[8]女性を安心させるには?



このところ「春だなあ~」と思うことが増えまして、そんなメッセージばかりをしたためてますね。
特に冬から春への移り変わりはとても分かりやすいので、毎年、注目の的です。
それにあったかくなる感じ、陽が延びていく感じ、木々が目覚めていく感じ、どれも素敵です。
まだまだ花鳥風月を詠む趣味は無いのですが、この季節だけはとても繊細なので、そういうのも僕の趣味に良く合います。
何だかんだ言いながら、どの季節も好きなんですけど、この冬から春に向かう3月は格別です。

そして、毎年色んな変化が始まる月。
去年は深希が産まれて僕の人生すっかり変わりましたけれど、今年はどんなことが起こるのか楽しみです。(ちょっと怖い(笑))


*--*--*--*--*--*--*

男女関係のなぜ?も8回目です。
今回はちょっと角度が変わって「どうしたら女性に安心してもらえるのか?」です。
男性からの疑問です。
女性向けのネタが多いので、ちょっと新鮮味あります。

男性の中には、こういう疑問や悩みを持つ方って少なくないと思います。
というのも、女心と秋の空(季節感無くてすいません)と言われるように、男性から見ると女性の心の動きはなかなか捉えがたいものがあるんですね。

さっきまでは笑って楽しそうにしてたのに、急にふさぎこんで泣き出したりして、途方に暮れた経験を持つ男性も少なくないと思います。

一般的に男性は感情を抑圧して成長してきますので、自他の感情の動きにはとても疎いです。
「髪型変えたのに気付いてくれなかった」
という経験を持つ女性も多いでしょう?
目に見える髪形を変えても気付いてくれないのに、自分の気持ちの微妙な変化を気付いてもらうというのは相当至難の業かもしれません。

男性は一般的に感情を抑圧してる分、理性や理論的な解釈というのを得意とします。
それは文系、理系の関係なく。
だから、ついつい正論を言ったり、ああすべき、こうすべきって考え方を披露したりしてしまいます。

個人差も大きいですが、そうした前提の上でお付き合いするわけですから、理解しあおうと思ったら、お互いにきちんと努力することがとても大切です。

そして、その一番良い手段はコミュニケーションです。
きちんと話をすることがとても大切。
でも、感情面での話しになると男性が、理性的な面になると女性がついつい逃げ腰になりやすくなります。
だから、そうした点も踏まえて、きちんと向き合えることが理想です。

だから「どうしたら安心するの?」というのは、パートナーにきちんと確認してみましょう。
でも、そういうとき女性は得てして抽象的な表現をしてしまいます。
「私だけを見てくれてたら安心する」
「ちゃんと好きって気持ちを表現してくれたら安心する」
「私の目を見て話してくれたら安心する」
「ぎゅっと抱き締めてもらえると安心する」
等々、人それぞれ表現はありますね。

それに「どうしたら自分は安心できるんだろう?」って考えてみたところで、女性側も意外に分からないことも少なくないんです。
しかも、答えは一つじゃありません。
ほぼ無限にあると思っておいた方が良いとおもいます。

・・・ちなみにこれは我々男性にとっても同じことなんですけどね。

だから、ここで間違いやすいポイントが一つあります。
例えば、あなたの彼女が「ぎゅっと抱き締めてくれると安心する」と言ったとします。
でも、それを鵜呑みにして、ただぎゅっと抱き締めてばかりいると、時に
「うっとおしいねん!」
とか
「それだけじゃ、今は安心できない」
とか言われます。

女性側からすれば、その時の安心するツボが「ギュッと抱き締めてくれる」から「ちゃんと私の話を聞いてくれる」に変わっただけだったりするんですけどね。
そう、その時の気分が違うだけなんです。

でも、男性からすれば「ギュッと抱き締めてくれたら安心する」と聞いたときに、それをそのまま頭にインプットします。
後はマニュアル化してしまいまして、常に「ギュッと抱き締める」行為を繰り返すことになります。
(あ、これは次のテーマに触発してしまいますが)

だから、「今は違うの!」と言われると、男性としては「えっ?なんで?それで安心するって言ってたじゃん。ころころ変えんな!」となって戸惑います。

でも、感情というのは天気と同じで変わりやすいもの。
あなたの彼女が情熱的であればあるほど、秋の山の天気のごとく分単位で気分が変わると思っていてもOKなくらいです。
その都度、感情に沿った、つまりはTPOに合った行動が必要なんですね。

具体的には、
「いつもはギュッと抱き締めたら安心してくれるけれど、どうも今はそれではダメな雰囲気だな」
ということを読み取ってあげることが凄く大切になるんですよね。

その時にじゃあ、どんな手を使えばいいのか?というと、それは試行錯誤です。
関係性と続ける上で、自分のパートナーがどんなときに安心するのかを研究していくことが大切で、「抱き締める」だけでなく、「話を聞く」「毅然と応える」「大丈夫!って声をかける」「大声で笑い飛ばす」などの様々な手を必要とします。

そう、男性が研究しなきゃいけないのは48手だけじゃないんですよ。

臨機応変、即時対応が求められるんです。
どうしたらそれが分かるようになるかというと、きちんと彼女を見つめてあげることです。
ちょっとした表情の変化、声のトーン、仕草の変化など、感情の変化というのは言葉以外のところにたくさん表れてきます。
「なんかいつもと違うなあ・・・」
と気付くだけでも良いです。
何が違うか?というのは、それを続けていくうちに分かってくるようになります。

ん?なんか、今日は否定的な言葉遣いが多いなあ・・・なんか怒ってるのかなあ・・・とか、
今日はそわそわしてるな、言いたいことがあるのかな?とか。
何か今日はいつもより元気だなあー、いいことあったんかな、とか。

男性の嘘はばれやすく、女性の嘘はばれにくい、なんて良く言いますけれど、正しくは「女性は男性の動きをきちんと見てるから男性の嘘はばれやすく、女性の嘘は男性が気付かないからばれにくい」だと思うんです。

と言うものの、じゃあって、いつも彼女の言動を「観察してばかりいる」とそれもまた嫌われますね(笑)

そんな女性の感覚的、感情的な面に意識を向けていくと、今まで見てきた世界が一変して、色んなものが見えてくるようになります。
仕事にも良い影響を必ず与えてくれます。

だから、まずはきちんと彼女を見つめてあげようと思うことが大切ではないでしょうか。
そして、感じたことは勇気を持ってコミュニケーションしてみましょう。
そういう姿勢でいるだけでも、女性は安心すると思いますよ。

あわせて読みたい