(本の感想)間もなく新しい職場での生活が始まります。その前に出会えて良かった本です。



人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』(大和書房)

感想を頂きました!!ありがとうございます!!

 ”職場でも家庭でも友人の間でも、会話や行動の先を察するのが当たり前。それでうまくいかないのは、私が本当は人間嫌いで誰の気持ちもわかっていなくて人としておかしいから”。
 そう思っていた人間関係の悩みが「察するのは人が好きで、それだけの価値を感じているから」という内容に根底から覆され、涙が溢れました。
 本書では頑張っている自覚がないのに察しすぎて「人間関係に疲れやすい」「人と関わるのが嫌だ」という状態になってしまっている人たちがどんな場面ですり減っているのか、10例もの体験談を提示して説明されています。
 過去の出来事などが原因で無価値感に塗れ、自分の価値を認めることを忘れ、察するためについた癖が自分の「足りない部分」をも見つけ出して、さらに自分の価値を見失う悪循環。そして「自立の依存」状態から悪化する人間関係と、一人反省会で下がっていく自己肯定感……。
 そんな人の顔色を伺う「他人軸」から抜け出すためのアファメーションや、自分の気持ちに気づくワークなども多く紹介されています。一人二次会は私もしたことがあり、思わず笑ってしまいました。
 つらいことを思い出すものもありますが、歪んでしまった自分と他人への認識とこれからを変えていく見方が丁寧に書かれています。そのためか、自己啓発本に多い「愛」を語っているのに違和感なく読み進められました。
 間もなく新しい職場での生活が始まります。その前に出会えて良かった本です。
 まだまだ「私は迷惑をかけただけ!」と絶叫する自分を承認しつつ、日々のご褒美を欠かさず、仕事や家庭の人間関係崩壊しちゃうくらい察せるんだからあなたの愛は深すぎるくらい深いんだよ、だからこんなに愛されてきたんじゃん、と自己肯定感をさらにあげてやろうと思います。
 心がふと楽になる、癒やしの一冊をありがとうございました。
(TYさん)

感想はこちらまで!
info@cocoronooffice.jp


あなたにオススメ