お金がなくてセミナーに行けない私はどうしたらいいのでしょう?


「お金」という呪縛を解き放つには、意識を変えていくことがお勧めです。
「お金」を行動の理由にしないために、イメージワークや実践方法をお伝えしています。

根本さんこんにちは。セミナーに行きたくて申し込んでいますがまだ1度しか行けていません。
今日はこのことで質問です。ネタにしていただければ幸いです。
セミナーに行きたいのですが、お金が高くて行けません。
日々ブログを拝見していて申し込みたいと思いますが金額を見て固まります。子が小さく私は無収入、夫の稼ぎ22万円で暮らしています。
訳あって自分の貯金はありません。心理学的に「本気で行きたいと思ってないから」なんだというのは理解できます。
でも2万のセミナーに行く理由を夫に説明しても納得してもらえません。宗教か自己啓発セミナーと勘違いされ反対されました。
でも夫に黙って行く金も時間もありません。こういう私はどうしたらよいのでしょうか。武闘派のお姉さま方にはふがいない、情けないと叱られそうですが、私だって働けるなら働いて自分の金でセミナーに行きたいです。
(Mさん)

セミナーに行きたい!という思いをぜひ持ち続けてみてください。
いつか叶ったときに感動が待っています。

今、できないことというのは、未来にできる可能性を残しているということで、まだまだ人生には楽しみや喜びやワクワクや感動があるんだなあ、ということを教えてくれるんですよね。

だから、「今行けない」という視点から「いつか必ず!行ったるで~!」という思いを持つことで、必ずしも凹む必要はないんですよね。

私も長年こういうお仕事をしていますと、「やっと来ることができました!」と笑顔を見せてくれる方もちょくちょくいらっしゃいまして、私も感動を分けてもらっています。
その、思い、すごいなあ・・・と逆に尊敬してしまうほどでした。

お金がなくてセミナーに行けない、という経験は私も昔、ちょくちょくありました。
けれど、これは時間がなくてセミナーに行けない、という思いもまた似たもんであると気付かされるものです。

また、「本気で生きたいと思っていないから」という解釈もできますが、「今はまだその時期ではないから」という解釈もできます。

たぶん、Mさんが我慢してるのはセミナーだけじゃなくて、日常の色々なシーンで「お金がない」ということを感じていらっしゃると思います。
ライブやCDや漫画や映画や食事や旅行やエステやマッサージ等々。

お金があったらなあ・・・という思いをいつも感じてませんか?
そして、このブログをお読みの方もMさん以外にも同じように感じていらっしゃる方、多いと思います。

私もお金に関しては長らく問題として抱えていました(過去形?笑)ので、逆に、お金については色々と自分の心を使って研究していました。もちろん、今もバリバリ現役です!

それで、豊かさって何ぞや?というテーマについてもあれこれと考えてきました。
私の友人には4人家族なのに月収が10万を切ってる人もいます。農業をしていて、田舎に住んでいるので、それでも生活には困らず、豊かな生活をしています。
一方で、年収が3000万を越えたのに、全然豊かさを感じられない社長さんをカウンセリングすることもあります。

そういう話を突っ込むとまた長くなるのでまたの機会に譲るとして、何が言いたいか?というと「お金」を理由にしないようにしてみましょう、ということです。

それは「お金」という束縛から自由になることを目指す道です。
経済社会に住んでいると、どうしてもそこを流れる血液であるお金が生活の中心になります。
しかも、十分な収入を得られず、また、Mさんのように働くことができない状況にいらっしゃるのであれば、なおさら、お金という呪縛にかかりやすいものです。

まずは、そこに意識を向けてみましょう。
「お金に縛られてる私がいる」

そう、SMプレイなんです。

もし、Mさんがその名の通りMさんであるならば、きっとその緊縛プレイの中にも喜び、快楽、幸せを感じられます。
しかし、もし、Mさんだけど、女王様であるならば、今の生活は「庶民の生活を体験している女王様の図」という風に見ることができます。

そんな「お金というご主人さまにロープで縛られてる私の図」あるいは「女王様がわざと庶民の服を着て街に紛れ込んで生活している図」を思い浮かべてみてください。

それが「今の私」です。

・・・。何をあほなことを言ってるんだ!と思われるかもしれませんが、実は、これ、くそ真面目な話なんです。

「お金」という呪縛・緊縛・観念から抜け出すための意識の在り方についての重要なお話なんです。

そのイメージが出来たら、次はこう叫んでみてください。

「私、縛られるの好きじゃない!むしろ、縛ってムチでバシバシ叩いて蝋燭を垂らす方がいい!!」

「わらわはそろそろ城に帰るぞ。皆の者、準備をせい」

そして、その図をイメージしてみてください。

このイメージを真剣にしてみると、お金と言う呪縛から離れることができるし、また、本来Mさんが持っている女王様気質を目覚めさせることができます。

とりあえず、どんな気分がするのか?というのを数日間実験してみてください。

さて、「お金がない教」を離脱するには、意識の置き方向け方を工夫するといいんですね。

で、そこでは「いつかは根本さんのセミナーに余裕で行けるようになる私」というのをヴィジョンに掲げます。

「2万円?やっすいねえ!私ならそのセミナーに20万払うわ!」とスマホでセミナーの告知ブログを見ながら呟いている自分。そして、根本さんの口座に20万振り込んでる自分をイメージしてください。
(特に“私たち”にとって重要なのはこの20万振り込んでる図ですぞ!)

