[79]浮気相手に振られて戻ってきた旦那と、これからどうしていけばいいのでしょうか?



<リクエスト>

こんにちは。いつも拝見しております

浮気が終わり、表面上元通りに戻った夫婦のその後の心理についてレクチャーしていただきたいです。

というのも、我が家の場合浮気していた夫が、浮気相手に振られ、戻ってくる形となりました。
何事もなかったかのように毎日過ごしはしていますが、私の気持ちが冷めたように感じます。一緒にいても嬉しいと感じられません。でも、再び夫に別れたいと言われるのではないか、浮気するのではと思うと不安でたまりません。

以前より、お互い気遣い合っています。でも夜の生活は勿論、キスもハグも一切ありません。このまま私の人生枯れていくのかなと呆然とします。

浮気の後お互いの心理について、教えてください。
よろしくお願いします。

(ruruさん)


<根本からの回答>

被害者であることを手放して、ご主人を今まで以上に愛しましょう。

今は寂しいところですよね・・・。
ハグもキスもなければ、やはり寂しさは募ります。

浮気問題のカウンセリングでも「本当のスタートはね、ご主人が戻ってきてからなんですよね」とお伝えする事がよくあるんですね。

浮気されている間というの必死なので、不安や怖れが強くても、それ以上に何とかしなくては!どうにかしなければ!という気持ちになるので頑張れたりするんです。

でも、どういう結末であれ、ご主人の浮気が終わると、緊張状態で頑張っていた心が緩み、様々な恨み辛み、憎しみ、怒り、被害者モードが復活してくるんですね。

そうすると、せっかく浮気問題が解決して戻ってきた夫を再び追い出す・・・なんて悲劇が生まれたりするのです。
もちろん、自分ではそんなつもりもないことがほとんどなんですけどね。

だから、ruruさんの今の状況ってとても厳しいものだと思うんですよね。
今までの緊迫感がなくなった分、とてもリアルに心が乾いていくのが感じられたり、将来に対しては不安というより絶望しか見えなくなるものかもしれません。

この先のプロセスについては、ちょっとこの短いブログでは紹介しきれないくらい沢山のパターンがあるのですが、いくつかポイントになりそうなことをお伝えしますので、参考になさってみてくださいね。

まず、改めて浮気問題はご主人一人の問題ではないことを認識します。
彼が悪い、となれば、彼を加害者、私が被害者で、「責任とってよ。あんたが何とかしてよ」という依存的態度に出てしまいます。
そうすると、彼の心は再び奥さんの元を離れることは想像に難くありませんよね。

自分にも何らかの原因があり、お互いがこの問題を引き起こしている、という意識がとても大切になるんです。(そう思うのは凄く難しく、感情的に反発を感じることもあると思いますが!)

そして、自分に何があれば、この問題を回避できたんだろう?ということは、今のruruさんには是非考えて欲しいことなんです。
というのも、今後のためにも非常に重要だと思われるので。

女性として諦めてしまっているところ、ありませんか?
夫婦間で浮気前から絶望してたこと、ありませんか?

その壁を崩し、また女性として自分を磨くことがまずは求められるかもしれません。

また、ご主人の方ですが、振られて帰ってきた、ということは本人の意志ではないんですよね。
「浮気をやめようと思ってやめた」というわけではないのかもしれません。
だとすると、また再び他の女性に走るか、あるいはその浮気相手に強い執着を見せるかもしれません。

だから、やはり「なんで浮気問題が起きたんだろう?」という点がとても大切なように思えるんですよね。

彼を変えることはできないけれど、自分を変えることはできます。

だから、浮気が起きた原因を見つめながら、そんな自分を変えていくことで、彼が他の女性に意識を向けることを避けることもできるかもしれません。

それと、凄く基本的なことかもしれませんが、「別の女に振られて帰ってきた旦那を、受け入れることはできますか?」という点。

女としてのruruさんにお聞きしたいんですよね。

私の経験上、意外にここが引っかかる方も少なくないので・・・。

もしYesならば問題はありません。
でも、うーん・・・と考え込んでしまうのならば、今はそれは保留にしときましょう。

さて、この状況ですが、無意識的なレベルで見てみれば、彼は振られたにせよ、ruruさんのところに戻ってこられたわけです。

罪悪感や惨めさ、恥ずかしさとか、傷ついたプライドなど、様々な感情を持って奥さんの元にやってくるわけです。
それって凄くしんどいことなんですよね・・・。
(自業自得と責めるのは簡単ですけど、少しだけでいいので、その気持ちにも思いやってみてくださいね)

そんな彼の無意識が発するメッセージは『こんな僕でも愛してくれますか?』というところなのかもしれません。

彼はもしかしたら、自立的に一人で生きていて弱さを見せられないのかも知れません。
だとしたら、こんな弱く、情けなく、惨めな彼を愛してあげることは、彼の心の深くに確実なメッセージを届けてくれると思うんですね。

なかなかすぐには難しいのですが、目標として、近い将来の目標として、
「ほんと、しょうがないわねえ・・・」
と今の彼を抱きしめて上げられる、そんな女性性を育ててみると素晴らしいことになるかもしれません。

今回のアドバイス、ruruさんの痛み、不安、孤独、寂しさ、無価値感、恨み辛みなどの感情には触れてません・・・。すいません。

本当は誰か専門家に話を聞いてもらいながら、じっくりと彼を愛する準備をしていくのが望ましいと思うんですね。
何らかの方法を自分のために用意してあげる、というのはどうでしょうか。

=お勧め!エクササイズ=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

パートナーをぎゅーっと抱きしめてあげましょう!

愛をたっぷり込めて・・・。でも、嫌がられそうならば、それは「愛すること」ではないので、その時を待ちましょう。

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

「うん。OKだよ」と許し上手になりましょう。

誰かのミス、間違い、痛み、罪悪感・・・「うん、OKよ」と許し、癒す日にしましょう。

男と女の心理学

あわせて読みたい