(罪悪感本の感想)「罪悪感という名を借りた愛の物語だった!!」




『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

「罪悪感という名を借りた愛の物語だった!!」

罪悪感テーマの根本先生のセミナーに2-3年前に出席したときに、「罪悪感は愛だ」ということを知って衝撃を受け、それ以来「罪悪感」というキーワードに注目するようになり、そしてこのたび罪悪感がテーマの新刊が出ると知ってとても楽しみにしていました。

本には罪悪感というタイトルがついていますが、やっぱり愛の物語で、読み終わった後心があったかくなりました。

・・・ってことは、本のタイトル通り、私の罪悪感が本を読むだけである程度消えていったってことですね!すばらしすぎます!

本にはワークもあって、瞑想もあって、アファメーションも書いてあって、この本の内容に沿って真剣にセルフワークに取り組めば、かなりディープなセミナーに参加したくらいの効果がありそうだと思いました。そういう意味ではすごくお得な、お値段以上の本だなぁと思いました(はーと)さすが根本先生!
根本先生の愛がダダ漏れで、先生の本の中で私はこの本が一番好きです!

罪悪感の兆候やタイプ、罪悪感が癒されていく物語がわかりやすく書いてあって、心理学に興味がない人にもぜひ読んでほしいと思いました。「罪悪感」という言葉すら知らない人でも、自分のこれまでの人生の苦労などのメカニズムや癒し方がわかってよさそうでした。

こども向けバージョンもあってもいいかも!と思ってしまいましたが、親世代がこの本を読んでいれば、親子関係も大きく改善しそうな感じです。

この本をよめば、すべてを愛の視点でみることができるようになるし、罪悪感をいやす感謝のパワーのすごさも知ることができるようになるし、人間関係がどんどんよくなりそうです。いろんな人が、いろんなきっかけから、いろんな罪悪感を抱えていることもよくわかり、周りの人を見る目が暖かく変わりました。

愛と罪悪感は表裏一体、光(愛)が強ければ闇(罪悪感)も強くなりがちなのも、しょうがないんだなぁとも思えました。罪悪感は「幸せを邪魔するもの」として消してしまいたいと思いがちですが、罪悪感があるからこそ幸せを感じることもできるし、そもそも愛から発生してるものですし、罪悪感を消してしまうよりうまく共存して幸せになっていい、幸せになれる希望がもてる、ということがわかって、この本を読めて本当に良かったと思いました。

自分が抱えてきたいろんな根深い罪悪感も、私自身の深い愛の一部だったと、改めて受け入れ、認めることができました。罪悪感を解消しようと、ここ数年いろいろもがいてきた自分も愛おしいです笑
もうそろそろ、自分を本格的に許してあげたいです^^

素敵な本を書いてくださって本当にありがとうございました!

ひろこ

あわせて読みたい