そして、「ふふふ。実際そうなったらどうしよう」って妄想でしばらく遊びます。

「根本さん、慌てて『今、20万振り込まれましたけど間違ってませんか?』ってメールを送ってくるんだろうなあ~。そしたら私は『いえいえ、間違いではございませんことよ。いつものお礼も兼ねて少ないですけど寄付させていただきますわ』って返事するのよ~。ぐふふふふ」

これはヴィジョンを下ろす作業で、効果的なイメージワークになります。
ポイントは、楽しんだりワクワクしたりニコニコしたりしながらやる、ということ。

すぐには無理ですが、私の経験上、こういうイメージワークも早ければ3日、遅くても2週間くらい続けると心に馴染んで来て、そういう現実が【信じられるように】なります。

心と言うのは「やる気にならんでもええ、その気になったらええんや」という性質があり、そういう現実を信じられるようになると、それが心の世界においては「ふつう」「当たり前」のこととなります。
そうすると、それが現実化する、というのは、引き寄せの法則でお馴染みですね。

で、そういうイメージでヴィジョンを描いてワクワクする時間というのを毎日少しでいいので作ってみましょう。

で、その上で、お金に縛られなくするにはどうしたらいいか?

「今、できることをする。そして、それを楽しむ」

ということなんですね。

なんだ・・・そんなことか・・・いつも言ってることと同じじゃねーか!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、そうなんです。お金だろうが夫婦だろうが仕事だろうが、結局は同じようなところに行きついてしまうのが私の話です。
偉大なるマンネリと自負しておりますが、何か?(笑)

セミナーには行けないけれど、できることって何かないでしょうか?
ブログを読む、気に入ったものがあればそれを書き写す、ブログに載ってるワークをやってみる、無料の音声を聴く、図書館で本を借りて来て読む、、、。

実際、私のセミナーに来たことなくてもブログやメルマガだけ読んでくださって、それで幸せになっちゃってる人も実はたくさんいらっしゃるようです。
そういう人から私のセミナーを紹介されてお会いする方もよくいますから。

で、ここが一番の問題なんですが・・・痛いところなんですが・・・

「お金がない」
「時間がない」
「会場が遠い」
「帰りが遅くなる」

などの「行かない理由」を並べる陰で、今できることをサボっていませんか?ということ。
できることはいっぱいあるのに、それをせずに、「ああ、お金があったらセミナーに行くんだけどなあ」って嘆くことにエネルギーと時間を割いてしまっていませんか?ということ。

「お金があったら○○するのになあ」ということが時に現実逃避の理由として使われてしまうこと、意外に多いんです。

私もセミナーに行くのが好きな方なんですけど、「あ、このセミナー行きたいなあ」と思ったときに、つい、「時間がねーなー、無理だなあー」と諦めようとする癖がありました。
でも、その時って、そのセミナーで学びたいことがあり、知りたいことがあったり、会いたい人がいたりするのですが、「無理だよなー」と思った瞬間に、それを学ぶこともサボってしまうことに気付いたんですね。

ああ、セミナーにはいけないけれど、それを別の方法で学ぶことはできるな、という発想をしていなかったんです。

逆に言えば「セミナーに行かないとそれを学べない」と思い込むことによって、その学びを投げ出してしまっていたわけです。

あら、それは切ねえ、ということで、行きたいセミナーがあっても仕事で行けないときなどは、代わりにその本や資料を探したり、自分なりに勉強したりするようにしています。

そら、セミナーに行けば得るものはたくさんあると思いますが、それがベストな手段ではあると思いますが、オールオアナッシングではなく、ベターな方法だってある、ってことなんです。

それが「今できることをする。それを楽しむ。」ということではないでしょうか。

ベストではないけれどベターな選択をして楽しんでいると、やがてホントにそのセミナーに行きたければ不思議なことが起こったりします。

「無理だと諦めていたのに、ふと臨時収入が思わぬところから入ったんです」みたいな。

普段から今できることをしていると、その臨時収入があったときに「あっ!これぞ!そういうことか!今ならセミナーに行ける!」という発想に結びつくようになります。

そういう不思議なできごとに期待を寄せるのはお勧めしませんが、今できることを楽しみながらやってみるのが大事なのは、言い換えると「お金がないからセミナーに行けない」という言い訳を自分にさせないためなんです。

ということで、今、できることをしていれば、いつかそういうチャンスがフラッと舞い込んできますよ、というお話でした。

ちなみにこの「今できることをして楽しむ」という思考方法はあらゆる場面で使える上に、「お金」「時間」などの観念を脱ぐいい心がけになります。

つまり、セミナーに行かないことをお金の理由にしないで済むのです。

こうしたお話はほんときりがないのですが、今日はこの辺にしたいと思います。
女王様の参考になれば幸いと存じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事