「幸せ」に過度な期待をしていませんか?~幸せくんはどこにでもいるふつうの男の子(女の子)かも~


今を否定すると、頑張って幸せになろうとしても、なかなか幸せを感じられません。
今ここにある幸せを感じられるようになりたいですね。

***
根本先生こんにちは
元夫との離婚問題をきっかけに根本先生のブログと出会い、それ以来毎日楽しみにしております
自分の身に起こった出来事は、全て自分が招いていることだと知った時には衝撃でしたが、とても興味深くて今は少しずつではありますが自分に主軸を置き考えるようにしています。
今回のリクエストはその方法について頭で理解できて実践しようとしてもなかなか心が言うことを聞いてくれないのです。

正直、元夫の気持ちなどは今でもよくわからず、元夫がどんな気持ちで私に離婚を求めたのか未だに謎のままです
ただ、わたしが不倫したことで(その事実は表に出ていません。元夫が気づいているかどうかもわかりません)私はひどく自分を責め続けました。
そしていつしか、その罪悪感に耐え切れずこうなったのは元夫のせいだと思うようになりました。離婚の原因は自分にあるのだと思います。

その当時不倫していた彼とは今でも付き合いはあるのですが、そこでも関係は上手くいかずに別れては戻ってを繰り返し、精神的にも彼に振り回されてしまい疲れてしまいました。
そして、先日彼とケンカをしたときには酷く彼を責めてしまい、不思議な感覚なのですが、元夫とケンカしていた状態と全く同じようなことを繰り返していることに気付きました
これはきっと問題が自分にあり、今わたしはこの課題を乗り越えないといけない気がして両親との関係性を見つめ直したり(過干渉でヒステリーだった母とは最近になるまでずっと関係性が悪く、父は子煩悩なタイプではなく家より外に出て行くタイプです)、自分を愛せるようにと自分の良いところを書き出してみたり、楽しいことをするように意識をしているのですがなぜかしっくりこなくてチャレンジしては挫折しての繰り返しです。

意識レベルでは心から笑える穏やかで幸せな日々を求めているのに上手くいかない。これはもしや、先生のブログに出てくる潜在意識が望んでいないからではないか?もしそうなら、潜在意識を変えることなどできるのでしょうか?

幸せになりたいのに、目の前に起こる現実は幸せとはかけ離れていて正直、心が疲れてしまっている状態です。この状態から立ち直り幸せを感じられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?
(Kさん)
***

罪悪感というのは「自分は罰せられるべきだ」という感情です。
そして、当然ですけど自分を罰したいのですから、幸せなんて感じさせませんよね。
ちょっとでも幸せを感じそうになったら、罪悪感くんは必死にそれを妨害しようとします。
それはそれは涙ぐましい頑張りです。

そんな罪悪感くんにとっては

>意識レベルでは心から笑える穏やかで幸せな日々を求めているのに上手くいかない。

これなんて最高の状態ですよね。

さらには、「両親との関係を見つめなおす」+「自分のいいところを見つける」+「楽しいことをする」といったチャレンジを繰り返してる・・・・にもかかわらず幸せにならない!なんて、罪悪感くんにとっては願ったり、叶ったりなんですね。

そう、Kさんは罪悪感くんに振り回されていると言っても過言ではないのです。

幸せってどこにあるか?というと、実は「今ここ」にすでにあるんです。
問題があるから幸せでない、というのは幻想。
悩みがあるから幸せでない、というのは勘違い。

夫婦がうまく行っていなくても、お金がなくて、彼ができなくても、病気になったとしても、私たちは今、幸せなのです。ほんとうは。

でも、罪悪感くんを始め、無価値感ちゃん、怖れくん、不安ちゃんなどの感情連合から、完璧主義くん、頑張るくん、受け取り下手ちゃん、などの生き方組などの影響を受け、「今ここにある幸せが感じられない」状態になってしまっているんです。

だから、「今、幸せじゃないから、幸せになりたい」と思うのは「今、日本にいないから、日本に行く!!」と大阪駅で叫んでいるようなものなのです。

気付いていない、認められない・・・そして、何よりも、認めたくない・・・なんです。

「幸せくん」に過度な期待をしてしまってませんか???(ちなみに私は裕“幸”くんですけどね。ふふふふふふ。)

幸せくんってどんな存在だと思います?
ものすごいイケメンで、スタイルもバツグン、めちゃくちゃ爽やかでシュッとした雰囲気で、頭の回転も速く、4か国語を操り、お金持ちで、それでいながらとても誠実、ジェントルマンでいつも優しくエスコートしてくれ、穏やかで優しくて、いつも自分のことを愛し、大切にしてくれる最高の男・・・・とか思っていませんか?

