福岡にて(2)



福岡滞在も最後の晩。
今回もあっという間に過ぎまして、後ろ髪を引かれながら帰りの準備をしています。

ただ、今回は鬼の霍乱のごとく体調(おなか)を崩しまして、ワークショップの後の打ち上げではいつもの居酒屋にて「ホットウーロン!」、2回目にして既に馴染みになってしまったバーにて「ホットミルクティ&冷えてないミネラルウォーター」という意表を突くオーダーにて参加メンバーの失笑を買わせていただきました。

図らずも、
「アルコールが無くても打ち上げは楽しい」
ということを再認識した次第です・・・。

そうした心がけにより、一日で見事復活しまして、今日は元気です、とても。

昨日も「いつもと変わりませんよね?ほんとに具合悪いんですか?」という調子でしたけど・・・。いつものように朝まで飲んでましたし(ソフトドリンクを)・・・。


* * *

ながのが書いていた“サバの鉄引き”とは下記のような代物です。

サバの鉄引き

こんなサバ、初めて見ました。

もちろん、うまかったです。

高架下のような路地裏にある居酒屋さんで、いかにも「おっさん好み」風な畳の座敷も心地よく、いい時間を過ごせました。

今回滞在している百道はハイソな街で、天神のような都会に出ると人や車の多さにちょっとびっくりします。

それに色々なものがあって好奇心が疼きますから、街を歩くときはきょろきょろ周りを見ながら歩いちゃうんですよね・・・。
そのたびに「ああ、こんなところに、こんなものがあるんだー」と発見したり、面白そうなお店にはふらっと入ってみたり、店先の資料を手にとって見てみたり、神社があれば由来を読んでお参りしてみたり、暇人そのものです。
(僕はたいてい時間をかなり余裕目に見て行動する人なので、待ち合わせよりも随分前に到着しているものです)

その姿が田舎モノに見えるせいか、気が弱そうに見えるのか、それとも、やはり暇そうに見えるのか、福岡に来るといつも道を聞かれたり、キャッチのお姉さんに声をかけられたりします。

そういえば、この前、名古屋でも声かけられたなあー。

「カモ見つけた!」とばかりに人ごみを縫って近づかれたりすると、「え?僕、ご指名ですか?」って気分になったりします・・・。

あわせて読みたい