(本の感想)読んだら思っていた以上に気疲れ凄まじいことがわかりました。




人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』(大和書房)

根本さま

suiと申します。
いつもメルマガを楽しみに拝見しています。
凹み気味のうえ、あっぷあっぷしてくたびれ切った今日このごろ。
いつもの本屋で横を向いたらズラリとこっちを向いていた『人のために頑張りすぎて 疲れた時に読む本』を思わず連れ帰った次第です。

確かにわたし『察する人』だけど、
もう察して凹んで…はけっこうクリアしてきたんだもんね。なんて思っていたらまさかのクリーンヒット。。。っていうかホームランだよねってくらいで。
お店でお茶飲みつつ最終章でぐすんとしています。

このところ職場に人が増えたり減ったりした結果、ねいさんキャラでもないのにおねいさん役だのまとまりの悪いメンツの幹事だのをやる成り行きとなり、
後輩の相談役やるどころかこっちが相談役欲しいくらいだよ(T-T)って(ゴメンナサイちょっと愚痴です)

まわりの笑顔が嬉しくて、
同じ笑顔でウキウキ話しかけて行くと案外相手がビジネスライク100%な感じで跳ね返されているのですが、
褒められるところ今日もいっぱいあったよね、とたくさん見つけてあげることから、また始めようと思いました。

今日は頑張って起きたし
眠くても会社行ったし
どうにか朝ごはんも食べたし
ちゃんと文句も相手に言った

読んだら思っていた以上に気疲れ凄まじいことがわかりました。(これだから恋愛に近寄れないんだよなぁ)
帰る道々、また読み返して帰ります。
ありがとうございました。
(suiさん)

あわせて読みたい