それは幸せくんがかわいそうじゃないでしょうか?
幸せくんってごくごくふつうの男の子だと思っています。
どこにでもいるような、むしろ目立たないくらいのふつうの男の子。

ま、だから、罪悪感くんからいじめられちゃうんですけどね。

だから、幸せくんってきっとすごい人なんだ~~~って思っていると見つかんないんですよ。
大阪・梅田の繁華街で超イケメンを探せ!!と言っても難しいんです。でも、ふつうのおっさんを探せ!!ならゴロゴロいます。

幸せ、に期待しすぎていませんか?ということですね。

「今が苦しいから、幸せになったらきっと苦しみなんて感じなくていつも笑顔で楽しくいられるんだ!」というのは幸せくんに対する過度な期待であり、ファンタジーだと思うんですね。

今の苦しみから抜け出したくて「幸せ」という幻想を抱いているんです。
その「幸せ」がやってくる確率は低いと言わざるを得ません。

まずは日常的には今ここにある幸せを探してみませんか?
「あら、今日は紅茶がうまく淹れられた」
「だんだん春めいていく日差しが気持ちいい」
「午前中に今日やること全部できた~!」
「お昼ご飯がおいしい」
「友達からご飯のお誘いが来た!」
「テレビを付けたら大好きな韓流アイドルが出てた!」
「今日は楽しみにしているドラマの日」
「気まぐれで買ったチョコがめっちゃおいしい」
「あ、道端にきれいな花が咲いている」
「かわいい男の子、発見!」

そんな感じで。

>チャレンジしては挫折しての繰り返しです。

頑張ってるのに報われない!というのが罪悪感くんが仕掛けた罠なんです。
そして、それは「現状否定」から始まってるんですよね。
今が良くない状態。だから、いいところを見つけたりして良い状態にしたいって。

今を否定するのってあまりいい気分じゃないですよね?
だから、現状を肯定することがまずは大切だと思うんです。

今ここにある幸せを感じることもその一つなんです。
「今、すでに完璧」と思っておくことなんです。

“今”が否定だから、どんだけ頑張っても“今”を否定し続けることになるんです。
(分かります?)

“今”を肯定できなければ、どれだけ変化しても、そのときの“今”を肯定できません。

だから、今あるものを肯定することも大事ですね。

今ここにある幸せを探す他にも、今あるものに感謝する、という方法もあります。
クローゼットにはKさんのお気に入りの服は何着くらいありますか?
着るのが嬉しい、楽しみ、テンション上がる服。
その服と出会えたことに感謝しましょう。

お気に入りのカップ&ソーサーはありますか?
大好きな作家さんの本はありますか?

まずは今あるものに感謝を向けていきましょう。

そうして“今”を肯定していきます。

ヒステリックなお母ちゃん。外を向いてるお父ちゃん。
そんな自分を見つめなおしてみるのもいいですね~

子ども時代寂しかったのかなあ?
辛かったのかなあ?
いっぱい我慢したのかなあ・・・
自信なかったよね~
居場所もなかったかなあ??

そんな風に内なる子どもに意識を向けてみるのもアリですね。
(インナーチャイルドワークですね)

両親との関係を癒すにはほんとうに時間がかかります。
「一生かけて少し許せたら万々歳」って言われるくらいですから。

だからここは気長に取り組んでいただきたいですね~。
それくらい大きなものだからちょっとでも癒せたらすごいインパクトがあるってことですね。

これはぜひセミナーやカウンセリングを使ってみるといいでしょう!

ついでにどうして不倫してしまったのか?元の夫婦関係や彼との関係を見つめなおし、自分自身を許す、ということもすごく効果的なことですね。

罪悪感そのものを癒していくわけです。

どうして彼の存在が必要だったのか?
彼との関係で何を得たかったのか?
元夫との間で我慢、犠牲していたことはなかったか?

色々とネタはありそうですね(^^)

幸せになろうとしない、今、幸せであることを感じよう。ということですね。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事