【特別企画】いつも障害のある人を好きになってしまいます。私にできることは何でしょう?

4/22(金)19:00より東京・神楽坂で開催の安東秀海カウンセラーとのコラボ講座「男のホントの本音講座~自立系女子が恋と結婚で成功するために知っておきたい大切なルール~」
今日は頂いたご相談から安東&根本のダブル回答をお届けします。

>安東秀海カウンセラーからの回答はこちら!
「彼氏に「2年は結婚を考えられない」と言われた私ができること」

あなたがどっちがグッと来ましたか?

※思ったよりも根本さんショボいのね、と思った方は・・・・正直でよろしい(涙)

***
まさに私のための講座!と思い申込みさせていただきます。
いつも遠距離だったり、浮気されたり、忙しすぎる人だったり‥と結果的に障害のある人を好きになってしまいます。
今の彼も遠距離+多忙+友人多すぎのトリプルコンボです。
いい歳なので結婚したいのですが、ブログの例通り2年は考えられないと言われてしまいました‥。
亭主関白な父、過干渉気味な母との関係性が根にあるのかもと思っています。
自立系女子と銘打っている講座ですが、どちらかというと依存的な立場になってしまうことが多いです。こんな私に今からできることがあれば教えていただきたいです。当日楽しみにしています!
(Kさん)
***

自立系女子が恋愛すると依存系に変身することってよくあるんです。
私の知っている限り、自立すればするほど『難しい男が大好き』だったり、『障害物がない恋は燃えないの』ってなったりしているみたいですよ。

ふだんは自立系、でも、恋愛は依存系。大歓迎です(^^)

さて、Kさん。
ご自身が情熱の女であることはすでに自覚し尽くしているかと思いますがいかがでしょうか?
情熱の女というのは、どうしてもその情熱に火を点けてくれる男性でないとダメみたいでね。

A君。一部上場企業のサラリーマン。年収は700万。高学歴で堅実に実務をこなすタイプで上司からの覚えもめでたく、将来も嘱望されている。
出身は東京郊外で仲の良い両親の元、2つ上の兄と共に愛情豊かに育つ。
穏やかで優しく、また知識も話題も豊富。趣味はテニスと読書。酒はお付き合い程度。
友人は決して多くないが気の置けない、信頼できる人たちが多く、休日などはバーべーキューなどをして近況を語り合うのが好きである。
将来の計画もきちんと立てていて、40代前半までにやはり東京郊外に一戸建てを持ち、犬を飼うことが夢である。確実にマイホームパパになりそうなタイプである。

B君。一部上場企業のサラリーマン。年収は700万。高学歴で頭の回転が速く、上司にも言いたいことを言うため職場では少々煙たがられている。
近い将来、独立開業を目指し、経営塾に通っている。
出身は都内だが、アルコール依存症気味の父親を敵視し、10年以上、実家には帰っていない。
国家公務員としてエリート街道を進む2つ上の兄に対抗心を持っていて「あいつだけは許せない」が口癖。
仕事だけでも多忙なのに、経営塾や仲間たちとの付き合いでほとんど休みはない。
見た目もかっこいいため、二股、三股疑惑が絶えず、音信不通になることしばし。

「頭ではA君がいいって分かってるんだけどね・・・男を感じないのよね・・・・。うん。分かってはいるんだけどね・・・。A君と付き合ったらアタシ浮気しちゃうと思うんだよね・・・うん・・・やっぱりB君が好き・・・。」

>今の彼も遠距離+多忙+友人多すぎのトリプルコンボです。

うんうん(笑)
さすがですね。

今回も、いいの、捕まえましたね!(笑)

そうじゃないとKさんの情熱が点火しないんですよね。
もう、好きなんですから~!!

こういう男を愛してこそ、女だ!(私だ!)とか思ってるわけじゃないですよね?
好きになったのがたまたまトリプルコンボだったり、遠距離だったり、浮気されたり、多忙な人だったり、ですよね?

よし、ならば潜在意識に聞いてみましょう。
どうしてそういう男じゃなきゃダメなのか???

「彼を助けたい?」

トリプルコンボな彼にKさんは何を見て、何を感じているのでしょう?
何か「影」のようなものを見ますか?
寂しさや苦しさが見えますか?

そんな彼を何とかしてあげたい・・・と思うとしたら、あなたは助けたい症候群。

遠距離、浮気・不倫、多忙、借金等々、何か障害のある人って傷ついている人。
だから、癒してあげたい、とそう思ってしまうのかも。

だから、健全な人を見ると「あ、私は必要ないな」と思ってしまいます。
それで、問題がある人の方に目が向きます。

私が癒してあげる、と思ってしまい、その人のためになんでも与えてしまいます。
もちろん、意識的には「幸せになりたい」と思うんだけど。

この点では二つの可能性が考えられます。
・かつて助けたいけれど助けられなかった人がいる・・・元カレ?それとも、お父さん?
・自分自身が傷ついているので、本当は自分をもっと癒したい?

今の彼のことは横に置いておいて、まずは、その過去に向き合ってみたり、自分自身を癒すことに意識を向けてみるのがいいんじゃないでしょうか?

