自立する、じゃなくて、自分を愛し、認める、が今課題じゃないでしょうか?

自立的な人ほどもっと頑張ろうとしちゃうんですね。
もちろん、依存的なところもあるのかもしれないけれど、それよりも自立してるところ、すなわち、今あるものに意識を向けることも大切じゃないでしょうか。

***
根本さまこんにちは。
毎日Blog更新が待ち遠しくてたまらないです。いつもありがとうございます。
自立について質問したく失礼しました。
先日の記事で「不満や不平は依存」というフレーズにハッとしてその箇所を何枚もプリントアウトして、日記に貼ったり、手帳に貼ったり、財布に入れたりとさせて頂いています。
心がザワザワとすると、それを読むと不思議と落ち着き前向きになれます。
しかし20歳頃に自立の道程の半ばで心がポキっと折れて以来、諦め無気力のプログラムがすっかり定直してしまっており葛藤が起こります。
主要顧客層の自立系武闘派女性さま方には今更感な未熟な悩みとは思いますが自立へのヒントをいつかお教え頂けたら幸いです。
ちなみに経済的には自立して長いアラサーですが、会社では窓際、給料泥棒、だからと言って頑張って戦力になる努力も可能性を求めて転職する気概もない精神的依存人間です。そんな自分を嫌悪して自己啓発本ジプシーというのが私の一番分かりやすいプロフィールです。
(Aさん)
***

>先日の記事で「不満や不平は依存」というフレーズにハッとしてその箇所を何枚もプリントアウトして、日記に貼ったり、手帳に貼ったり、財布に入れたりとさせて頂いています。

さすがドMですね~~~(笑)

Mついでに武闘派女子たちに追い込みかけて頂くのもアリかもしれませんね。彼女たちに鍛えられたら自立できますよ~!(ほんと怖いですけどね。笑)

でも、どうやらAさん、自立はしてるみたいですよ。
経済的だけじゃなく、精神的にも。

そう思いたくはないみたいですし、ほら、今、私の前に「私が自立していない証拠」を並べようとしたでしょ?
でも、ブログ(メルマガ)だから、そんな証拠見えないもんね~~~(笑)

自分が自立的なのか依存的なのかってのを自分で判断するのはけっこう難しいんですよね。
で、よくやるチェック方法があるんですね。

「自立の人は自分は依存的だから自立しなきゃと思っている」
「依存の人は依存したいので自立したいとは思っていないし、むしろ、自分は自立的だと思っている」
「自立の人は頑張りたくて、依存の人は頑張らなくて済むようにしたい」
「依存の人は他人への不平や不満をよく言う。自立の人は自分の悪口をよく言う」

いかがでしょうか?
だから、Aさんの文章を読む限り、かなり自立的なタイプじゃないかと思うんです。

自立的な人は「もっと自立しなきゃ」と思いますからね。
だから、どっちかって言うとあまり頑張らない方がいいみたいです。
「もう今すでに自立してる」て認めちゃった方がいいみたいです。
「あら、私、頑張りすぎてる?」って気付いた方がいいみたいです。

だから、問題なのは自立してないことじゃないんです。

【あんた自分をとても責めたいのね】(2丁目のお姉さん風に)

というところですね。

「私はダメなんです」
「私はもっと頑張らないといけないんです」
「私はイケてないんです」
「私は頑張ってないんです」

そう思い過ぎってことです。

自己啓発本ジプシーってのも自己攻撃が強い自立の人がよくやることです。

「私には何もない」って思っていませんか?
「周りの人はきらきらしてるのに、自分は全然そんなことない」とか思っていませんか?
「自己啓発本をあんなにも読んでるのにダメな私~!!」って思ってませんか?

