活が楽しくて快適で満たされてるんよ。
お腹いっぱいのときにラーメン食いたいとか思わないじゃん?
だから、動けないんよね。ほんと。

例えば、男が欲しいからなんか動かなきゃ!って思うわけじゃん?
けど、今の生活で男がいなくて困ってることって何がある?
仕事も順調で、友達もいて、一人暮らしの生活も楽しいし、趣味も充実してるじゃん?
困るのってセックスの相手に不足してるくらいだけど、そこまで枯渇してないってことでしょう?
彼氏がいなくて寂しいのは寂しいけれど、でも、死んでしまいそうな寂しさじゃないってことでしょう?
ってことは、今の生活に満たされてるから、ナンボ頭で動かなきゃって思っても動けないのは当たり前じゃね?

ほんとに欲しければ、ほんとうにヤバければ人ってどうしたって動くんです。動きたくなくても動かざるを得なくて。

でも、「実は今の生活がけっこう気に入っている」としたら、その生活を崩してでも動く意味ってあると思います???

それこそ「理想主義」や「正解主義」に陥っていて「べき・ねば」の世界にとらわれているんじゃないの?と思うのです。

しかも、「自分を責めたいがゆえにその理由を作り出してる」とも考えられちゃうわけです。
「婚活なんてする気がないのに、自分を責めたいから『婚活するべし!』と思っている」みたいな感じ。ほんとひどい自分いじめだよねー。なんでそんなにも自分のことを嫌うの?と思っちゃうくらいに。

だから「今は今で満たされてるんだー。だから動かないんだー。そうか、そらそうだよなあ」とそれを受け入れることをお勧めしてます。

今の日常が100点ではないにせよ、かなりの満足度をたたき出してることを自覚するんです。

それが受け入れられる(腑に落ちる)と「動かなきゃ」という気持ちがなくなります。
自分を責める気持ちも薄くなるので、自己肯定感が自然とあがっていきます。

そうすると今の生活に感謝の思いが出てくるようになります。自然に。

ありがたいなあ、と。

貯金で生活できるのは過去の自分の頑張りのおかげなわけで、その自分に感謝ができます。
今の会社や友達や家や趣味仲間たちにも自然と感謝の思いが出てきます。

ありがてぇなあ、と。

「今満たされていることを知ると感謝の思いが自然と出てくる」のです。

そしたら、ますます地に足が着いた生活ができるようになり、精神的にもかなり落ち着いていきます。

で、そこからです。

「しなきゃ」でなく「したい」が出てくるのは。
思考ではなく、情熱が動き出すのは。

そうすると「なんかしてえなあ」とか「なんか刺激が欲しいなあ」とか「なんか面白いことしたいなあ」という気持ちが出てくるのです。

ただ、それが当初頭で考えていたこととは違う場合もあります。

例えば、あるクライアントさんは「男がいねえ、男が欲しい」と散々訴えておられたのですが、このプロセスを経て「今の自分ってけっこう楽しい」と思えるようになって、「そろそろ動き出したい!なにしようか?」と思うようになったら、ソッコー自然の多いところに移住してました。笑

「元々根本さんとこに行ったきっかけは彼氏欲しいのにできないでしたけど、気が付けば自然の中で土いじりしてて仲間もできて超楽しいっす」とおっしゃってました。

こういうのって「心に従って生きる」ということで、そもそも情熱系な方々は感情の力が圧倒的に強いわけだから、頭で考えることなんてほとんど意味がないのです。

「幸せだったらそれが一番いいやん」と常々言ってるんですけど、そうして感謝してヤリたいことヤって幸せを感じていたら、人やモノとの出会いもどんどんいいものになっていきます。

つまり、「必要なら動き出すし、必要なら男も現れるし、必要なら仕事もやってくるし、大丈夫なんだよ。もっと自分を信じなよ」ということを今日はお伝えしたいと思うのです。

★ということで、情熱に訴える質問をたくさん用意してお待ちしております。

東京/オンライン:3/28(日)14:00-17:00 やりたいことが分からない!を解決するための質問攻めワークショップ。
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/39573


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
 『わかっているのに行動できないのはなぜ?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『わかっているのに行動できないのはなぜ?

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい