銀座の大衆酒場で新年会


リトリートセミナーの仲間たちとの東京新年会。銀座なのに、大衆酒場という、この上なくホッとする空間にて旧交を暖める。

神楽坂から銀座に移動。オサレな店が立ち並ぶ一角にふと佇む大衆酒場。

元々下町の酒場が好きで、かつてはそんな店ばかりを訪ねて赤羽、十条、東十条、御徒町、森下、門仲から不動前、武蔵小山あたりをさ迷っていたものだ。

クオリティの高い料理が次々運ばれてくる。ビールからハイリキ、芋焼酎あたりを飲みながら、それぞれの近況を聞いたり、相談に乗ってみたりする。

リトリート仲間は私にとって家族のような、親しい友達のような雰囲気があるので、気楽に過ごせる有り難みも同居していて、あっという間に時間が過ぎていく。

気がつけば時計を気にする時間になっていた。

すぐそこにある有楽町線に乗って飯田橋に戻る。別に家があるわけではないのに、まるで帰宅したような安心感を携えて熱海湯の暖簾を潜る。

熱いお湯に身を浸せながら、今日はとてもいい日だったと改めて実感する。

さて、風呂上がりである。ほてった体を鎮めるために馴染みの店に顔を出してもいいし、そのままふらふらとベッドになだれ込むのも悪くない。とりあえず、コンビニで炭酸水を仕入れようと足を向けると、金曜日の神楽坂はタクシーの列である。

なんだか、ホテルに戻るのがもったいない、気がしてもう少し、この大好きな街を彷徨うのも悪くない気がしてきた。


あなたにオススメ