(お知らせ)神楽坂でセミナールームを運営することになりましたっ!!

私が独立して今の形でセミナーを始めたのがちょうど3年前の4月。
知人の紹介でであったこの神楽坂のセミナールームがとても大好きで、東京でセミナーをする時は原則としていつもこの会場をお借りしていました。

そのセミナールームが6月でクローズになると現運営者の須賀さんから直接お聞きしたのが2月上旬。
「えっ?」と一瞬頭の中が真っ白になり、須賀さんの労をねぎらうより先に「これからどうしよう・・・」という思いが頭の中を駆け巡りました。
大好きなこの会場がなくなるなんて想像もしていませんでしたし、大好きな神楽坂から離れることも考えられませんでした。
他の会場を脳内リサーチしましたが、ここほどトキメク場所は思い当たらず。(ない、というわけでなく、私的な好みの問題です。)

すると須賀さんがぽそっと一言、「もし、根本さんが引き継いでくださるならほんとうにうれしいのですが・・・」と。

あと先考えずに「前向きに検討させてください」と口走っていた私。

その後、とりあえず喫茶店に入り、「高額な固定費を抱えるのはちょっとリスクがでかい。でも、あの会場がなくなるのはめちゃくちゃ痛い」と懊悩していました。
妻にすぐにLINEでこんな話があるんだけど、と打ち明けると、即、好きな場所なんでしょ?離れること考えられないんでしょ?じゃ、いいじゃん、との返事。
ま、予想通りっちゃ予想通りですが、やるしかないかー、まあ、なんとかなるかあ、と言う気になってきました。

そこで、一人で抱え込むのは趣味じゃないので、早速「もし、運営するのならば協力してもらわなければらない奴ら」に相談することにしました。

私は「あんまり家にいないんでしょ?」とか言われながらも大阪が本拠地で、東京には毎月行っているけれど、名古屋にも福岡にも札幌にも行く身です。
だから何かあったときに駆け付けることはできません。
私はあくまで運営者として責任を負うだけで、実際の管理などは仲間たちにやってもらわねければ回らないのです。

そこはさすがは私の信頼する仲間たちです。
彼らからは即「いいじゃないですかー。面白いですねー。協力しまーす!」と気の抜けた返事がきました。
「お前ら、あんまり本気で考えてないだろ?」と思わずツッコミそうになりましたが、妻も含め、その気楽さに救われたのは確かです。

そうして3月の下旬に契約を済ませ、難関と警告された保証協会の審査もあっさりと通り、この6月からセミナールームを自ら運営することになったのです。

完全なる居抜きです。

椅子も机もホワイトボードもスリッパもあらゆる備品を残してくださり、ぱっと見は全然今までと変わらないセミナールームになります。

そして、今までのお掃除係の方が引き続き手伝ってくださることになり、さらにうちのヒマなスタッフも手伝ってくれることとなり、何とかお客様に迷惑をかけないだけの体制が整ったように思います。

当面は知り合いの方や紹介の方に使っていただくこととしますが、ついに私、神楽坂に拠点を持つことができました(^^)

現運営者の須賀さんと引継ぎの握手!!の図。

ここを紹介してくれた知人は「根本さん、絶対神楽坂好きなると思います。根本さんが独立されたんなら神楽坂しかないと思ってました!」と言ってくださいました。
その時、私は神楽坂の名前は知っていても全然イメージが湧かず、せいぜい「料亭街?」という程度でした。
それから3年。
神楽坂の魅力に取りつかれ、宿泊もセミナーもカウンセリングも原則として神楽坂で開催し、「下見」「毒見」「探検」「夢を叶える」と称して、神楽坂のお店に通い詰めました。100軒くらいまでは数えていたのですが、それ以降は分かりません(笑)
大衆的なお店から、ミシュランの三つ星なお店まで、ほんとうに楽しませていただいています。

そして、いつしか自然と「神楽坂に拠点を持ちたいなあ」と思うようになっていたのです。
「ふつうのマンションの一室を事務所として借りて、個人セッションやミーティングスペースを作って、本や備品も常備して。そしたらもっとこの街の一員になれるし、仕事も楽になる」

しかし、マインドの力というか、引き寄せの力というのは恐ろしいものです。
私が想定していた家賃の何倍もの物件が向こうから「はーい!呼んだ???」ってやってきてしまったのです。

「おいおい、そこまでは望んでなかったぞ!」とツッコミは入れましたが、確かに私の望み、すべて叶っています。

東京タワーも、スカイツリーも、新宿や六本木の高層ビル群も広々とした窓から眺められる素敵なお部屋。
龍道が通っていて、とても気がいいと言われる素敵なお部屋。
セミナーの参加者がその景色や雰囲気に「わーっ!」と喜んで下さるお部屋。

そんなお部屋を私が管理することになったのです。

大阪在住なのに、東京に拠点(笑)

私が仕事などで選択を迷ったときに決めている決断の方法があるんです。

それは「迷ったらアホな方を選ぶ」。

冷静に考えれば、東京にこんな立派な拠点を持つことはアホなことです。
だとしたら、おもろいのはそっちです。

なので、皆さま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

東京での「会場」の案内は、6月から「神楽坂・アイフィール」から「ココロノオフィス神楽坂セミナールーム」に変わります。

もし、東京でセミナーを開催される予定のある方はどうぞご一考下さい。
私の知り合い、またはそのご紹介であれば、喜んでお貸し致します。

料金は周りの相場を考えて1時間8,500円(税別)。
今のアイフィールドさんの値段設定よりも値上げさせていただきました。
それでもいいよ!という方はどうぞ、お声かけください。


関連記事