ファミマでゲラチェックをしています。


2月下旬に発売される新刊のゲラが届きました。息子をアクロバット(習い事)に放り込み、近くのファミマのイートインコーナーでチェック作業。

このゲラを返すとあとは本になるだけなので、本の体裁になって届いたゲラの内容や表現を綿密にチェックする緊張する作業です。作家の浅田次郎氏はエッセイの中で「嫁に出す娘に最後の化粧を施す作業」と表現されています。

とはいえ、イラストも入り、読みやすく編集されているので、自分が書いた文章なのにそうじゃない感覚もあって、ちょっと他人事のように感じてもいます。

今回の本は今までとはちょっと違った企画で「朝、1分で読んで1日を元気に、心が安らかに過ごせる」というコンセプトで書かれています。だから、ほとんどが見開き1ページでとてもあっさりと読めます。毎日カバンに入れて持ち歩いていただいて、パッと開いたページを読んで実践するような使い方をイメージしています。

編集者からは「ぜひ、シリーズ化しましょう!」とプレッシャーをかけられているので(笑)、みなさん、ご協力のほど、よろしくお願いします。

※ご協力とは、書店さんで購入して実践して効果を出して友達に勧めまくる、とか、この本が似合いそうな人にプレゼントする、とか、この本に関する記事をシェアしまくる、とかです。はい。


あわせて読みたい