体は合うんだけど回数に不満がある!という裏にはどんな心理が隠れているのだろう?



セックスの回数に関する問題もよく頂くネタのひとつで、たいていそこから2つの方向性を見ていくことが多いんです。
1つ目は二人のコミュニケーションの問題、2つ目は自分自身のセクシャリティの問題。
そうするとほんとに新しい世界が開けてくることが多いのです。

根本先生こんにちは。
いつもブログ拝見しています。
しんどい時には過去の記事を読み漁り、なんとか気持ちを立て直しています。
ありがとうございます。
ここ最近、記事の最後に書いておられる
「そのネタ、聞かせてください!」という言葉に導かれ、久しぶりに送ってしまいました。

現在の私の悩みは、もっぱら、セックスの頻度についてで、今彼だけでなく元夫ともそのことで揉めることが多かったので、この問題は自作自演なんだろうな…と薄々気付いているのですが、どうすればいいか分かりません。
どうぞご教示ください。

元夫の時にはセックス自体が好きではなく、仕方なく付き合っている感じだったのですが、今の彼と出会ってからは趣味が合うというのか、肌が合うというのか、喜びを感じることができるようになりました。
(趣味と言っても言葉攻めとか軽い拘束という程度ですけど…)
それなのに、お互いの求める頻度が違うためにその事でよく揉めます。

私にとっては週に一度でもお腹いっぱいなのですが、彼は週に二度でも、会える時には求められます。
(別に惚気ているわけではなく、若い彼を捕まえた訳でもなく、彼がハードワーカーで依存的なのです。)
彼のことは大好きですし、必要とされていることも彼にとってそれが死活問題なことも良く分かっているので、出来るだけ応えてあげたいのですが、それを続けると私は虚しくなって会いたくなくなってしまいます。

時にはその場で断って彼をがっかりさせることもあります。
私は彼に対して申し訳なさを感じますし、彼は彼で私を困らせる自分を責めるので、ますますこじれます。

これは頻度や伝え方の問題でしょうか…?
きっと私の無価値感が問題なのでしょうけれど…。

犠牲することなく与えられるようになって、彼も自分も癒されたらいいな…と思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
(Sさん)

先日Sさんとは逆で「彼がちょっと淡泊!あたしはいつでもしたいのに!!」というカウンセリングをしたところだったので、このテーマはけっこう重要じゃね?ということでネタにさせていただきました。
ありがとうございますー!

回数とか濃度とかプレイ内容に関する相談は昔からとっても多いのですが、Sさんのように「彼のことは大好きで何とか応えてあげたいけど」というケースがほとんどですね。

けっこう我慢して相手に合わせてしまうってことありますよね。

求められるから何とか頑張って応えてるけど気持ちは乗ってなくて、でも、頑張って演技してる、という人も多いでしょうし、逆に、もっとしたいけど相手が求めて来ないからじっと我慢して一人で処理してる、という方も多いでしょう。

お互いのセックスについてちゃんと話し合えるってことはすごく大事ですし、そこで「何が正しい」とか「どっちが間違ってる」という議論ではなく、二人のやり方を模索していくのが理想なんですよね。

セックスはコミュニケーションのひとつですから、我慢したり合わせたり演技したり犠牲したりするのではなく、腹を割って話し合えるようになりたい!と思ってみてください。

恥ずかしいことかもしれませんが、すっごく大事なことなので。

Sさんの主訴に触れる前にちょっと寄り道をしてみようと思います(毎度のこと)。

こういうお話を聴くと必ずお聞きするのが「そうやって噛み合ってないのってセックスだけの話ですか?」と。

セックスは二人の関係の象徴でもあるので、そこから話を転じて二人の関係性にまで話を膨らませます。

「彼の主張に合わせて自分が我慢したり犠牲したりしてることって他にもない?」

で、さらに話を大きくすることもあって、

「そうやって相手に合わせて我慢したり犠牲したりしてるのに、自分の無価値感が原因かもって自分のせいにしてるようなことって他にない?」

なんて風に。

例えば、勝手な憶測含みの話をするんですけど、Sさんがどちらかというと受身で相手に合わせるタイプだったり、ちょっと遠慮しぃなところがあったり、一歩引いちゃうことがあったり、何かと犠牲や我慢をしたりする癖があったりすると、セックスにもそのパターンが出ちゃうんですね。

でも、他の面ではけっこう慣れててそれがふつうになってると気づかなくて、違和感を覚えるのが彼とのセックスだからそこに注目しちゃうんです。

だから、仕事ではどうかなあ?家族とはどうだったかなあ?元夫や今までの彼氏とはどうだったかなあ?今の彼の他の面ではどうかなあ?似たところないかなあ?という風に見つめ直してみると何かの拍子に「あっ!!!!!」という気づきが得られると思います。

