[108]夫が外国人ホステスと浮気した上に、未だにその手の店に通っているのですが・・・。



<リクエスト>

はじめまして。
いつも読ませていただいてます。
夫のことなのですが、外人ホステスと浮気をしていました。その人とは別れたのですが、お金のことが原因でうまくいかなくなったようで私に気持ちがあって戻ってきたわけではありません・・・。その後もそういうお店へ行くことをやめてくれません。(嘘をついて飲みにいくのですが、そういうのって気づきますよね。)店に飲みに行くだけならまだいいのですが、メールをしたり一緒に食事をしたりデートをしたり、今までのことを思い出してしまうので、嫌なんです。また本気にならないとも限りませんし。どうしたらいいのでしょうか?逆切れされてしまうため、切り出せません。

予約がとれたら、ぜひカウンセリングをお願いしたいです。

(takoさん)


<根本からの回答>

不可解さを理解すると、一つ、大きな山を越えられます。

いつも有難うございます。
こうしたご相談、意外に少なくないのでもうお話させていただいたかも知れませんね。

さて、理解できないことって多いですよね。
その分、不安になったり、怖れで身動きが取れなくなってしまうことも少なくないと思われます。
そもそも男と女って違いが山ほどあって、理解できないことも多々出てきます。
だから、常に私達は学びの連絡とも言える人生を送っているんですね。

さて、外人ホステスさんにはまる、という話。
私もtakoさんと同じような奥様から、ご本人、そして、タクシーの運転手さんに至るまで、いろんなところから耳にします。
特に東南アジア系のホステスさんは「やさしい」「安心させてくれる」「情が厚い」「褒め上手」「セックスが情熱的」「何でも喜んでくれる(受け取り上手)」「一生懸命愛してくれる」といった評判をよく聞きます。
結果論ですけど、男性が喜ぶ要素ばかりですね・・・。

そういう時、我々カウンセラーはこう考えるんです。

「なぜ?そんなお店に行く必要があるんだろう???」と。
「何を求めて、ホステスさんのところに行くんだろう???」と。
ましてや
「嘘を付いてまで行くのはなぜなんだろう?」と。

一般的には不足原則といって、家庭でもらえないもの(安心感、優しさ、スリル、セックス、どきどき感、自尊心など)を求めて出かけていくことが多いようですし、または、現状逃避、日常からの逃避の意味でそういう場所を使われる場合も少なくありません。
後者は寂しさを紛らわせたり、怖い奥さんから逃げたり、プレッシャーのきつい仕事から逃避する目的だったり、というところです。

takoさんのご主人はその点、いかがでしょうか?何か思い当たる点はありますでしょうか?

私達の行動は、そうした不足感などの感情が作り出します。すなわち、私達の行動は感情が支配してるといっても過言ではないんです。
だから、「行く」「行かない」といった、表面的な行動を変えようとしても、なかなかうまく行かないんですね。
その「行く理由」を解消しないと、行動は改まらないものなのです。
(行動だけ変えるのは我慢や犠牲を招きますから、ダイエット後のリバウンドのように、大きなリスクを背負い込むことが少なくありません!)

だから、ご主人がそういう場所に行く目的を解消することができれば、必要がなくなりますね。

そして、それについては、ベストはご主人と向き合って話し合うことなのですが、こういう状態ですと、ご主人も自分の本音が分からなかったり、うまく表現できなかったりするので、こうした心理学が役に立ちます。

だから、まずは、その理解しにくいご主人の行動を、心理学やカウンセリングを使うなどして「理解しよう」と思ってみてください。
自分の知らない世界に踏み込むのは勇気がいるでしょうか?

そうして、理解を進め、更には「浮気を“された”」という被害者モードから脱却することで、夫婦関係の建て直しは進んでいくと思います。
ぜひ、諦めずにコツコツと、カウンセリングなども使いながら、ぜひ、乗り越えていきましょう。
その先にはきっと素敵なギフト(それは想像もしないほどに素晴らしいものであることも少なくありません)が待っていると思いますよ。

因みに、頂いた文の中で分割してフォローさせていただくと・・・。
「嘘を付く、逆切れする」のは、罪悪感がある。悪いことしてる、妻を困らせている、と本当のところでは気付いている証拠です。

=お勧め!エクササイズ=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

パートナーの理解できない行動を一つ取り上げて、なぜ?を考えて見ましょう!

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

異性の理解できない行動を一つ取り上げて、なぜ?を考えて見ましょう!

男と女の心理学

あわせて読みたい