自己肯定感をあげる3days終了。名残惜しそうな皆さんの顔が印象的でした。次は名古屋・大阪です!!



・「まあ、いっかー」と思えることが増えた。
・両親から愛されてたことに気付いた。今までは「あれしてくれなかった、これしてくれなかった」ばっかりだったのに。
・短所を受け入れられるようになった。
・「これが私なんだなあ」と思えるようになった。
・感謝の気持ちが増えた。
などなど、様々な変化を体験された3daysが終了しました。

あれこれと話を聴いたり、

グループで実習したり(これが随分良かったみたいで!)、

あっという間の3日間でした。
みなさんの今後がとても楽しみです。

さて、再来週からはいよいよ名古屋、大阪で開幕です!名古屋の会場も決まりました!
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

終了後、そして、懇親会の後、みなさんが名残惜しそうに帰られるのが印象的でした。
短い間でしたが、つながりが少し生まれたのかなあ、と思い嬉しくなりました。
自己肯定感をあげるのに、そうした仲間の存在がとっても役立つので、続いていけばいいなあ、などと思います。

・・・にしても3daysにだいぶ詰め込み過ぎましたね。例によって。これ4日間はサイテー必要だわ、と思いました。(毎回延長してましたし(笑))

ありがたい感想も頂いています!!!ありがとうございます~!

3days参加して本当に良かったです。特に3日目が楽しかった!きっと3日目は自分の未来、理想を見ていくアゲアゲな内容だったからでしょうね。3日とも班分けがあり、3日目はFチームでした。全員が揃った最初の印象は「うわー、なんて美人揃いのチームなんだ!みんなこんな綺麗、スタイル抜群、肌綺麗、生き苦しい問題なんてあるの?!」と半信半疑でした。でも現れた!パートナーシップのシェアで!笑。6人中4人バツもち、残り2人もついこないだ長年付き合ってた彼氏と別れたり、ちょうど今月理不尽な別れ話が出てきたなど。。。すんげぇ武闘派チームでした。根本さんが毎回「そのチームになることに意味がある。不思議な共通点があったりする」とおっしゃっていましたがなるほど納得!自分の武闘派具合も思っている以上にすごいのかもというちょっと受け入れるには時間ぎかかりそうな気づきと、美人チームに加われたことを素直に受け取りたいと思います。今回は毎回それなりの量の宿題が出るのも魅力。追い込まれないとやらないタイプの私にはこのシステムが良かったです。最終日に出た宿題はチェックされませんが、3daysプログラムの成果が実感できる内容なので楽しく取り組みたいと思います。
(Aさん)
根本さん、スタッフの皆さん、三日間ありがとうございました!
元々根本さんのブログも自己肯定感をどう上げればいいかで見つけたので、今回受講できてとても感慨深かったです。

今回私が一番このセミナーの恩恵受けてんじゃない?と思えるくらい、本当は分からないけど楽観的にそう思ってみようかなという意識の切り替えが自然とできるようになった気がします。

中でも3日目の大きな気づきの一つに、夫婦や家族というシステムの奥深さがあります。
両親が両親で良かったことワークで、色々書き出してるうちに父に対し「情けないと思ったから、私が頑張んなきゃと思えた」と書いたあたりから、それは母(武闘派)にも言えるなと気がつきました。
「働かないから、お母さんが頑張る、認められる理由を作ってあげてる」
「自分は人生に希望を見失ってるように見えるけど、それでも家族のために生きてくれてる、そういう形の愛情を見せてくれてる」
そう書いた辺りからはもう、夫婦と言うシステムの深すぎる役割分担とその愛に号泣でした。笑
両親のことをあまり仲良くない夫婦と思っていたけど、実はそうじゃなかったかも。
具体的な根拠はないけどそんなの関係なく、私はこの2人の子で本当によかったです。

そして今お付き合いをしている既婚男性とその奥さんも、そういう深い部分での相互補完?のような愛情があるのだろうなと、改めて夫婦というシステムに感動しました。

そんなことを思っていると、今朝見た夢の一つが家族の夢でした。
私が父と近親相姦の関係にあるという設定の夢です(行為などの場面はなし)。
おそらく現実での、既婚男性とお付き合いしてる記憶もごっちゃになってるのだろうなあと思いながら、起きてもそこまでの嫌悪感に取り乱すこともなく。
あー、やっぱ私ファザコンだもんなあと思ったところに、もしかして私は父に対し癒着してたのかなあとふと思いました。

父を愛し、理解しようとし助けようとしてきたからこそ、年上男性に可愛がられる才能を磨いてきた私。
しゃーない、THIS IS ME.だもん(これ最近気に入ってるんです笑)と思いつつ、さらに磨いて楽しく使っていきたいなあと思います。

これまで私は仕事の場面で、感情の振れ幅が大きくて自分も翻弄されることなどを指摘されたり悩んだりして、ビジネスコーチングでもいかに感情の下振れに対応するか感情を受け流すかなどの観点で話し過ごしてきました。
そこでも感情は悪いばかりでないとは言われてきましたが、今回のセミナーで改めて長所になりうると腑に落ち始めたところです。

仕事のやる気にムラがあっても、本気になれなくても、人の好き嫌いが激しくても、そんな私だからできる役割がある。

そう楽観的にとらえながら、恩恵を受け取り尽くそうと思います。

さ、ぼちぼち仕事に向かうかー笑
(Yさん)

1日目よりも取り組みやすかったです。吐き出すよりも受け取るがメインであり、自己肯定感が上がってるからなのかな?
・まさかの特等席。根本先生が目の前。照れます(目が鋭い…)。折角だから足元を拝見したらメッシュのお洒落なもの凄いスリッパ?でした。あと机上の美味しそうなチョコが気になりました。
・女性性に溢れるグループD。自分に無い要素&周りにはいないタイプであり…だけど皆さまとても温かくてとてもよかったです。みなさんこんなに素敵なのに自己肯定感をあげたいと思うだなんて驚きです。でも逆にそこに親近感も湧きました。そして何よりまぶしい!!
・「長所、価値、魅力を受け取る」の巻…私のなりたい姿がたくさん出てきてとても嬉しかったです。「さっき出会ったばかりなのに、なぜわかるの?」というレベルでした。私のいまの方向性が間違っていないという証拠なのかもしれません。やったー
・「魅力や価値を活かす」の巻…『勝手に仕事斡旋会』として非常に盛り上がりました。みなさん、とても鋭いのです。そして、まんざらではなさそうでした。他人の方がわかるのかな?
・イメージワーク×3… あまり覚えてないのです。以前は、自分に向き合うのが嫌でワーク中に妄想に走る(でも引き戻されて渋々ワークをやる)という感じでした。でも今回は、リラックスしてたのか疲れてたのか眠かったのか心地よかったのか癒されてたのか不真面目だったのか、わかりませんがワークの記憶が…。しゃーない。
・宿題(感謝の手紙)…実はファンレターって感謝の手紙じゃありませんか?私はファンレター書くときって「いつも本当にありがとうございます!」的なことばかり書いちゃいます。
・まとめ…キャラ立ち?!自分の敵はじぶんだったのかもしれません。

ありがとうございました。
(Mさん)

あわせて読みたい