[184]「上手く行かない」という運命を持っていたら、結果は変えられないんじゃないかと思うです。


<リクエスト>

根本さん、こんにちは。
いつもためになる記事をありがとうございます。

カウンセリングサービスのHPに出会ったとき、大きな失恋後だったこともあり「もっと早くこのHPに出会っていれば!」と強く後悔したことを覚えています。もっと彼とうまく関係を築けたのに!って思いました。それと同時に「これからは誰と出会っても大丈夫、カウンセリングのチカラをかりてうまくやっていける」という希望も持てました。

ですが、何年かたって今冷静になってみると、「上手く行くときは何もしなくても行くし、上手く行かないときは何をやってもムダだ」というあきらめの気持ちが強くなってきました。

HPのコラムや体験談を読んで、どんな難しい関係でも努力すれば上手くいく(離婚寸前だった夫婦が仲良くなったり、彼と復縁したり…)と思っていましたが、きっと記載されている何倍もの人たちが、結局は別れを選んでいるんだろうなと思うのです。

だから、結局カウンセリングを受けても自分を磨いても、「上手く行かない」という運命を持っていたら、結果は変えられないんじゃないかと思うです。

運命が変わったと言っている人たちは「運命が変わった」と思える出来事のある人生を持って生まれてきているんじゃないかと…

毎日こんなことばかり思えて、希望が持てません。どうしたら毎日を楽しく生きていくことができますか?

(はなさん)


<根本からの回答>

カウンセリングって「結果」を求めるものではないんです。

そう感じられるのもごもっともですよね。
「うまく行くときは何をやってもうまくいくし、そうでないときは何をやってもうまくいかない」
ということは私達もよく感じますし、実際口にします。

物事には流れ(プロセスと呼びます)があって、私達も無理に川の流れを変えることはしません。

というのも、私達は「うまく行く」ということにそれほどこだわりが無いからです。

人生の中には良いことも悪いこともあります。
そして、悪いことが起きないことが良い人生とは言えません。
なぜなら、私達はそこで学び、成長する機会が与えられたわけです。
つまり、うまく行かないことは成長機会、もっと言えば、恩恵の一つと考えるのです。

失恋をして、すごく辛い思いをして、でも、そこから学び、成長したことってたくさんありませんか?
それで人の痛みが分かるようになったり、自分の態度を反省したり、彼の気持ちを理解しようとしたり、もっと魅力的になろうと頑張ったり・・・。

その失恋が無かったら気付けなかったこと、学べなかったこと、たくさんあると思うんですよね。

そして、その失恋から学び、成長したときにはむしろ「私を振ってくれてありがとう!」と言えるようになります。

私達はそうした心の持ち方、考え方、物事の見方などをお話を伺いながらお伝えしていく仕事なんです。

私達は「失恋をしないやり方」をお伝えすることはできません。
でも、「失恋しても元気になれる方法」はお伝えできます。
さらに「その失恋をバネに成長する方法」を一番扱いたいと思うんです。

事例で紹介している例はとても分かり易いものばかりだと思います。
でも、そこで「うまく行った」という結果だけを追って欲しくないんです。
紹介させてもらっている方々も、ものすごく辛い思いをし、でも、それを乗り越えるべく自分を見つめ、成長させようとしてきたんですね。
私達が伝えたいのは、むしろ、その点。そして、励みにしていただきたいのも、そこなんですね。

ですから、私達は「失敗しても大丈夫。元気に生きていける」ということをお伝えしたいですし、「どんな辛い感情だって乗り越えられる」と思っているのです。

つまり、カウンセラーは「傷ついても大丈夫。話を聴くし、これからどうしていったらいいのかを一緒に考えていくから」という存在なんですね。

はなさんにとって、希望が持てない今の状態で、学ぶ事があるのでしょう。
絶望してしまったり、楽しくない毎日にも実は大切なメッセージ、意味があります。
それを理解し、受け入れられたときに、流れはまた変わると思うんです。

「私は今、何を学ぶために、この状態を選んでいるのだろう?」

そんな目で見ていくお手伝いをするのがカウンセリングという存在だと思ってくださいね。

参考になりましたら幸いです。

=今日のミニレッスン=

あなたが今までに問題から学んだことはなんでしょうか?それに感謝してみましょう。

男と女の心理学

あわせて読みたい