それもこれも「自分を責めるため」になっちゃっているんです。残念ながら。
ありとあらゆることを使って自分を責める道具にしちゃうんです。

いい年してまだこんなこと言ってる、とか、これくらいのことできて当たり前なのにできてない、とか、いつも思ってるでしょ?(笑)

本を読んでも、仕事してても、恋をしても、チョコレート食べてても自分を責めちゃうんです。
「最近寒くなったのも私が悪いから」
「阪神が最近優勝できないのも私が悪いから」
「本田が試合に出れないのも私が悪いから」
そんな風に思っちゃうんですよ。

すなわち、超ハードプレイ中なんです。
どうせやるなら、歌舞伎町で一流のSM衣装揃えてきてくださいよ。

頑張ってると思うんだけどなあ、Aさん。
そういう人にはもれなくギュッとハグのプレゼントをしています。
(そして、フリーズされることもよくあります(笑))

「もう十分頑張りました。
 今のままであなたは十分魅力的です。
 ほんとによくやってます。
 そんな自分を認めてあげませんか」

そんな殺し文句を耳元で囁いたりします。

そんなことされたら「きゃーっ!根本さん、(分かってたけど)変態~~~~!!!」って思いません???(笑)

あ、ごめん。「素敵~~~!!」だった。

だから、私の興味としては「20歳頃に自立の道程の半ばで心がポキっと折れて以来」って、何があったの?ってことですね。

その時代にタイムマシンで戻ってちょっとその当時のできごとと向き合ってみましょうか。
そこが時代の分かれ目になったということはきっとなんかありますから。

一度、がっつり向き合ってみますか?その時代の自分に。
そういう時はセミナーがいいですよ。
私の、でもいいですけど、他の方のでもいいです。
(そしたらセミナージプシーになっちゃう??(笑))

セミナーと本の違いって「逃げ道がない」ってことなんです。
まあ、逃げようと思えば、うまくやろうと思えば、セミナーでもいくらでもできますけど、アンケートでもよく書いていただいているように「ほかの人がいたからできた実習」もたくさんあるんです。

だから、私のセミナーとかでは「ブログや本に書いてある実習よりも難しいレベルの実習」をやるんですね。
「一人で家でやるのはちょっと難しい、けど、仲間たちのいる場所ならできる」というもの。

そのポキ事件を癒すために、ちょっと行動してみてください。

「この情熱的自立系武闘派女子の私が無気力でやる気がなくなるくらいのできごと」が起きたんですもの。
向き合っておく価値はあると思います。

ということで、ここからはぜひ取り組んでね、という課題です。
できたらSNSでもブログでもいいので結果を公表してください。
タグ付けしてくれたら「超いいね!」くらいしに行きますよ(笑)

(1)一日最低1回は意識的に「自分に優しくする」もしくは「自分が嬉しいことをする」。

(2)今までの人生で自分なりに頑張ったことを30個探す。

(3)Aさんのいいところを100個探す。

(4)毎日次の言葉を自分の胸かお腹に手を当てながら語り掛ける。

「あなたははもう十分頑張っています。
 あなたはもう十分自分を責めました。
 あなたは優しくされるだけの価値があります。
 あなたは愛されるだけの魅力があります。
 何もしなくてもあなたはOKです。
 何もできなくてもあなたは愛われます。
 あなたは十分がんばりました。」

自立する、じゃなくて、自分を愛し、認める、が今の課題なんです。

「ないもの」ではなく「あるもの」に注目しましょう。

<長期的宿題:アウトプット>

3か月以内に次のどちらか、もしくは両方を実現させてください。

(1)今まで読んだ自己啓発本を活かしてセミナーを開く。友人・知人向けでOK。

(2)今まで学んできたことを発表するブログを毎日書く。

自己啓発本ジプシーとか、セミナージプシーになっている人は「インプット」にばかり注目し過ぎるので成果があまり上がらないと思っています。
成果が出るのは「アウトプット」を意識した時。

すなわち、学んだことを活かそうとしたとき。

だから、読んだ本から学んだことを言葉にして人に伝えたり、ブログに書いたりすることでその内容が自分自身に定着するんです。

これは頑張りどころですね。
でも、同時に「できなかった」って自分を責める格好のネタになりますね。

ここは人生の分岐点。

ボロボロになってる自分に鞭を与えるのか、喜びを与えるのか。

確かにそこは頑張りどころかもしれませんね。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作