自分が放っているエネルギーで世界は創られている~あなたは今、どんな世界に住んでいる?~



怖れを放っている人にとって、世の中は怖いところになるでしょう。
愛を放っている人にとって、人々は優しく、輝いていて、助け合うでしょう。
怒りを放っている人にって、世界は常に争いが絶えないところになるでしょう。

自分が放っているエネルギーによって、世界は創られているのです。なんせ、すべて投影ですから。

根本先生

はじめまして。
根本先生の本やブログに出会い、自分に似ている方への教えにいつも感銘を受け、救われている毎日です。

さて、とても苦しいことがあり、初めてで緊張しながらもメールをさせていただきました。

私は小学校の先生をしています。2年前に布団から起き上がらなくなり、3ヶ月休養したことがあります。
これまで10年間、辛くて辛くて、やめたいと思いながらも、心の中では実は辞めたくないのか今も続けています。

どうしても辛いことがあります。
私は子どもたちの前に立つと、全員に真剣に話を聞いてもらっていないこと、自分に注意を引きつけることができないことで自分を否定してしまい、理屈より何より古傷が痛み、自動的に自己否定、自己嫌悪にとらわれてしまいます。
他にも子どもに話しかけるにしても、「あの先生の方がいいよね、面白いし愛があるし。」とこれまた自動的に自分を卑下する感覚でいっぱいになり、案の定子どもから「あの先生の方がよかった。」と言われることもあり傷つきます。
一時期は、あいさつが返ってこないだけですごく苦しく、「やっぱり私はダメなんだ。」を繰り返し味わっていました。

私は過干渉&無視の母と「役立たず」等暴言を言う父に育てられました。
本当は子どもを思い、悩みにも耳を傾けて支えられる存在になりたいと思っています。
しかし、カウンセリングに通ったり色々な方のブログを長年読み漁り、少しずついい方向に向かっています。
最近はライトワークに出会いたく、火に対して言いようもないワクワクを感じ、(危ない人じゃないんですが)キャンプや暖炉など、趣味の方向性も見えてきました。

私生活が安定してきたために、余計仕事で苦しい気持ちになりたくない気持ちが増してきました。

落語を見ていて、観客を悪者にしてしまう方もいれば、同じ観客でも一瞬で良い人の集まりにしてしまう達人もいて、その辺りの仕組みも知りたいです。

根本先生に読んでいただけると思うだけでドキドキしますが、ネタにしていただけたら嬉しいです。
(Nさん)

火はいいですよねえ・・・(遠い目)
ほんと、火はいいですよねえ・・・(ますます遠い目)
うちの近所に焚火ができる公園があるんですが(ものすごく貴重ですよね!)、今はNGなんですよね。早く火を眺めに行きたいところです。

で、ライトワークって書かれているのですが、それはライフワークの間違い?
ライトワーク(光の仕事)というのもありまして、どっちの意味かなあ、と思いまして。

ま、どっちでもいいんですが・・・。

さて、小学校の先生というのはものすごく大変なお仕事だと思います。
学校の先生って、私からするとただひたすら尊敬しかないんですよね。

で、Nさんはもうお気づきかと思いますけれど、

(1)過干渉な母&暴言な父の元で自己否定が満載の顔色をうかがう子に育つ。

(2)常に自分はだめだ、不十分だ、イケてない、という自己評価を持つ

(3)子供たちの行動がいちいち自分を否定しているように見える

という算段活用が見事に適用されているわけですね。

実際のところ「N先生でよかったー!」という声もあったかと思うんです。でも、その声が10人から聞こえてきても、その他一人がぼそっと小声でつぶやいた「前の先生の方がよかった」という言葉の方を重視してしまうところ、ありませんか?

そもそも10人に言われてることも全然気づいていないかもしれません。

私からすると「子どもが真剣に話を聞く」なんてことは、自分が好きなアニメかゲームの話のときだけで、「子どもたち全員が真剣に話を聞く」なんてことは、それぞれ興味が違う世界に生きてる昨今では奇跡に近いものがあると思うのですけど、いかがでしょうか?

「すべての道は自己嫌悪に通ず」という言葉をかつての私はよく使っていたんですけれど、自己否定、自己嫌悪が強いと、風が吹いても、雨が降っても、道端の石にコケても、全部「わたしのせいだ、あたしがわるい」と思えてしまう特徴があります。