そうすると本来向き合うべきはそのパターンなんですよね。

ということで、一般論を混ぜつつ語った後に「彼とは頻度が合わないっす」というあるあるな問題について触れてみたいと思います。

Sさんのように「相性はよくて彼とするのは好きなんですけど回数が不満で・・・」という話を伺うと、すでにお話ししたパターン以外にこういう見方をします。

「なにが原因か分からんけど、お互いのエネルギーがかみ合ってないんすよね」と。

セックスってコミュニケーションという捉え方もありますけど、エネルギーの交換という意味もあります。

つまり、お互いのエネルギーを与え合い、受け取り合って二人の間を循環させるんです。

そうしてお互いに特別な存在になるだけでなく、そのエネルギーを同調させて二人だけのエネルギーを作り出したり、さらには、お互いのそのエネルギーで癒しあったりするんです。

そのエネルギーの交換がスムーズに自然に行われると「体の相性がいい」と感じます。

とはいえ、実際には純粋なエネルギーの交換以外にも様々な要素が入り込み、その循環を妨げることになるんですね。

例えば、性欲処理を目的としただけのセックスだったら自分の欲をぶつけて相手を傷つける上に、エネルギーが循環しないので苦痛を伴うセックスになります。

また、恥ずかしさや自信のなさからどちらかが引いてる状態もまたエネルギーが循環しないので、これまた苦痛ですよね。

さらには「相手をイカしたるねん!」「どっちが強いか勝負じゃ!」という格闘技系セックスになると、相手を喜ばせることばかりに目が向いて受け取ることができないのでこれまたエネルギーは循環しません。

この場合は大変スポーティなセックスになるのですがメイクラブとは程遠いものになりますね。

で、頻度の問題も同様に言えるわけでして、「彼に求められ過ぎて苦痛」という場合には、「Sさん、ちょっと受身になり過ぎて与えることが苦手じゃない?」という仮説を立てたりします。

それが逆の場合は「与えることばかり考えていて受け取ることが苦手じゃない?」と見ます。

ここで誤解しないで頂きたいのは「彼が正しくて、Sさんがおかしい」ということを言いたいわけじゃないってことです。

お互いに好きで相性も良いのに頻度の問題が出てきてることから、彼が押す側で、Sさんが引く側になってるんだけど、それってやっぱりパターン化してませんか?という見方をします。

性に対して恥の感覚が強かったり、セックスに自信がなかったり、自分を隠してしまったり、、、、と言った要するにセクシャリティの問題が何かしらないでしょうか?というわけです。

言い換えれば「もし、Sさんがもっと自分を解放できるセックスができるようになるために何が必要だと思う?」という疑問だと思ってもいいです。

例えば、こういうケースもあります。

ずっと受身で相手に合わせるセックスばかりしてきてちゃんと感じるから、それが自分に合ったやり方だと思っていた女子がいたわけです。

そんな彼女がセクシャリティと向き合っていくうちに「あれ?もしかして自分で自分を納得させようとしてた?もしかしてあたし、もっと積極的な人?」ということに気付いていきます。

それで自分が責めに転じて見たらそれが今まで以上に良くて、生まれて初めて「中イキ」を体験すると同時に、彼もめちゃくちゃ良かったらしいんですね。

要するに今までは彼がS、彼女がMの立場だったんですけど、実は逆だった、ということが分かったんです。

それに目覚めてからはセックスの回数もかなり増え、お互いの満足度もどんどん上がっていったんです。

案外、自分のスタンスって気付きにくいよね。偶然に委ねられてることも多いよね。と言う一例だと思うんですが、これってやっぱ自分自身と向き合っていくことで分かるんです。

私のカウンセリングってよくその人の本質まで迫ろうとするスタンスで、そこから価値や才能、ライフワークを見出していくんですけど、結局は、その人らしい生き方を模索していくんですよね。

そうすると「自分では一歩引いてマネージャー的な立場がいいとか思うかもしれないけど、ほんとはむしろみんなを引っ張っていくリーダータイプなんだよね」ということが分かってきて、「そうするとセックスも受身よりは自分から攻める方が合うはずよ」なんてことが言えたりするのです。

まあ、そうなるとセックスの話からいきなり人生、生き方の話にぶっ飛ぶことも少なくないんですけどね。

たぶん、今、Sさんに必要なことは2つ。

1つめはセックスについてお互いにもっと話をしてみること。回数とかやり方だけでなく、セックス観みたいなものとか、お互いに何を与えたいかとか、こういう雰囲気が好きだとか、自分の思いをさらけ出すということ。

今の二人の関係って良い状態で、ちゃんと愛情があるので、今のうちにちゃんとコミュニケーションを取れるようになっておくと後々すごく楽です。

セックスの話をオープンにできるようになれば、他のことも包み隠さず話せたりしますしね。

2つめはSさん自身のセクシャリティについて。
当たり前だと思っていることにメスを入れて、自分ってほんとはどんな女なんかなあ?とか、どんなセックスが自分に合ってるんだろう?という風に見つめ直してみるのがいいです。

この辺から着手されてみてはいかがでしょうか?
もちろん、この2つは同時にやってもいいものですから。

●【4月大阪・東京・名古屋】:女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
大阪:4/2(土)14:00-17:00
東京:4/5(火)14:00-17:00
名古屋:4/16(土)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい