明日(1/29)配信のオンラインスクール。テーマは『男性的な嗜好の強い私が自己肯定感をあげるには女性性への嫌悪感を扱った方がいいのでしょうか?』

毎週月曜日配信のオンラインスクール「めっちゃ使えるココロの法則」メルマガ

最近の撮影は「公開録画」にチャレンジしています。毎月の撮影日にご都合の良い方に集まっていただいてライブ感を出してます。平日に品川方面に来れる方が今のところ対象となりますが、撮影風景に興味ある方はぜひご参加ください。(募集方法はオンラインスクールのメルマガ内でご案内しています!)

今回のテーマは『男性的な嗜好の強い私が自己肯定感をあげるには女性性への嫌悪感を扱った方がいいのでしょうか?』です。

さて、頂いたご相談内容はこんな感じ。
=======================
根本さん、こんにちは。
いつもメルマガ凄く楽しみにしています。
自己肯定感を上げる方法として、良く ”女性としての自分(下着やメイクなどなど)を意識して変えると良い” とおすすめされていますよね?
私はここで毎度引っかかってしまうのです。
私は女性ですが、男性的な髪型やファッションが凄く好きです。
小学生の頃からボーイッシュな感じで男子に混ざって遊んでいました。
女性である事に嫌悪感を感じた事も、男性になりたいと思った事もあります。
そんなに深く掘らずとも、女性性に嫌悪感を感じるきっかけとなった出来事がゴロゴロ転がっている雰囲気はありますが、まだ向き合いたくない気もします。
根本メソッドのおかげで、大分、ありのままの自分を受け入れられる様になって来ました。
更なる自己肯定感の向上を目指したいところでもあります。
自分の性に拘らず、ありのまま(男性的な嗜好)を認めて、その自分へ意識を向けて自己肯定して行きたい一方で、女性性への嫌悪感のあたりを先に攻めて自分の性に納得(?)した上で、やはり”女性としての自分”に意識を置いた方が一気にぐっと向上するのかも…などともやもやしております。
答え出てるんとちゃう?とか言われそうな来もしますが…アドバイスなど頂けたら嬉しいです。
(だいこんさん)
=======================

安定のツッコミからスタート!!

自己肯定感って「絶対値」があるわけではなく「相対的」なものだったりしますよね。

ついつい一人で頑張っちゃうこともありますし、あれこれ手法を学びたくなるのも分かりますが、でも、やっぱりこの方が安全ですよね。

今の自分を肯定する(自己肯定感)ことがまずは先ですよね。

え?続きが気になる!!
どんな内容だろう???
興味を持ってくださった方はぜひ登録を!

そんなオンラインスクール(メルマガ)の登録はこちらから>http://www.mag2.com/m/0001677732.html

文章と動画と両方あるなんて分かりやすい!
色々と人の気持ち、心理を学びたい!
心を学んで恋愛や仕事で役立てたい!
自宅や移動中に動画で勉強したい!
なかなか講座に行けないのでオンラインで見られるのはありがたい!

そんな思いをお持ちの方、ぜひご登録ください~!

月額3,240円で毎月4本のメルマガ&動画がお楽しみ頂けます。
ご自宅などで学べるオンラインスクールです!!

さて、今後のラインナップです。

2/5『一匹狼で生きて来た私が誰かに頼れるようになるには?そして、私の心を癒すイメージワークを教えてください。』
2/12『やりたいことをやるのに親を許す必要があるの?30歳なのに親への反抗期が来るものなの?』
2/19『中絶の意味って何なのでしょうか?その罪悪感は癒されるものなのでしょうか?』
2/26『他人から好意を示されることで自分を満たそうとする心理パターンを手放してみよう。』

いつものブログより長文解説なメルマガと、その内容に基づいた動画ファイルで、ぜひ、学びを深めてくださいね。
では、スマホ or PC or タブレットでお会いしましょうね~!

オンラインスクール(メルマガ)の登録はこちらから>http://www.mag2.com/m/0001677732.html

さらに、それ以前のオンラインスクールのバックナンバーはすべて1か月単位でご購入できます。
「見逃した~!」「あれ、見てみたい!」「これ、読んでみたい!」という記事を後からご購入頂けます。
例えば、11月はこんなラインナップでした。

11/6『外側に向いてきた意識が内側を向き始めたときは新しい設計図を描いてみよう。』
11/13『この人なら幸せになれそうだな、と思う人からつい逃げてしまう私。』
11/20『根本先生は寝ているときの「夢」をどういう風に解釈し、どう分析するのか?』
11/27『尊敬している人から自分が好きでやっていることを否定された!どうすればいい!?』

バックナンバーのリストとご購入はこちらからどうぞ!
⇒ http://www.mag2.com/archives/0001677732/


関連記事