「忘れられない彼がいる?」

もし、Kさんが過去に大失恋をしていて、まだその傷を少なからず引きずっているのであれば、その傷を忘れるためには刺激的な恋が最適です。

前の会社にいるときに「離婚すると不倫にハマりやすい」という記事を書きました。
離婚後のパートナーシップはなぜうまく行かないの?(3)~なぜ、離婚すると不倫にハマりやすいのか?~

このケースにも似てるところなのですが、過去に辛い恋をして「もうそんな思いをしたくない」と思っているけれど、でも、まったく恋がないのも寂しい、というときに「不倫」は最適な選択肢になります。
好きだし、恋している気持ちにもなれるけど、先のことを考えなくていい、深入りしなくてもいい、からです。

また、不倫に限らず、遠距離や仕事が忙しくてあまり会えない人だと、相手との距離を縮めなくても済みますね。
(もちろん、意識的には縮めたいと思っていたとしても)

そうすると障害のある人と付き合うことで、あの辛かった恋愛を忘れられるのです。

この場合はやはり過去の恋愛を清算してみることが役立ちます。

「あなたは束縛を嫌う、自由になりたい人?」

これは“親密感”との関係を示唆します。
例えば子ども時代、亭主関白な父親に壁を感じ、逆に、お母さんに干渉されたとすると、Kさんの心には「お母さん侵入防止用の壁」が設置されます。

お母さんはとても近い関係の人です。その人が干渉してくると子どもとしては自由を奪われ、束縛されているような苦しみを味わいます。
そして、そんな思いは二度としたくない!と誓うのです。

その結果、他人に対しても一定以上の距離を保つようになります。
すなわち、近い関係性を好まなくなるんですね。

そんな方が恋をするとしたら、障害のある恋は大歓迎ですね。
遠距離、多忙だったら、あまり会わなくてもいいですよね?
浮気するような男だったら、あまり近づかなくてもいいですよね?

もちろん、意識レベルでは逆のことが起きていますが、潜在意識では望む通りのなのです。

さて、ここではお母さんとの関係に注目していきましょう。
その束縛から完全に自由になれていないこと。
また、その傷が癒えていないことが想定されます。

だから、まったくもって変な話ですが、「今の彼との関係性を良くするために、ずっと我慢ばかりだったインナーチャイルドを癒してあげましょう」という提案ができます。

でも、そこにはちゃんと愛があるんですよね。
大好きな、お母さん、という側面が。
だから、その愛と繋がりながらインナーチャイルドを癒していくのが早いでしょう。

「刺激的じゃないと感じない」

過干渉なお母さんの場合、親密感を恐れるのはもちろんですが、近しい距離で激しいバトルを繰り広げて来たので、刺激的な恋じゃないと感じない、いわゆる“恋の不干渉モード”に陥っていることもあるんです。

さっきのA君、B君じゃないですけど、A君には退屈さを感じ、B君的な人じゃないと“感じない”んです。

このパターンもまたお母さんとの関係性を癒すことが大切なのですが、もう一つ、自分自身の感覚を取り戻すことも大事なんですよね。
自分と向き合う、と言いますか、自分を休ませてあげる、というか。

Kさん自身もまたハードワーカーだったり、仕事や趣味や友達に忙しくしている人の場合、自分に戻る時間をちゃんと作ってあげる必要があるんです。

ちょっと自分をのんびりさせてあげませんか?旅行とかもいいですね。

「短期集中超魅力アップコースに入会した?」

遠距離、多忙、友達多い・・・こんなたくさんの壁がある彼とお付き合いする、というのは、いわば「女としての魅力を最大限にアップする、究極の講座」に入会するのと同じなんです。

彼のことを考えるたびに「女」が刺激を受けますし、何とか彼のハートを射止めようと美しさ、しなやかさ、賢さ、したたかさに磨きがかかりますし、会ったときにより幸せな時を過ごそうと与える気持ちや笑顔がより輝きますよね。

もし、Kさんが何かの目的で自分をものすごく魅力アップしたいと考えたり、成長欲求が人並み外れて強かったりすると、こういう恋を無意識に選びやすくなります。

私を一番成長させてくれるのは誰?というわけです。

とはいえ、そんな自覚はないと思います(^^)
むしろ、悩みすぎてお肌がが荒れちゃって・・・とお嘆きかもしれません。

でも、こういう虎の穴みたいな障害物だらけの彼の場合、魅力的になるほかないんです。
次会ったとき、びっくりさせてやるからね!というくらい意識してみるといいんです。

そして、何より今のKさんの魅力を受け取ることが大切です。
「こんないい女なのに、彼は放っといて。知らないから。」って平然と言えるようになるくらい。

だから、「女を磨く」は必須科目かと思いますから、ぜひ、普段から気合を入れてみてください。

***

これらの要因がすべて、でもありませんし、また、いくつかの要素が複合的に絡み合っている場合もあるでしょう。

私のカウンセリングの場合、今の彼とより良くなるために、まずは今の彼のことを横に置いて、自分自身を見つめていく(過去も含めて)ということを提案することが多いです。

ちなみにお父さん、お母さん、インナーチャイルドと過去にまつわる癒しの話が出ましたが、そのプロセスを進んでいくと次の内のどれかが現実に起こります。

1.今の彼の環境が変わり、いい方向に関係性が変わっていく。
2.今のままの状態でも幸せを感じられるようになっていく。
3.今の彼との関係がきれいに終わり、本命君がいよいよ登場する。

さて、いかがでしょうか?
障害が多い恋にハマってしまう傾向と対策。
ヒントになりましたら幸いです。

*同じネタを安東秀海カウンセラーはこんな風に答えてます!
「彼氏に「2年は結婚を考えられない」と言われた私ができること」

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作