つまり、

>一時期は、あいさつが返ってこないだけですごく苦しく、「やっぱり私はダメなんだ。」を繰り返し味わっていました。

という風に感じると思うんですけど、実は逆で「私はダメなんだ」という結論があって、その結論を導き出す事象を拾い集めている、というのが現実なんですな。

だから、その「私はダメなんだ」という前提を変えることをいつも提唱しています。

「私は愛されてる」という前提に立てば、子どもたちの態度も全部「うふふ。あたしってやっぱり愛されてるわ」と感じられるようになるものです。

これはさらっと書いちまいましたが、けっこう重要な話なので、ぜひ覚えておいてください。

じゃあ、自分はどんな前提を持ちたいのか?ということで、「私は愛されてる!」ならば、それを何らかの形で潜在意識にインストールしてあげればいいんですよね。

でも、ここが不思議なところで、その捨てたいはずの前提に私たちは執着してしまうことがあるんです。

「ええー!そんな簡単に変わらないよ」
→(意訳)「そんな簡単に自分を変えるつもりはないですー。」

「今までずっと自己嫌悪してきたのに、そんなことできるんですか?」
→(意訳)「今までの自分に愛着があるので、変える気はないんですよー!」

まあ、そうなんですよね。

自己否定する自分に慣れてるんです。
だから、自己否定しない自分に憧れはあるのですが、どんな世界か分からないので、変化することに躊躇するんです。
だから、少しずつ、ちょっとずつ変化したいと思います。
そのためにいろいろとブレーキをかけてしまうのです。

でもまあ、誰しもそんなもんなんで気にしないでください。そんなパーっと変われる奴なんて変態だと思っていてください。

それで、私はコツコツと自己肯定感をあげるってことをそれで推奨するわけですな。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)
動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」

で、そういう中で、どういう人生を選ぶのか?というのはNさんの自由です。

>私生活が安定してきたために、余計仕事で苦しい気持ちになりたくない気持ちが増してきました。

という風に感じるのであれば、

(1)違う仕事を見つける
(2)仕事で苦しくならないようにする

という方法などが浮かぶと思います。

はっきり言ってどっちでもいいですし、ほかの方法でもいいんですけれど、その問題を「まあ、何とかなるんちゃう?」と捉えられるかどうかです。

起き上がれられなくなって休養しなきゃいけない状態になるってことは、やっぱり今の仕事の仕方って向いてないと思うんですよねー。
それは「小学校の先生」が向いていないのではなく、そのシステムが向いていないのだと思うんですね。
学校のシステム、先生というシステム、授業というシステム。
だから、自分に合う場所を探してみるのもアリだと思います。

※公立の先生だったら異動は難しいところかもしれませんけど、民間の学校だったり、塾だったり、ほかにもいろんな選択肢があるのかもしれません。

どちらにせよ、自己否定の癖をマシにしていくのがおすすめですけどね。

さて、その上で、

>落語を見ていて、観客を悪者にしてしまう方もいれば、同じ観客でも一瞬で良い人の集まりにしてしまう達人もいて、その辺りの仕組みも知りたいです。

という話なのですが、落語の世界についてはよく分からないのですが、演者が場の空気を作ることはよくある話で、私たちの世界でもそれはよく言われることです。

簡単に言ってしまえば「演者がどんな空気(エネルギー)を放っているか?」です。

愛を放っているのか、怖れを放っているのか、怒りを放っているのか、喜びを放っているのか・・・自分がどんなエネルギーを放っているか?なのです。

それは引き寄せの法則にもつながってくるところですが、すでにお話ししたように「自己否定」のエネルギーを放っていれば、「自己否定するできごと」を上手に見つけてきます(引き寄せてきます)。

怒りを放っていれば、その怒りをより増幅させるようなできごとを見つけます。
愛を放っていれば、その愛をより感じさせてくれるできごとに出会います。

よく「自己肯定感が高い人は人気者になる」って話をします。
自己肯定感が高い人は、自己攻撃がないので、周りの人を攻撃することもありません。(他者攻撃は自己攻撃の投影ですからね)
だから、その人のそばには安心していられるんですね。
それで、みんなその人に会いたがるわけです。

つまり、自分がどんなエネルギーを放っているかで、あなたの住む世界は創られていると言えるのです。

怖れを放っている人にとって、世の中は怖いところになるでしょう。
愛を放っている人にとって、人々は優しく、輝いていて、助け合うでしょう。
怒りを放っている人にって、世界は常に争いが絶えないところになるでしょう。

あなたがどんなエネルギーを放っているのかは、逆にそうして知ることもできるのです。

【ちょっとワークをしてみましょう】

だから自分がどんなエネルギーを放ちたいのか?を想像してみてください。

愛を放っている自分。
喜びを放っている自分。
楽しみや笑顔を放っている自分。

分かりやすく、そのエネルギーに色を付けてみるといいでしょう。

そして、そのエネルギーを放っている自分を想像してみます。

・・・まあ、これを続けるだけでもほんと自分を変えることはできるんですよ!ほんとに!

そして、一番自分らしいエネルギーは自分が好きなことをやっているときに放たれています。

火を見てるときのNさんはどんなエネルギーを放っているんでしょうね??

それが私なんだー!と気付いていただければ幸いです。


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
自分が放ったエネルギーで世界は創られている
 
★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
https://youtu.be/00kGMNmJ-Sw
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい